« 2016年 あけましておめでとうございます | メイン | [NFLモード]さあ、レギュラーシーズンが終了いたしました »

2016年1月 3日 (日)

○○年の作曲家(2016年版)

さて、新年の当ブログで毎回取り上げているのがこのシリーズですが、今年は比較的新しい生誕100年の所に個人的にはかなりツボな方が集まってまして、ざっと並べても、スティーヴンス、エステベス、ヒナステラ、デュティユー、ヒメネス・マバラクと、世間的な扱いはマイナーでもそれなりに存在感を残す人たち、さらに日本では柴田南雄さんが生誕100年に当たります。


その上はというと、没後100年にグラナドス、生誕150年にサティ、ブゾーニ、カリンニコフといった少々クセのある名前が並びます。こうしてみると、指揮者を含め、むちゃくちゃ有名なビッグネーム、という人は見当たらないですね。


Dca654

ここで取り上げる1枚は、そのうちアルゼンチンの作曲家、アルベルト・ヒナステラ(ジナステラ)。サバレタが初演したハープ協奏曲は、この楽器の音のイメージに逆らうような「攻める」協奏曲。「エスタンシア」は民族色が強く、リズムが独特な雰囲気を形作る彼の代表作の一つ、最近結構有名になってきているらしいですね。ピアノ協奏曲も、彼の壮年期の傑作だと思うのですが。


このディスクは、80年代から90年代にかけて、Musica Mexicanaのシリーズを録音したバティス指揮メキシコシティ・フィルの組み合わせによるASVへの録音。この組み合わせらしく迫力のある演奏ですが、結構きれいな録音です。ヒナステラは日本ではそんなに有名な作曲家ではないですが、意外に録音の数は少なくないんですよね。


(参照ディスク)
ヒナステラ: ハープ協奏曲、「エスタンシア」組曲、ピアノ協奏曲
アレン(Hp)、タラーゴ(Pf)、バティス指揮 メキシコシティ・フィル
ASV DCA654 (1989年頃録音)


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/33701001

○○年の作曲家(2016年版)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。