酒類 Feed

2014年9月14日 (日)

ラオス黒米焼酎

最近、ビエンチャンの日本食店、独立系のミニマートの一部やHome Idealなどのマーケットに出回っているのが、「ラオス黒米焼酎」と名付けられた商品。日本のNGOクワトロというところが特にラオス南部の一村一品運動の一環として支援して、いわゆるラオラーオとは異なる、国外へ持って行っても勝負できる商品を、というコンセプトで作られたお酒です。



Laokurogomeビエンチャンで販売されているのは、←(自分で手持ち撮りなものでちょっとブレてますが)の1合ボトル(ラオスの普通のコンビニで売られているラオラーオの小さい瓶に対応するサイズ)と、一般的な4合瓶サイズのものとの2種類、価格は←こちらでKip37,000、4合瓶がKip110,000ということなので、明らかにラオラーオとは違う世界の設定になっています。



ラオス産の黒米を用い、「焼酎」を名乗っているのですから製法も米焼酎のそれを用いているのでしょうね(泡盛とも違って二次仕込みを工程に入れているのでしょうか)。黒米といいますが、当然ながらできた焼酎は無色透明です。



さて、お味はというと、香りは確かに米焼酎、ラオラーオのようなきつさは感じられません、で口当たり、喉越しはちょっと甘め。これって黒米の特性なんでしょうかね。普通の米焼酎にはあまりない味わいです。ラオラーオをイメージしていると肩すかしを食らうような上品な味、焼酎としてうまく売り出せれば良いですが、日本でも、となると価格も問題になってくるかも知れませんね。







2011年5月18日 (水)

[ラム酒]Laodi(少し追記あり)

というわけで、帰ってきております。



ベタな休日篇はまた続きをやるとしまして、今回は久しぶりのラオス土産についてです。



ラオスで醸造しているお酒というと、ビアラオとラオラーオはまあ当たり前のようにあるものの、それ以外はないんかいな、ということなのですが、実はあります。



知ってる人は知っている、知らない人は知らないもの、それがラオスのラム酒であります。



ラオスといえばその気候から、サトウキビ栽培も容易にできそうなイメージはあると思うのですが、意外にそれを利用してどうこう、というのはなかったようです。実はこのラム酒、日本人の企業をリタイアした「おっちゃん」5人が中心となって、この地でサトウキビ畑と工場を造り、つい最近商品として世に出し始めた、というものです(黒糖焼酎の醸造も始めているらしい)。結構日本人がここで眠っているようなものに付加価値をつけている、というパターンはあって、木炭の工場を造って質のいいのはタイの焼鳥屋なんかでも使われている、というケースなどもあるみたいです。地域の雇用、現金収入の増加というところにつながっていけばいいですよね。



Laodi01 Laodi02 さて、そのラム酒(持って帰る途中で箱はかなりやばいことになっています。ボトルのラベルは国内仕様で、輸出用のはちょっと違います)、詳しいところはこちら のサイトに全てありますので参照いただくとして、ビエンチャン市内から13号南線を西に50km近く行ったナーソン村というところで(見学、現地での「試飲」もできるようなので、また「ベタな休日」にでも一度行ってみたいものです。工場の場所は確認しました。R13SのLAK47あたり、向かいにタピオカ工場の大きな看板があります)、自社農場で無農薬で育てたサトウキビの新鮮なジュースから醸造したアグリコールラム。世界中で作られているラム酒でも、このように作られているのはわずかに3%だそうで、日本では南大東島で作られているのが唯一というもの。普通、製糖副産物として製造されるのがラム酒、という位置づけなのですが、確かにこのラム酒、以前紹介したことのあるルリカケスとはかなり違います。



何というのでしょう。香り自体は薄目のエタノールにちょっと糖分感が、というものですが、一口含んだ瞬間、今まで経験したことのない、丸い甘さと僅かな酸味とググッとくる深い香りとスッキリした喉越し、本当にちょっと私の大したことのない酒の記憶からググッと抜けたところにあるお酒。凄いです。



このボトルは350mlの小さい方で、あと700mlのもあります。ビエンチャンのナンプの南にあるPhimphone Marketでは小が92000Kip、大が135000Kipという微妙な価格設定で売られていましたが、これが何故かワッタイの免税店に置いてあってそっちだと小瓶が$8。大瓶が$15と安い。ただビエンチャンからは直行で日本に持って帰れない(途中のセキュリティで没収される可能性大)ので、トランジットステイするときしか免税店では買えないんですよね。ちょっとその辺がややこしいところで。







2010年11月20日 (土)

[黒糖焼酎]ろじゃな

先日洪水に見舞われた奄美の復興支援には黒糖焼酎を、というわけではなくて、黒糖焼酎なんですがちょっと違う話です。



Rojana01 いつもこのビール を買いに行く大阪市内某酒店の焼酎コーナーに、2列置きにされた見慣れない商品。紙パックには大きなヒラガナで「ろじゃな」とありますが...



黒糖焼酎の主原料は黒糖と米麹、それに土地の「いい水」。その米麹に用いられているのは主にタイ米でありまして、要は質のいい黒糖があって、酒造りに適した水と気象条件があれば、タイで安く黒糖焼酎ができるはず、というものなんですね。



ろじゃな(Rojana)とはタイ語で「繁栄」を意味する言葉で、バンコクに本社がある工業団地の運営会社の社名(この製品は、Rojana Distillery という会社が製造元になっています)です。アユタヤ、ラヨーン、そして中国の常州にサイトを保有しています。



Rojana02 この焼酎は、コラートの水を用い、カンチャナブリの黒糖とタイの米を材料に利用して作っているものでありまして、このような紙パックで輸入しています。タイにはかなりの数の日本料理店がありますが、そういうところでも消費されているのがこの商品。で、その一部が日本にも輸出されているというわけです。存在自体はだいぶ前から知っていましたが、現物が日本の商店で販売されているのを見たのは初めてでありました。



いつもと同様、ロックで味見。おや?意外に香りが少ない。口当たりはスッキリ、というかやや薄目。そこそこに黒糖焼酎らしい風味と喉越しはありますが、ちょっと浅めの熟成度の焼酎、という感じのする味です。決して悪くはないけれど、強い印象を受ける、というほどではないような。直前に「高倉」を呑んでいたあとの味見だったので余計にそう思ったのかも知れませんが。



ろじゃなには「南国焼酎」という長期熟成タイプの焼酎もあり、この紙パック版はお徳用扱い、ということなんでしょうか。しかし輸入されて入ってきた価格は必ずしも安いとは言えず、これなら奄美へ注文しても値段的には変わらんぞ、というのがちょっと微妙なところ。その辺りは何とかならないもんでしょうか。







2010年7月18日 (日)

[ラム酒]おみき(神酒)

4年近く前に、「ルリカケス」という徳之島のラム酒を紹介するエントリ をしたことがありまして、そこに、「同じ会社で50度のホワイトラムもあるようです」とも書いていたのですが、これがいつも通販で仕入れている酒屋では取り扱っておらず、扱っているところでもいつも入手可能というわけではなく、なかなかチャンスがないまま今に至っていました。



しかしようやく、奄美の某酒店の通販で注文できました。2600円台。地元でない変な通販酒店だと、下手すると3500円とか吹っかけられますので、そのことを思えば(他の焼酎とかと一緒に6本買いすれば送料、代引き手数料を入れても大したプラスにはならない)、それに50度という度数を考えれば、そんなに高いということもないですね。



Omiki01 瓶は普通は青色瓶を使っているらしいですが、そこはあまり気にしていない様子で今回届いたのは茶色瓶。上部ラベルには「おみき」の3文字。そして「ルリカケス」と似通ったメインのラベルには「神酒50」の文字。きれいなラベルデザインです。



このお酒は、黒糖を発酵させたラム酒を、(ウィスキー等に先行使用していない)白い樫樽で熟成させたホワイトラムと呼ばれるもので、やや褐色の入っている「ルリカケス」に対して、こちらは無色透明です。



とりあえず、常温ストレートでどんな味か、というところから。さすがに50度はきついんですが、しかし喉越しの手前の所でいかにも黒糖という甘く香ばしい風味と、よく柑橘系と称されるようですが、軽めのレーズンのような味がきれいに広がります。



Omiki02 氷を入れてみますが、それでも意外に味わいが変わりません。意外に食事にも合い、結構呑みやすい。つい50度、というのを忘れそうになるほどです。



これは手に入れた甲斐がありました。



こういう高度数のお酒は、ウオッカなんかでもそうですが、冷凍室でトロッとなるところまで冷やして呑む、というのもよくありますね。本品は一升瓶なので冷凍室にはちょっと、ということで、ちょっと小さい瓶に移して試してみたいと思います。







2010年6月11日 (金)

[飲み過ぎ?注意]チューブ入りウォッカ

時にはGigazine経由です。



昔、チューブ入りのチョコレートとかありましたよね。こちらはそういう甘いもの系ではなく、立派なお酒、チューブ入りのウォッカ なんだそうです。



Vodkatube チューブの色なんか見ていると、絵の具というより練りワサビ?てな気もしてきますが、とにかく中身はウォッカ。多分かなりきついんでしょう。



氷付けにされていまして、するとチューブからはなんだか接着剤みたいな雰囲気でニュルッと出てきているようです。普通のウォッカも冷凍室で思いっきり冷やしておけば、注ぐときにはトロッとした感じになりますけど、ちょっとそれ以上の加工をしているんでしょうかね。



その部分だけ見ていると、あんまりお酒っぽくないですけどね。しかしこれは多分冗談めかして呑んでいるとえらい目にあう、というパターンではなかろうかと。



どうやら日本では未発売。しかし話のネタに1本ぐらいは手にしてみたいような気も。








2010年4月 4日 (日)

[広州のベタな平日]広州で買ったビールでビアラオを思う

もう既に先週の話になってはいるのですが、ネタを持ったままなのも何なので、ちょっと続けておこうかと。



Guangzhou01 と言いつつ、広州で町中をそんなに歩いていたわけではないんですよね。結構黄砂が回り回っていた時期でありまして、中途半端に暑いし空気は悪いし、やることもいろいろあったしで。



しかし中国の都市部はどこもそうなんでしょうが、ここ広州も建設関係はえらい勢いになっております。泊まっていたのは中心部からちょっと東の珠江沿い。この辺りは新しいbusiness districtとされているようで、とにかくボンボンとビルが建ちまくってます。まあ状況を見る限り、それを知る日本人なら「バブル」の一言で片づけざるを得ないような状態なんですが、しかしバブルも積もれば山となるのではないか、という気にもさせられてしまいそうな勢いですな。



↑の写真は、黄砂に霞む「広州テレビ・観光塔」。尖塔部の地上高は610m。中国では最も高く、世界でも現時点ではブルジュ・ハリファに次いで世界第2位の高さの建築物。かの東京スカイツリーが立ち上がれば、順位が入れ替わることになるようですが、それにしてもでかいです。




Beers さて、どこでも呑めるのであれば購入するのがいわゆる「地ビール」。今回も「近所のコンビニ」でいくつか買って呑みました。



真ん中は前のエントリで瓶入りを呑んだ「珠江純生」。缶でも基本的には同じ味ですが、料理とセットではなくこれだけ呑むと、やはり中国系、と言う感じのちょっとぬめっとした甘ったるさが後味に残ります。左の雪花ビールは北京に本社を持つ華潤雪花という会社のビール。この缶は福建省の工場で作っているようです。あまり日本では知られていませんが、中国では最大、世界でもトップの販売量を誇っているビールだそうですけど、とにかく薄いんですよ。何だか味わいが感じられない。珠江ビールもそうなんですが、中国ビールは発酵を強めに進めて高濃度の原液ビールを造り、それを水で薄めている商品が非常に多いんだそう。大量に消費されるビールを供給サイドで安定して作るにはそうしないと、ということにしとくつもりかも知れませんが、確かに缶にも原液の度数が8度とか9度とか書いてあって、製品としては4%程度に落とされているんですよね。中国系でも歴史のある青島ビールとか、まともに作っているものはあるのですが、この世界にも作ったもん勝ちのチャイナクオリティ、というのはありそうです。



なお、写真右のオレンジ色の缶は、広州名物、広氏パイナップルビール。一応ビールと書いてありますが、アルコール分は1%未満。ビールっぽい見た目はありますが、どちらかというとビール風微炭酸パイナップルドリンク、という感じです。うちの妻は「おいしい」と言ってましたが、まあ「酒類」のカテゴリに入れるものではなく、「話のネタ」程度に思っておくのが丁度良いぐらいでしょう。




とりあえずの結論。やっぱりビアラオは美味いんよ。




(こっちのネタ、もう1回続ける予定です)



2010年1月21日 (木)

そう言えば田村正和とじゃんけんをしていた件

先日注文していた黒糖焼酎(最近は「呑んだことのない銘柄」というのはほとんど買うことがないので、エントリにもしていませんが)が今日届くことになっていたので、帰宅してちょっと中身を確認、と思っていたら、その横に何か見慣れない箱が置いてあるぞと。



Sapporo01 見てみると、「麦とホップ」。うちでは全く呑まない酒(発泡性リキュール類ですし。こういうのを「第3のビール」とか呼ぶ傾向は個人的には嫌いだ)だし、何か懸賞に出して...



と箱を改めて見てみたら、グーとチョキ。そうそう、



田村正和と年末にじゃんけん してたんやった。



新春じゃんけん大会と称して、1名に1000万円、そしてこの「麦とホップ」12缶入りが10万人、という大判振る舞い(というかこっちの10万人が主目的ね)でありまして、私もその1000万円の方に目がくらんで、ネットで応募していたのでありました。



Sapporo02 Sapporo03 そう言えば、このパターンで田村さんは何を出してくるか、ということで、普通、じゃんけんで出しやすいとされる「パー」を出すよりも、余り出さない「チョキ」を出して正解者の母集団を多少は絞ってくるのでは?とかいう推理はした憶えがありましたが、今となっては自分がホンマに「グー」を出していたのかどうかも記憶の彼方なのでありまして、しかしこうして景品を送ってきているということは、やっぱりそういうことだったんでしょう。



送ってきた箱には、田村さんからの「賞状」とか、「関係者にお裾分けするときに便利な帯」とかもついていたりします。まあその、うちで全部呑むつもりもありませんので、関係者にも回して、サッポロビールさんの思うつぼになっておこうかと思います。



Sapporo04 というわけで、



勝者はグー



なのでありました。





(1/21追記)
もらっておいて1本も呑まずに、というのもなあ、というわけで、とりあえず呑んでみましたが...



うーむ。



下手に本気で書いてしまうと少々不謹慎の誹りを受けるやも知れず、というところで。以上。







2009年8月 1日 (土)

ビアラオロング缶 SEA Games仕様

さてさて、いつも「ベタな平日」の際には土産に買って帰るビアラオの缶。通常は325mlの缶をスーツケースに詰められるだけ、というパターンですが、今回、よく行く市内の店で500mlのロング缶を見かけたのでそっちも購入しました。こっちは9000Kipです。



Beerlaosea さてこのビアラオ、当然ながら味と中身は変わっていませんが、缶のデザインが微妙に変化を。



そう、こちら のSEA Games盛り上げデザインになっているわけです。SEA Gamesとはその名の通り「東南アジア大会」のこと。東南アジア11カ国のアスリートが集う2年に1度の国際大会で、25回目にしてラオスでは初開催です。ビエンチャン市内では、例えばタラートサオモールの前にカウントダウンサインがあったりしますし、13号線沿いの西の郊外では中国系の建設業者がスタジアムの仕上げに入っています。



なお、それでもビエンチャンの競技開催能力を考慮して、実施種目は前回よりもだいぶ絞られているようです。オリンピック種目でないものには、空手、武術、ムエタイ、プンチャクシラットといった格闘武芸関連や、ゴルフ、セパタクロー、それにFin Swimming、Shuttlecock Kickingなんてのもあります。



12月に「ベタな休日」でもあれば、ブログのネタに見ておきたい気もしますが。







2009年1月25日 (日)

[ラオラーオ]猛烈に安い45度

ラオスで酒類といえば代表格はやはりビアラオ。国内ではほぼ独占的地位をほこり、その他の「輸入」ビールも大した相手ではない、という勢いです。実際美味しいですし(その他にも国内で生産されているビールはあるらしいがその件は機会が巡ってきたときに)。



ではその他に酒はないのかというと、若干の自称ワイン、ウイスキーというのがあるほかに、特に知られているのがラオラーオ。「ラオスの酒」という意味を持つこのお酒、お米から作った蒸留酒で、ほぼ泡盛に近い製法のようです。ルアンプラバンからパークウーへいく途中のメコン沿いに、昔ながらの蒸留風景を見ることができる(実際にそういうやり方で製造したのを瓶詰めしているのかはわからないがまあそんなもんかも知れない)村があるのはまた別エントリで書くとして、このお酒はアルコール度数も高く、人々は普段からこれを飲み倒している訳ではなくて、お祭りや何かの人が集まるときに回し呑むのが通常らしいですね。



で、このラオラーオ、最初に呑んだのは何故か飲料水のペットボトルに入れられた微妙な(自家製?)もので、アルコールの匂いも強くて怪しげな味(でも結構美味しいのは美味しい)だったのですが、売ってない訳では全くなくて、上記ルアンプラバン近郊の村では清涼飲料水の瓶に竹を巻いてるんとちゃうか、というボトルに入っているのを売っていますし、もっと普通に商品としているのも、ビエンチャン市内でお酒を扱っている商店に結構置いてあります。



Laohdet01 例えばこちら。Laoh Detという商品名で、ビエンチャン市内に本社を有するVATSANA ALCOHOL AND DRINKS FACTORY LTD.という所(ラオラーオ以外に、ワイン風の醸造酒なども製造しているらしい)が作っているお酒で、アルコール度数は45度。この写真では大きさがわかりにくいかも知れませんが、325mlの小さい瓶で(このほかに、平たい形の瓶なんかもあるようだ)、キャップはシュコンと抜いてしまうと閉められないタイプ(要は開けたら呑んでしまえ、ということか。まあ実際のところ、ペットボトルに移し替えたりするので結局怪しげな雰囲気の酒になるということかも)。で、これがなんと、



1本4000Kip。(45円ぐらい)


最初、ゼロ1個間違うとるんかと思いました。恐ろしく安いです。量単価でいってビアラオより安い。

Laohdet02 ちょっと歪んで貼ってあるラベルをご覧いただけばおわかりの通り、これはラオスのSticky Rice(カオニャオとして食べているもち米のことですね)100%のお酒で、原料価格も相当安いということなんでしょう。


匂いはあまり露骨なアルコール臭さではなく、泡盛の落ち着いた甘い香りに近いです。味はそれほどクセがあるわけではなく、どちらかというと焼酎っぽい感じ。氷が回ってくると多少まろやかな味わいも出てきます。値段からすると非常に良いお酒、という印象。しかしそこはさすがに45度です。小さい瓶だからって一気に呑んでしまうのは危険すぎますね。



(8/1追記)

このラオデット、何とワッタイ空港の免税店でも販売されていました。しかしひと瓶2ドルもするんですが。市価の4倍以上ですね。



ちなみに、ワッタイの免税店にもチョーヤの梅酒が並んでいます。なかなかの営業努力です。






2009年1月10日 (土)

[芋]島娘は確かに島娘っぱい

焼酎系のネタは久しぶりですね。何しろ黒糖系については、普通に呑める銘柄は大体試しましたから、あとは何かの機会に特別なのを入手したとき、ぐらいしかネタがない。最近それ以外はあんまり呑んでいないので必然的にネタにならなかったのですが、今回は鹿児島のいとこから芋のいいやつを送ってもらった(遅めの正月休みに現地で買って送ってくれた。ありがたや)のでそれをいってみようと。



Shimamusume 鹿児島県北西端、阿久根市と橋でつながり北側は海を隔てて天草、という位置にある長島町は、焼酎好適品種、黄金千貫の有力な産地。そんな島にある「長嶋研醸」という会社は、関西地区でも非常に多く出回っている「島美人」の蔵として知っている人は知っているところです。



この会社の「島○○」という銘柄には、「島美人」「島乙女」「島娘」と3種類あるそうで、そのうちこの「島娘」は島内限定品、よその店では売ってない(でもネット通販には(少々プレミアムがつくものの)結構出回っているものですが)商品で、米麹、麦麹2種類の原酒をブレンドした25度です。



さて島娘のお味はどんなものか、例によってロックでいただきます。



注いだばかりのほぼストレート状態では、さっぱりとした辛さ、軽めな感じだが気は強そう、という口当たりですが、徐々に氷が馴染んでくると、急にふっと芋の甘みがやわらかく口中を包んでいきます。



まあその、ツンデレというほどではないですが、最初はちょっと強め、なじんでくるにつれほのかな甘さ、なるほど島娘ってそういうことか。



芋自体久しぶりでしたが、このロックはいいです。「島美人」とはだいぶ違う個性もありますし。こうしてエントリにしてしまっていますが、そんなにメジャーになって欲しくはないな、と思うお酒でもあります。