« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月27日 (月)

[ラオスのベタな休日]Vientiane Centerが停電なしでも明るさが大きく変わらなかった件

Vc01さて、先日は激しい雷雨の直後に通りがかった様子をエントリしていたVientiane Center。あの様子が通常モードみたいなもんだと勘違いされては申し訳ないかな、ということで、ちゃんと普通の休日にもう一度確認しておこうと思った次第であります。


ここにたどり着かれる方はご存じでしょうが、Vientiane Center(ビエンチャンセンター)は、タラートサオのターミナルから、ローカル屋台、市場のごちゃごちゃと賑やかなエリアを東に抜けていったところにあります。ビルの西側に立体駐車場の入口があるはずなんですが、そこに入っていく車は見られず、ビル前の路駐がほぼビル幅いっぱいに収まっている状況。どうやらタイ側のCentral Plazaも意識しているっぽいかな、とも見える形のビルの前、ちょっと違うのは、オープン1ヶ月弱のショッピングビルにしてはその前のこれだけ広いスペースがガラーンとしていて、イベントも何も用意されている風には見えないところですね。


Vc02

Vc03えー、わざと悪意のあるエントリを書くために開店直後の人の少ない状況を選んでやって来た、と思われると困りますので敢えて申しますが(笑)、これらの写真は本来であればお客さんがどんどん来ていないといけない日曜日の昼前であります。ちょっと西のタラートサオ周辺にはいつもの日曜日と同様多くの人々が集まっているのであります。しかししかしこの状況。入口を行き来する人もまばらですし、エスカレータに乗っても同時に乗っている人がせいぜい1人という状態です。


まだ本格営業の時間には若干早いとは言え、フードコートにも人はまばら。そもそも開いている店(内容的にはタラートサオの3階とよう似たもんです)が少ないですし。


Vc04

Vc05さらに建物内を歩いていて誰でも気づくのは、停電じゃないのに館内が非常に暗いということです。3階にある子どもの遊びスペースには親子連れが結構いたのですが、内部に電気がついていなくてほぼ真っ暗。中央部は吹き抜けの天井から採光されているのでまだいいのですが、特に両サイド。1階から3階に並んでいるブランド系を含むショップも電気がほとんどついていなくて営業しているのかどうなのかわからない状態。スタッフも買い物をするためにここを通る人がほとんどいないせいか、資生堂のコーナーを含めてほぼ全員所在なげな感じで、これって普通のショッピングセンターなら1週間で閉鎖だな、と思うような状況であります。売り上げがないのでとりあえずオペレーションコストだけは思いっきり下げてみました、みたいな。


1階の奥の方では、Pinkomという名前のスーパーがありますが、中身はHome Idealと同じ中華系スーパーで、確かにビールとかは少し安いですが、だからここをわざわざ利用しようという風にはならないだろうなと。


Vc06人通りの少ない前庭に敷き詰められた色つきの砂利ですが、既にパラパラとはがれてきていて歩きづらい状態になりつつあります。恐らく雨期1回経過したら全部はがしてしまうのではないでしょうか。


こういう状況は決して笑い事ではなくて、ラオスで数多く出されているコンセッション事業の問題を表す一例であると言うことです。政府が土地の利用権を与え(個々の場合は50年間)、各種開発許認可を付与して行われる事業はこのところ特に数多く実施されていますが、国にとってはそれらの事業が収益を上げ、税、ロイヤルティの収入を得て初めて潤ってくる訳で、こういう筋の悪い事業をやらせても中国様の土建業者の儲け口になるだけ、実入りはない、出資してもリターンがない、さらに最終的には不良資産を突き返される、ということになるわけで。


もちろんちゃんと収益を上げている事業はありますが、特にこの種の大規模ビル事業はこれからもここのすぐ隣のWTCをはじめ短い期間にいくつもの開発物件の登場が予定されており、その一方で物流を中心としたインフラはまだこれから、というところですし、消費者はある程度成熟してくると中国色の強いショッピングセンター(ブランドも本物より偽物が多いと市民も思っている)よりは当然のようにノンカイやウドンタニを目指す、ということになりますし、そもそもブランドショップ(と言っていいのか微妙な店も多いですが)中心の建物が幾つも建ったとして、ラオス人も外国人も立ち寄らないだろうなと。構造的なところをどうにかしないと、のはずなんですが。国情的な問題もあるようですしね。




2015年4月26日 (日)

[ネパール地震]瓦礫とインフラ

首都から80km震源が離れているということだったんですが、どんどん痛ましいニュース映像が見られるようになってきて、これはただごとではない、というのがわかってきました。





このニュース記事では死者1200人となっていますが、エントリ中に見ているCNNでは1800人を超えていて、瓦礫を取り除いての捜索活動はまだこれからというふうに見えますので、さらに被害の拡大が懸念されるところです。人口で言うとビエンチャンと大差ない場所ですし、貧しい国、山の盆地で輸送、医療等のインフラが十分ではないだけに、災害直後よりもさらにその先の対応が難しいものと思います。現地はラオスと同様雨期にはいりかけたところのようですし、衛生環境も問題になりそうです。恐らくインド、中国ほかからの支援が入っていくとは思いますが。


倒壊した様子が報じられているビムセンタワーは、70年前にも大地震で倒壊していたようです。プレート境界である程度の期間をおいて相当規模の地震が発生するというのはやむを得ないところ。しかし多くの所で建物には対策が取られていない(取る余裕がない)というのが被害を拡大させているように見えます。日本の耐震対策は少々やり過ぎの面があるような気はするのですが、倒壊建造物の瓦礫の映像を見ると、あらためて備えの大切さは認識できます。


二次災害の広がりがないよう祈りたいです。


(4/29追記)
本追記時点で確認された死者の数が5000人を超え、日本を含む各国援助隊の現地入りによって捜索活動が加速されつつはありますが、一方で死者の数が増えていく、ということになります。まだ山では雪崩も起こるなど、不安は残っているようですね。


山の反対側のチベット自治区でも被災の状況が少々伝えられてきていますが、こちらは伝えられているものが本当に全てなのか、見えづらいものがありますね。




2015年4月17日 (金)

[ラオスのベタな休日]ビエンチャンのピーマイパレード2015(2)

(こちらからのつづきです)


P1030772

P1030773一通りワットインペンの中を確認してセッターティラート通りに戻ります。すると車両の一番後ろにでかいトラックが。ビアラオのイベント(川沿いのステージでやってる)の車両で、上からは←こんな感じで放水中。下からも(かなり高いですが)ずいぶんと反撃を食らってましたが。


P1030775

P1030778なかなか本隊が登場しないで、その他参加者の撮影会的な状況が続いている中、ようやくご本尊が登場。車に据え付けるのですが、これがやっぱり相当重い様子。←このぐらいの状態からかなり悪戦苦闘しつつもようやく据え付け完了して、あとはミスがやって来て車に乗ったらスタート、なんですが。


どうやら本来フロートの荷台に置いてあったはずの脚立がどっかに行ってる(私も確かに存在を確認していたのだがなぜか姿が消えていた)。これでさらに準備が遅れまして、また下で待ってるミスとの撮影会なんかになったりします。これも別に規制なし。ごちゃごちゃしているようで意外に秩序が保たれていて、ラオスはまだこんな感じだからいいんだな、と妙に納得です。


P1030787

P1030790とまあ何だかんだありつつ(パレード中にミスに差しかけられた傘が頭上のケーブルに引っかかり柄がポッキリ折れるなんていうハプニングもありましたが。そのぐらい事前に確認しとけよとは思いつつ)、14時前にようやくパレードはスタート。セッターティラート通りを東進、President Palaceを超え、ワット・シーサケット、ワット・ホーパケオの前を通り南進してファーグム通りを戻るルートです。


P1030797

P1030796沿道は人でごった返すと言うほどでもなく、警備もそんなにきつくないのどかな雰囲気。ピーマイ期間中のビエンチャンは比較的涼しかったので、見てる側も適度に水浴びするのがちょうどいいぐらいで快適に見ることができました。


ラオスのピーマイパレード言えばどちらかというとルアンプラバンの方が有名ですが、ビエンチャンの、首都ながらローカル色あふれるこういった催しは、変にメジャー化されない形で続いて欲しいものだと思う次第です。


P1030801ちなみに、←こちら、ワットシーサケットなんですが、パレードの行進を見物する修行僧の若者達、という図です。パレードには僧侶も多数参加しているのではありますが、上から見ててええんか?というか、スマホで女の子の写真撮ってばっかりやないか、とかいうのは、まあこの際思ってても言わないお約束ですね(って思い切りブログに書いてますが)。


というわけで、今年のピーマイパレードのエントリは終了です。また今後は地味に、忘れた頃のエントリでお送りします。あ、パレードの動画、Youtubeのリンクを貼っておきますね。


(この項終わり)


2015 Pee Mai Parade in Vientiane
YouTube: 2015 Pee Mai Parade in Vientiane


[ラオスのベタな休日]ビエンチャンのピーマイパレード2015(1)

P1030750さてさて、ラオスはピーマイで世の中お休み、水かけ放題の無慈悲な水戦争に入っておりました。今年は役所が17日の金曜日も休みにしたため、一応民間には追随せんでもええとは言われているものの、週末までこの状況が残るのではないかとも言われております。


しかしこの時期、当ブログでは数少ない華やかな画像をお届けできる時期でもあります。既にTwitterにはYoutubeに1本上げた動画のリンクをつけているのでありますが、ここではその周辺の写真を中心にお届けいたしましょう。


P1030753ビエンチャンの恒例ピーマイパレードは4月14日の午後。公式には13時からとアナウンスされているのですが、実際にはそのぐらいからお寺の儀式が始まる、ということでありまして、スタート地点であるワットインペンにそんなに早く行っても待つだけなのでありますが、ともかくセッターティラート通りを西進しますと、既にこの道の様子で戦いの状況が読み取れようというものであります。既にワットインペンの西の所、クーンブーロムとの交差点で交通規制は始まっているようで、もう車の通行はありません。道には水鉄砲を抱えた観光客、巨大バケツやビニールプールで放水態勢を整えている沿道の会社、店舗関係者など、毎度毎度の光景が見られております。


P1030754

P1030756そうこうするうちにワットインペンの前に。既にパレード用の車両は3台コースに入ってスタンバイ中。前の車にはいわゆるパレードのご本尊が鎮座される車。お寺でのセレモニーが終了したら、仏像が車に持ち込まれます。そして右の写真の車がミスピーマイビエンチャンが乗る車。真ん中にミスが、そしてその両サイドに3人ずつ、いわゆる準ミスが乗ることになっているはずです。


P1030757

P103076113時は大きく過ぎていますが当然のようにパレードが始まる気配なし。そのうち、以前も見たスポンサーの宝石店のユニフォームを着た女性が6人、花を持ってまず登場してプチ撮影会モードに。周辺とは明らかに違うモデル感を漂わせる彼女たちも、ミスにもうちょとでなれなかった人たちでありまして、ミスの乗るフロートの両サイドを歩いて行進します。


P1030762

P1030766さてさて、今回はここでボーッと待っていても仕方ない、ということで、ワットインペンの中がそんなに混雑していない様子だったのでちょっと見てみることに。パレード前には←こちらのお堂で参加者がお祈りを捧げて仏像を車に乗せるまでのセレモニーが行われるのですが、その準備の間も一般の参拝者パレード観覧者も自由にお寺に入ることはできまして、お堂の脇で出番を待っている参加者とか、こうしてお堂に入っていくミスの皆さんの様子とか、こういうのも全くの観光客でも規制などなく、邪魔さえしなければ国営テレビのカメラの横で撮影可能。さすがにまだまだラオスはおおらかです。


P1030768だから、彼女の向こうに写っている人は、半分スタッフ、半分は一般人です。


で、このあとパレード、ということになるわけですが、例によってと言うか何というか、話が長くなるので本編に入る前にその1は終了です。


なお、ワットインペンの中の様子をいくらか動画で撮っていますので、リンクを載せておきます。


(この項つづく)



Pee Mai Parade 2015 in Vientiane - Pre-parade Ceremony
YouTube: Pee Mai Parade 2015 in Vientiane - Pre-parade Ceremony



2015年4月14日 (火)

[ラオスのベタな平日]Vientiane CenterがUltimate Lifestyleを提供していた件

Storm02サバイディーピーマイ。もう世の中はピーマイなんですが、出遅れていたその前のネタを少々。


先週の金曜日、ビエンチャンではもうピーマイ直前、オフィスも週明けには休暇を取る人も多いため、内輪のパーティーをこの日の午後に行っている所も多かったですね。うちのオフィスも、川沿いの某レストランのスペースを借りてパーティーをやっていたのですが、それが終わって日没近くなってきた頃から空がにわかに曇りだし、結構凄い風が吹き出し、さらに雷雨。ひとしきり約1時間、かなり荒れました。


でその後中心部の様子を見に行ったのですが、←こちらの写真非常に暗くてわかりにくいと思いますがタラートサオのバスターミナル内でありまして、国際バストかが出て行く通路になる場所に大きい木が倒れかかってしまっていました。まあこの時点でバスターミナルは営業終了している状態ですから翌朝までに撤去できていたら大勢に影響はなかったろうと思いますが。



Storm03で、うちへ向かうバスはもうないので、とりあえず周辺の様子を確認してからトゥクトゥクを拾おうと思ってクービアンを東に行くと、これまたよくわからない写真になってしまっていますが、オープンしたての中国様仕様のビル、Vientiane Centerがこれまた見事に停電しちゃっているじゃないですか。本当に非常灯しかついていなくて、営業できる状態では全くない。まだまだ本来は営業時間中なのに、そもそも結構営業中でも人少なそうな建物内がすっかり閑散としてしまっている様子。


でもまあ、こういう時こそ中の様子をのぞきに行ってしまうのが BBRさんのいやらしいところであります。


Storm04

Storm05中はといいますと、いわゆるブランド系の店が並んだ、逆に言うと普段使いしにくい店舗が右側にずらっと入っており、奥にどうやらスーパーが入っているようなのですがその実態がよくわからず、それならノンカイでTescoとか、Tops Marketとか、わかっている店に行くだろうし何もそんな奥まった存在のよくわからない店に人が集まらないよな、と一目で思う内容となっておりました。それが停電でオペレーションが止まってしまっているので余計にオープン直後ながらすでに侘びしさを感じさせます。


で、暗い壁に貼ってあるポスターのフレーズが、The Ultimate Lifestyle。なるほど。電気も来てないけどそれが却って究極のライフスタイルを提案してるのか。みんな無駄な買い物しないで、デカイ建物に頼らずエネルギーを使わず、どや。


手持ちぶさたにしているスタッフのお兄さんに、「これこそUltimate Lifestyleやな」と軽めに言ってあげたら、気の抜けた笑いを浮かべておりました。残念ながら、ビエンチャン近辺に、こういう建物がこれからまだ幾つも建つ予定なんですよね。




2015年4月12日 (日)

ふと何を思ったかブログのデザインを変えてみた件

さて、ラオスはピーマイ水戦争前の束の間の静けさ、っちゅう感じの日曜日なのですが、当ブログはBBRさんもすっかりTwitterやる合間に思いついたらちょっとエントリする、みたいな扱いにしてしまっていて若干申し訳ないような気にもなっているのですが、それはともかく、


ずーっと大阪市中央公会堂バックにしていたブログのデザインを、変えました。


タイトルの下の説明書きが結構読みにくいことに今更ながら気がつきまして、それが変更の理由。特に何か心境の変化とかいうことではございません。あと、Twitter紹介のひと言も見えるように、というのはあったりしますが。


ま、そういうとこです。





2015年4月 6日 (月)

[101歳]すごい、すごすぎる。

もちろん、キングカズのように、プロとしての年齢の限界に挑戦し続けている人も凄いわけですが、この方のように80歳から始めてここまできてしまった、というのも本当に凄いわけで。







最近は100歳過ぎてもご存命の方も増えましたし、それもこれだけ「お元気」という言葉でくくるのも失礼な雰囲気の方もいらっしゃる時代になりました。人の能力というものはいくつになっても伸ばせる可能性があるものだ、ということを教わることにもなりますし、何しろこの写真のお姿の若々しいこと。どこから見ても100歳越えという風には見えませんね。


なお、記録は1時間15分54秒ということで、それだけ泳ぎ続けるだけでも凄いことだな、と思いつつ、でもかえって水中の方が楽だったりするのかも知れませんね。105歳までは、なんて言わずに、科学の常識を覆すぐらいのところまで楽しんでいただきたいな、と思います。