« 50年前にサッカーチームと消えた旅客機、アンデス山中で残骸発見 | メイン | [ラオスのベタな平日]パクソンでコピルアク »

2015年2月17日 (火)

[ラオスのベタな平日]Pakseは結構変わっていたような

というわけで、久しぶりに「ベタな平日」、パクセからです。


Pkz01VTE-PKZのQV朝便はしばしば出発時刻が変わるのですが、現在QV305のVTE発は6:00。早い。朝イチのフライトは基本遅れないので、さらにチェックインがギリギリだと出てしまっている、というケースも時々聞くので、まあ5時そこそこには空港に着いておく必要がある、というわけで、もう4時起きぢゃないですか。これも昼前便が満席だったもので仕方なく、眠い体をムリヤリ起こしてやってきましたら、チェックインを済ませてセキュリティに入る前のパスポートチェックのところに←こんなのがちょこんと座ってたりしまして、こんな首都の空港滅多にないよなと心癒されつつ、何年ぶりかのPakseです。


Pakseの空港は、A320も発着するようになっていて滑走路は拡張されていますが、ターミナルは古いまま。ルアンプラバンのようにグレードアップするのはまだ先なんでしょうね。ともかく、恐らく2010年1月のブログエントリ以来のPakseは、と言いますと。。。



Pkz05結構雰囲気賑やかになっているじゃないですか。


道路もいくらか拡張され、タイ系ベトナム系の商業施設もいろいろと増え、ラオス第二の都市、南の要衝としての活気がそれなりに漂っていますね。まあざくっと見る限り、おおむねラオスクオリティにはなっているようですが。


市内回ってみると、役所が並んでいる辺りは変わっておらず、できたときは随分いい感じだった川沿いのエラワンホテルはどうやら勢いをなくしているらしく、そういった浮き沈みみたいなものはあるみたいですけどね。


Pkz02

Pkz03今回は、かつての常宿だったスタジアム近くのレジデンスではなく、日本橋のたもとにあるChampasak Grand Hotel。パクセでは一番のランドマークホテルですが、コーポレート料金なので結構安く泊まれまして、まあ必要十分な設備にまあまあ美味しい朝食にと一応中身には文句はありません。部屋の窓からはメコンと日本橋、そして道路向かいにはいわゆる「ダオフアン御殿」が。何じゃこれ、という感じの豪華な見た目ですが。儲かってるんでしょうね。


Pkz04やはりこちらは、この時期のビエンチャンと比べると日中の暑さが一段違いますね。朝晩は大して変わらないのですが、昼間は35度近くまで上がるので歩きにはあまり適しません。というわけで←こちらの日本橋は早朝、このエントリのとき以来5年余りぶりに歩いて渡っておりました。日の出から7時頃であれば、川を渡る風は若干肌寒いぐらいで、往復30分少々の歩きでも汗をかくことはほぼありません。


こちらへはあくまでも業務でやって来ているのではありますが、その辺は当然の如く割愛しまして、もう1本、ちょっと涼しい所の話を次のエントリで。





トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/33168335

[ラオスのベタな平日]Pakseは結構変わっていたようなを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。