ニュース Feed

2009年3月 6日 (金)

[川崎小3投げ落とし]それは「決意」だったのか

3年近く前 にエントリした事件です。そのあまりに衝撃的な犯行態様に、改めてただ事でない様子は感じつつ、被告人の鬱病に関する当時のブログ上のやりとりなど思い出しつつ、やはり報道内容との間に微妙な「溝」を感じざるを得ないのでありました。



川崎・男児投げ落とし殺害に無期判決 横浜地裁(asahi.com)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 川崎市多摩区のマンションで06年3月、小学3年の男児が投げ落とされ殺害された事件などで殺人と殺人未遂、建造物侵入の罪に問われた同市麻生区、無職 今井健詞(けんじ)被告(44)の判決公判が5日、横浜地裁であった。木口信之裁判長は「39メートルの高さから物を投げるように投げ落として殺害してお り、残忍で悪質極まりない」として求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 判決によると、家庭生活がうまくいっていなかった今井被告は幸せな家庭へのねたみから、他人を殺害することを決意。06年3月20日、川崎市多摩 区のマンション15階の通路で小学3年生だった山川雄樹君(当時9)を手すり越しに投げ落として殺害した。さらに殺害の達成感をもう一度味わいたいと感 じ、9日後にはこのマンションで60代だった女性を、同市麻生区のマンションでも小学4年だった男児を投げ落とそうとしたが、抵抗されて失敗した。(中略)

 今井被告は事件前にうつ病で入院するなどしており、公判では責任能力が争われた。

 検察側は「入念に現場を下見した計画的な犯行」として、責任能力があったと主張。弁護側は「心神喪失状態だった」と無罪を主張した。

 判決は、精神鑑定の結果を踏まえて「精神疾患は影響したが、著しいものではない」として責任能力を認めた。(以下略)
(引用終わり)



確かに、犯行の計画性を認定し、明確な殺意のもとでなければこうした犯行をできるはずがない、という観点からの判決でなければ、無期懲役の結果は導かれないですね。



しかし、やはり残るモヤモヤ感。精神鑑定は実施され、それにより鬱病の影響はあったがそれが判決に大きく影響するものではない、という認定はあるわけですが、やはり、犯罪行為であるかの判断能力はありつつ、そういう攻撃的行動に走ってしまった心の闇は確かに存在したわけで、それを昨今の重罪化歓迎報道の流れで「そんなん当たり前やん」で片づけてしまうのもどうかと思われるわけでして。



そこら辺は、少なくとも報道上はやはり明らかにならないままであったようです。



もう一つやりきれなさの残る事件です。







2009年3月 4日 (水)

[政治資金規正法]いやにタイミングがいいという説もあるが

そこはまあいろいろとあるのではないかと思われますが、その辺はこの事件の端緒が見えた段階で想定はされていたことであったのでしょう。





確かにいいタイミング出てきたなあ、という印象は拭えませんが、実際に西松関連の献金額が個人で最も多いのは小沢代表のスジであるようですし(その辺りに既に現在の政界の力関係というか、利を狙う様々な動きというかが垣間見えもするわけですが)、だからといって直ちに民主党そのものへのダメージ、というか、敵失で自民党が息を吹き返す、なんていう流れにも程遠いでしょう。せいぜい来るべき総選挙の投票率を下げる効果ぐらいは?というところかと。



この先、現与党サイドにも話が回ってこないわけにもいかないでしょうし、このややこしいときに...という展開になってしまうのかも。ひょっとして解散を遅らせるための方便の一つなんでしょうか。



まあ、生暖かく注目したいと思います。



(3/4深夜追記)
なお、マスコミは既に「いつ代表を辞めるか」という方向で動いている節がありますが、この人もそう簡単にマスコミ辞令に乗っていく人ではないでしょうね。長々と待った機会がすぐ前に来ていることでもありますし。







http://hon-5.blog.ocn.ne.jp/honshitsu/2009/03/post_83fe.html
http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/51868343.html
http://tetorayade.exblog.jp/10438143/
http://giocatore.blog9.fc2.com/blog-entry-2330.html
http://rapupo.blog47.fc2.com/blog-entry-2431.html
http://ncc1701.jugem.jp/?eid=2898
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2009-03-03-3
http://cw0609.blog17.fc2.com/blog-entry-702.html
http://krimshow.blog56.fc2.com/blog-entry-1127.html
http://blog.livedoor.jp/y0780121/archives/50206699.html
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/51565244.html
http://blog.goo.ne.jp/messneko/e/d553cc4b4322bdb6495c8743cf3792c6
http://starprince.jugem.cc/?eid=2178
http://kmotohiro.exblog.jp/10443445
http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2210.html
http://wjham.blog95.fc2.com/blog-entry-788.html
http://blog.livedoor.jp/yswebsite/archives/52292201.html
http://blog.livedoor.jp/famiglianera/archives/51319220.html

2009年3月 2日 (月)

[オークション]金なら払わん

この一件、中国メディアは「略奪品を勝手にオークションにかけやがって」ということで盛り上がり出す、というのはまあ当然にありそうな話だとは思うのですが、相変わらず日本国内メディアは報道するけどどういうスタンスなのかさっぱりわからないですね。





そのうえこれではオークションの何たるかを完全に無視していますし。



本当に当該美術品を取り返したいのかと思ったら、金は払えんというのですから、単なる政治的主張屋さんか、ということになってしまいますよね。騒いだ所でモノは動かないし、何らかのペナルティも発生するのでは。



だいたいが、自国にもいろいろと略奪の歴史があった(今でもあるか)でしょうに。戦いは盗って盗られてですから。この人の言いぐさというと、いわゆる「お前の物は俺の物、俺の物は俺の物」って奴ですから。



これも彼のスタンダードなんですかね。







2009年3月 1日 (日)

[事件?事故?]古紙と一緒にプレスとは...

想像するのも恐ろしいです。こういうプレス機械に、というのは特に怖いケースに入るのではないかと思われます。発見者になるのもきついです。



遺体 圧縮古紙から頭と腕…塊にはさまれ 愛知・清須(毎日jp)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 1日午後2時15分ごろ、愛知県清須市西須ケ口の古紙卸売業「米彦」(永井並夫社長)で、男性作業員が圧縮した古紙の塊から血がにじんでいるのを見付け、110番した。県警西枇杷島署員が駆け付け、古紙の塊から人の頭と腕がのぞいているのを確認した。(中略)

 西枇杷島署によると、遺体は男性で、同社敷地内のプレス機で圧縮された古紙の塊に挟まれていた。塊は縦1メートル、横2メートル、高さ1.1メートルで重さ約900キロ。

 現場は名鉄須ケ口駅の西北約500メートル。近所の女性によると、1日午後2時半ごろ、会社関係者が「知らない人がプレス機に挟まれて亡くなった。ご迷惑をおかけすると思います」などと説明したという。(以下略)

(引用終わり)



詳しい状況はよくわかりませんが、この塊をひっぺがすとお気の毒にも古紙と一緒にプレスされたご遺体が、ということになってしまうのでしょう。



別ニュースによるとこの工場は道路に面していて、操業していない時間帯でも出入りは可能だったらしい。ということは何らかの理由で入り込んだ人が土曜日に機械が動き出すとは知らぬまま、ひょっとすると気がつく間もなくお亡くなりになってしまったということなんでしょうか。事件というには「会社関係者の説明」とのつながりが疑問ですし。



といろいろ言っても、怖さに変わりはないのですが。




http://blog.livedoor.jp/famiglianera/archives/51318868.html

[中国]食品安全法:この国は本当に命に関わるからね

一言、タイトル通りなんですが、要するに今までは国家的にまともな法整備がなされていなかったということなんでしょうか。





まあその、仏作って魂入れず、なんてことは中国的標準であったりすることしばしばですから、「これを使って事前規制もやるで、時には処罰もするで」というツール、ということになんでしょうが実効性のほどは運用が始まってみないとよくわかりませんね。よほどの重大事件の場合には今までも製造関係者への処罰等は行っているわけでしょうし、この国では日本の「羮に懲りて行政」とは比較にならないほど、本来はきちんとした事前規制が必要なはずなんですが、実際の機能のほどはいかほどかと。



日本の役所も、官製不況の元凶になっているばかりではなく、ここらへんの運用についてしっかり「内政干渉」してやることで、本当の「食の安全」が期待できるのかも。まあ普通に日本のまともな流通に乗ってくるものについては、それなりに改善されているとは期待したいですが。







[ライアンエア]機内トイレが有料化?

格安航空会社はとにかくいろんなものを削っています。先日、朝10時過ぎにバンコク行きのタイ航空の出発を待っていたら、すぐ近くのゲートで出発待ちをしていた、本来なら前日夜に出発していたはずの良くCMに出てくる某豪州行き星のマークのついた格安会社の飛行機が、乗務員のやりくりがつかずにさらに同日夜まで出発延期、休憩のためのホテルを用意するので出国の一時取り消し手続きを、とアナウンスしていました。むやみに欠航にするわけにもいかず、というところなんでしょうが、ここまでいってしまうと旅行者への影響も大きいでしょうに。



格安航空会社の多くはこのように可能な限り「余裕」を削っているわけですし、機内食、ドリンクの有料化、と言うケースも見られます。しかしこういうのは初耳ですね。





まあ、有料トイレというのは欧州にはあちらこちらにありますし(ちなみにラオスにも結構ある)、有料にしてはいかん、というわけでもないようですし、すぐに実施するということでもないようですし、私がこの会社を利用する可能性というのは限りなく低いですし、この流れが他社にも広がっていかない限りは大きな問題にはならないだろうとは思いますが、航空各社それぞれに厳しい状況を抱えている中、運賃以外のサービスを別料金として出していく動きは今後とも強まっていくのでしょう。



しかし、素朴な疑問として、




1ポンド硬貨の持ち合わせがなかったらどうするんやろ。




風雲急を告げている場合は特に。







2009年2月28日 (土)

[安まちメール]ときどきネタのようなのも来ます

各地の警察で同様な防犯関連メール情報サービスはあるようですが、大阪府警の安まちメール (概要pdf)は、発生場所を町名番地まで表示してくれるうえ、地区別、事件種別ごとの配信など、様々なパターンで情報を受けられるところもいいですね(制限なしにするとものすごい勢いでメールが飛び込んでくるのでそれはそれで難儀なんやが)。



さて、今のところうちで配信登録しているのは、自宅周辺区域のひったくりや子どもの被害情報なんですが、特に子ども関連の情報では、不審者による下半身露出や「知らない人から声をかけられる」とか、そういういかにも怪しげな件がいろいろ出てきます。



中には、こんな、「ほんまにここで配信するような話か?」という、ネタのようなものもありまして。



(メール引用)
02月28日15時00分頃、大阪市城東区(一応略)路上で、女子児童が遊んでいたところ自転車に乗った男が近づき、胸ポケットから【モーニング娘】の写真を取りだし「これ誰かわかる?」「モーニング娘のバックダンサーやらへんか?」等と声をかけたが、女子児童が相手にしなかったためいずれかに立ち去ったもの。
青色カッターシャツ着用、黒色短髪、自転車に乗った男1名
(以下略)



うーむ、確かに猛烈に怪しいが、これって犯罪になってるか?



それにしても、「モーニング娘。のバックダンサー」って、言うことが渋すぎる...







2009年2月26日 (木)

[水着]スゴいアイツが、遅れてやって来た?

昨年の北京五輪直前、あの「レイザー・レイサー」が水泳界を席巻して、もはや大変なことになっている状態で出てきたのが山本化学工業 。CMがネタにされるのがせいぜいだと思っていたら結構まともにいい素材を作っていて、もう少し時間があればひょっとしたかも、という状況だったのですが、今は既に五輪の翌年。London目指してあの水着を超えるものが求められる状況で、やはり話題となった素材は本格的に試されることになっているようです。



超高速水着バイオラバー ミズノなど世界15社採用 山本化学工業(msn産経)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
複合特殊素材メーカーの山本化学工業(大阪市生野区)は24日、同社が開発した高速水着向け素材「バイオラバースイム」が、ミズノや伊アリーナ社など、世界のスポーツ各社で相次いで採用されたと発表した。昨年の北京五輪では英スピード社の高速水着「レーザー・レーサー(LR)」が話題を独占したが、記者会見した山本富造社長は「五輪後、バイオラバーの優位性が認められ始めている」と自信を見せた。(中略)

 バイオラバーを採用した水着は、LRと比べて着用時の締め付けが楽で、血流量の低下を抑えられる。また、LRが着用に数人がかりで約30分かかるのに対し、1人で3~5分で着用できる。

 国内大手で初の採用となったミズノでは、北京五輪にも出場した男子背泳ぎの入江陵介選手が1月に日本新記録を樹立するなど、実績が出始めている。(以下略)
(引用終わり)



いやあ、スゴいアイツは一周遅れでやって来てしまいそうな勢いです。



五輪の次のシーズンに入り、短水路の大会で実際にこの素材を使って記録が出始めていますから、各メーカーとも本格的に開発に走る、という方向になるでしょう。もともとダイビングやトライアスロンの世界では実績を挙げている素材ですし、可能性は小さくはないはず。



一方LRもさらにスピードの出るものを、ということで改良を重ねているはずで、本格的な勝負はこれからなんでしょうね。



本格的な競技シーズンはこれからですし、五輪翌年は有力選手が調整している、という事情もあるでしょうが、絶対値としての「記録」が結局全てを雄弁に物語ることになるわけで、ともかくこのシーズンは楽しみになってきました。



ちなみに、水野啓子バトンスクールには何の恨みもありませんが、あのCM、商品イメージに誤解を与える恐れがあるのではないかと。まあどんどんやっていただいても私としては一向に差し支えないのでありますが。





http://tetorayade.exblog.jp/10404661/

[自動車]8年は乗るつもりですが、何か?

そのぐらい当たり前だと思っておりましたが、なにか不都合でも?



自動車8年以上買い替えなし(Fujisankei Business i)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
日本自動車販売協会連合会(自販連)の天野洋一会長は24日、東京都内で会見し、2008年度の新車平均保有年数が8年を上回り、過去最長になるとの見通しを明らかにした。

 調査で判明している1995年度以降では、これまで07年度の7.1年が最長だったが、先行き不安から自動車を長く乗る傾向が一段と強まる形だ。このため、天野会長は「買い替え需要を喚起するための、政策を次々と打ち出してもらいたい」と国に要望した。(中略)

 一方、4月からハイブリッド車(HV)など環境対応車に優遇税制が適用されるのに伴い、自動車業界では2、3月に買い控えが起こるとの懸念も出ている。ただ、天野会長は「(優遇税制による)買い控えというよりは、先行き不透明感の要素が大きい」と指摘した。(以下略)

(引用終わり)



見事に手詰まりなさっている、と言うところではないかと思いますが、8年ぐらい当たり前ではないかと思うのですけれど。うちの307SWも、よほどのことがない限り車検3回は流して9年でさあどうしようかな、というところだと思ってますし、最近の車ならどこの国のでも耐久性という面ではそんなもんでしょう(一部例外はあるかも)。逆に数年でアウトになるようなら誰も買ってくれませんし。



あとはデザインとか、走りの何か光るものとか、居住性の何かとか、これは少々のことがあっても買い換えたいぞ、と思うような要素がない限り人は動かないのは当たり前で、それは国に何かを求めて云々、というようなおバカなことを言ってるメーカーにはさして同情する気も起きません。



件の「エコ替え」 が明白な効果を生んでいないということが恐らく間違いないのも、あまりにもセンスのない彼らの宣伝内容を消費者がまともに受け取っていないことの証左であって、本当にあればかりは、「もったいないから買い替えずに持っとくほうがいい」ということを逆説的に表現していたんだね、と結果オーライであることにしてあげたいような気もしているんですが。



業界的には当然のことながら大変なんだろうとは思うのですが、消費行動としては当然の流れを踏んでいるのではないかと。







2009年2月24日 (火)

[覚醒剤]こっそり栽培するようなのとは話が違う

ベタな平日を過ごしていてニュースに遠ざかっている間、例えばあの酔っ払い大臣の辞任を初めいかにもネタになりそうなものをスルーしているような気がしていまして、今日も世間はアカデミー賞を日本の2作品が獲ったのでどうこう、というのがあるわけですが「おくりびと」も見たわけではないのでもう一つ乗り切れず、NHK向けにいろいろと起こっている騒ぎもちょっとなあ、という所だったのですが、この件についてはちょっとヤバイですね。



覚せい剤密輸、大学生逮捕=マレーシアから1キロ-サイトで運び屋募集・大阪府警(時事通信)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 覚せい剤約1キロを密輸したとして、大阪府警薬物対策課などは23日、覚せい剤取締法違反の疑いで住所不定、東洋大経済学部2年渡辺恭(20)、東京都武蔵野市吉祥寺本町、無職大阪絋史(25)両容疑者を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。
  渡辺容疑者は、昨年9月下旬から10月上旬にかけ、インターネットのサイト「闇の職業安定所」などに「海外から書類を持ち帰ってくれる人募集」と書き込 み、運び屋を勧誘。応募してきた大阪容疑者に「ただで海外旅行ができて10万~15万円もらえる」と説明していたとされる。
 調べでは、渡辺容疑者らは昨年11月2日、関西空港で覚せい剤約992グラム(末端価格約5950万円)を、キャリーバッグの二重底に隠して密輸した疑い。(以下略)

(引用終わり)



何じゃこの「住所不定」の東洋大生というのは。



この様子ですと、運び屋のまとめ役をしていたようですが、バイト感覚で、なんて言い訳をするのかも知れませんけど、これはどう見てもシャブ屋に染まった奴で、問答無用ですね。



最近、警察の大麻関係の摘発事件がやたらに大量に出てきて、大学生にも結構お縄がかかっていますが、まあ正味な話、こういう事件に登場してくる奴のことを考えれば、家でこっそり栽培キットをセットしてプランターで大麻を育てているようなのはまだかわいらしい(語弊があるのはわかってますけど)と言ってもいいんじゃないかと。



中学生が覚醒剤使用の容疑で逮捕された事件も報じられているとおり、こっちは社会の方々をこっそりと蝕んでいきます。運び屋マネジャーとは言え、こういう奴にはその行為の重大性をしっかり思い知らせる必要があるのでは。