« [自白]1週間に何があったか、想像できますよね | メイン | [ラオスのベタな平日]パクセからウボンラチャタニへ(その2) »

2015年8月 7日 (金)

[ラオスのベタな平日]パクセからウボンラチャタニへ(その1)

さてさて、何とも久しぶりのエントリなのであります。何せもう最近は日に数回はつぶやきをかましているものの、ブログに関してはすっかり音沙汰なしにしてしまい、これはいよいよ開設10周年を前にフェイドアウトの流れか?と思う人だにいないのではないかという草ボウボウ状態を呈していたのでございます。


しかし一応、こちらとしましては「何かTwitterでは入りきらないネタがあれば」と機を窺っていたのでありまして(まあそんな大げさな話でもないですが)、そんな折、「ベタな平日」の一環で、当方3カ所目となるラオス・タイの陸路国境移動の機会が巡ってまいりました。その序盤は既につぶやいてしまったのですが、タイに入るなり通信がストップする悲しい事態に陥ったため、焦らなくても後で備忘録的にエントリしようということに相成りました。パクセ・ウボン間の移動に関してはいろいろなところに情報が出ていますが、意外にパクセからの越境については意外と書いているものが多くないのではないかと思いますので、ちょっとニッチな所を狙っていきたいと思います。


01ubon

02ubonそもそも、今回のパターンを採ったのは、「ベタな平日」でパクセへ移動する予定が、とある会議の影響で半日ずれてしまったところから始まったものでして、帰りの関空行きをFIXで取っていたためそっちを動かすことができず、パクセからビエンチャンに戻ってトランジットのためだけにビエンチャン泊とするのも馬鹿らしい、ということで浮かんできた次第。まあこのパターンに慣れた方なら、私もビエンチャンでやっているようなよりローカルな移動方法を選ぶ向きもあるのでしょうが、このルートは初めてのため、国際バスという最もベタな移動手段を用いました。それでも、同じ陸路越境でも所変わればかなり変わるものだなあといくらかの感慨があるものです。


03ubonまずはパクセのバス乗り場。他のラオスの主要な町と同様、パクセにもいくつかのバスターミナルがあるのですが、ウボン(あるいはバンコク)への国際バスは中心部から東へ約2km、日本橋の北のたもとのロータリーからもう少し東に行ったところにあるKiang Kaiというバスターミナルから出ています。主に国際バス中心の乗り場で、ターミナルというにはこぢんまりした場所ですので、バスが停まっていなかったら見逃しかねないような所です。ただドライバー関連ならキアンカイと言えば誰でもわかる場所ですので、行き着くのに問題はありません。ホテルや旅行社ならいくらか追加料金をつけてターミナルまで送迎してくれるはずです。



ウボン行きは8:30発、15:30発の1日2往復(以前4往復の時期もあったようですが、2015年8月現在は減便されています)切符売り場も窓口がいろいろある訳ではないのでわかりやすく、「ウボンまで」とパスポートを差し出せばささっとチケットを発行してくれます。運賃は200バーツ、または5万Kip。どちらでも大丈夫です。切符を買ったら、歩道側に椅子が並んでいますのでそこで待機。売店もあります。


04ubonそうこうするうちにバスが出発の30分以上前ですがターミナルの前にやって来ましたので、エアコンの入っている車内で待機。私がチケットを買った発車1時間前の段階で席が7列目だったので、ここからどれぐらいの人が乗ってくるのかと思っていたら、送迎やらソンテウやらで乗り場にやって来たラオス人、西洋人と若干のタイ人、で私だけ日本人、と最終的には結構ばらばらに定員の半分ぐらいが乗り込んで定刻に発車です。運行はビエンチャンの国際バスでタイ側の車両を運行しているのと同じ会社です。まあ普通の高速バス、という感じの車ですね。エアコンが効きすぎというほどではなかったので一安心。


05ubon

06ubonバスは早速日本橋を渡り、一路西へ。そんなにスピードを出している感じはありませんでしたが、国境のラオス側の町、ワンタオへは特に何もなければ40分ぐらいです。典型的なラオスの地方国道、という感じの道が急に広く片側2車線になったら、あと10分ぐらい。両サイドにわさわさと写真のような店舗が目立ち始めれば、そこがワンタオです。


07ubon

08ubonここで全員降車、バスが停まるすぐ横がイミグレです。なんだか友好橋のいかにもここを通っていきます、という感じの国境イメージが強いもので、何だかちょっと変な感じもありますね(右側の写真にはどういう訳だか牛が写ったりしていますが気にしないで下さい)。


010ubon

09ubon今ある建物の少し奥に、現在新しい建物が建設中ですので、そのうち手続きはそちらになるのではないかと思われますが、ともかく列があるようでないようなイミグレ窓口です。午後の国際バスに乗った場合はイミグレ到着が絶対に16時を過ぎますので、Overtime Feeを1万Kip支払う必要があります。2番の窓口でお金を支払い、パスポートとレシートを合わせて4番の窓口に提出(3番はボーダーパス用の窓口)して出国手続き完了です。


で、あれ、どっちへ行ったらいいんかな?というところでちょっと長くなってきたので一旦切ります。


(この項つづく






トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/33503261

[ラオスのベタな平日]パクセからウボンラチャタニへ(その1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。