« [ラオスのベタな休日]ビエンチャンのピーマイパレード2015(1) | メイン | [ネパール地震]瓦礫とインフラ »

2015年4月17日 (金)

[ラオスのベタな休日]ビエンチャンのピーマイパレード2015(2)

(こちらからのつづきです)


P1030772

P1030773一通りワットインペンの中を確認してセッターティラート通りに戻ります。すると車両の一番後ろにでかいトラックが。ビアラオのイベント(川沿いのステージでやってる)の車両で、上からは←こんな感じで放水中。下からも(かなり高いですが)ずいぶんと反撃を食らってましたが。


P1030775

P1030778なかなか本隊が登場しないで、その他参加者の撮影会的な状況が続いている中、ようやくご本尊が登場。車に据え付けるのですが、これがやっぱり相当重い様子。←このぐらいの状態からかなり悪戦苦闘しつつもようやく据え付け完了して、あとはミスがやって来て車に乗ったらスタート、なんですが。


どうやら本来フロートの荷台に置いてあったはずの脚立がどっかに行ってる(私も確かに存在を確認していたのだがなぜか姿が消えていた)。これでさらに準備が遅れまして、また下で待ってるミスとの撮影会なんかになったりします。これも別に規制なし。ごちゃごちゃしているようで意外に秩序が保たれていて、ラオスはまだこんな感じだからいいんだな、と妙に納得です。


P1030787

P1030790とまあ何だかんだありつつ(パレード中にミスに差しかけられた傘が頭上のケーブルに引っかかり柄がポッキリ折れるなんていうハプニングもありましたが。そのぐらい事前に確認しとけよとは思いつつ)、14時前にようやくパレードはスタート。セッターティラート通りを東進、President Palaceを超え、ワット・シーサケット、ワット・ホーパケオの前を通り南進してファーグム通りを戻るルートです。


P1030797

P1030796沿道は人でごった返すと言うほどでもなく、警備もそんなにきつくないのどかな雰囲気。ピーマイ期間中のビエンチャンは比較的涼しかったので、見てる側も適度に水浴びするのがちょうどいいぐらいで快適に見ることができました。


ラオスのピーマイパレード言えばどちらかというとルアンプラバンの方が有名ですが、ビエンチャンの、首都ながらローカル色あふれるこういった催しは、変にメジャー化されない形で続いて欲しいものだと思う次第です。


P1030801ちなみに、←こちら、ワットシーサケットなんですが、パレードの行進を見物する修行僧の若者達、という図です。パレードには僧侶も多数参加しているのではありますが、上から見ててええんか?というか、スマホで女の子の写真撮ってばっかりやないか、とかいうのは、まあこの際思ってても言わないお約束ですね(って思い切りブログに書いてますが)。


というわけで、今年のピーマイパレードのエントリは終了です。また今後は地味に、忘れた頃のエントリでお送りします。あ、パレードの動画、Youtubeのリンクを貼っておきますね。


(この項終わり)


2015 Pee Mai Parade in Vientiane
YouTube: 2015 Pee Mai Parade in Vientiane


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/33264845

[ラオスのベタな休日]ビエンチャンのピーマイパレード2015(2)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。