« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

[射殺]ロシアでは、よくあること?

ロシアって少々こういう事があっても大して驚くことがないよな、と思ってしまうのは、私の感覚がマヒしてしまっているからでしょうかね。






これもなかなかに強烈な事件ではありますが、いかにもロシア的な対立者の消し方でありまして、そこは中国の大がかりなあれとも違い、中東とも違い、何ともロシアっぽいやり方なのであります。


対立者は撃たれ、インサイダーの裏切り者は違うやり方 で始末されることもある。まあ誰がどう指示をしてどうなったか、というのはとりあえず闇の中、わかっているけどわからない、ということで。そこらへんもロシアっぽいのですよ。


よその国から何を言ってきてもしれっとしたものですし、これからも同じような動きがあれば続くでしょうね。




2015年2月23日 (月)

[ラオスのベタな平日]ラオ日本橋を上から見てみる

さてさて、[ベタな平日」もとうの昔に終わって既に日本で日曜日の深夜になっているのではありますが、Twitterにて宣言しておりました件をアップしておかないと気持ちが悪いということで。


Pkz101場所は引き続きPakse。今回はメコン沿いのChampasak Grand Hotelに泊まったこともあって、もうかれこれ5年余り前にエントリにした「日本橋」も近い、というのはいいが雨も雷もないのに未明から客室停電て何やねん、と。まあその辺はまだまだなようですね。


でまあソレは仕方ないと諦めることにして、バンコクとほぼ同じ緯度のPakseはビエンチャンよりもさらに暑くて2月中旬でも日中は35度ぐらいになるのですが、幸い朝晩は結構涼しい。さらに橋の上は風が抜けてさらに涼しい、ということで、車が多いのは多少難ですが往復30分余り、朝のウォーキングにはちょうどいいのであります。


Pkz100Pkz102今年で完成から15年になるこの橋、Pakseの交通にはなくてはならないインフラになっております。かつては有料だったのですが、今は料金所の跡が残るのみです。


で、橋を左岸から右岸側へ渡っていきますと、向こうの山にいやでも見えてくるのが大きな金色の仏像。最近建てられたっぽいのがハッキリ目立ちますし、あそこからなら下の見晴らしも良さそう、というわけで、ちょびっとしんどそうかな、とは思いつつ、それなりに時間もありそうだったのでそちらを目指して橋のさらに先へ。


Pkz103すると、橋を渡ってその山から降りてくる車道が左側から合流する場所に食堂売店が並ぶちょっとした広場がありまして、その反対側が石段で上に行けるようになっています。これは明らかにあの仏像さんへの登り口。ということでありまして、少々気合いを入れつつ、早速歩を進めるのでありますが。。。


登りだしてまず軽く後悔してしまうのでありますよ。とにかく、




Pkz104Pkz105石段めっちゃ急。



登りの写真でもわかるとは思いますが、下りだと下がよくわからないぐらいの急な石段、そのうえ段差が一定ではなくてさらに足場が狭いと来ています。この先もそうなんですが、距離はそんなにないものの、ここはヘタして転ぶとかなりやばいですから、しっかり歩ける格好で行くべきです。あと、無理して一気に登ろうとするとかなりしんどいですので。それから水のボトルは1本必ず持っておきましょう。早朝でも短時間でかなり汗をかきますし、暑い時期、時間帯だと結構きついと思います。


Pkz106さて、ともかく朝の起き抜けに単なるウォーキングのつもりで特に用意せずに歩いてきたことを若干後悔しそうな石段を200段余り登り切ると、小さな仏像のある広場に着きます。よく見るとさらにその奥に道が続いており、先の方が木の階段状の道になっているのがわかります。ちょうど金の仏像のある辺りからすると中間まで登った格好になっているので、まずはこの地点で下の眺めを確認して、ひと息入れてからさらに先へ進みます。




Pkz107Pkz108先の道は最初のうちは緩い登りなのですが、少し行ったところから斜面が急になります。ここも渡してある板の段差が不規則、板も細めで角度も一定ではなく、手すりはずっとついていますがところどころグラグラします。今のところ板そのものはしっかりしていますので特に問題はありませんが。


でまた一気に行くには結構きつめの坂を登り切ると道が緩やかになり、ようやく、←この仏像さんの姿が間近に見えてきます。あとはもう少し木の階段を上れば到着です。まだ台の部分は若干工事していますが。


Pkz109でここから見るラオ日本橋ですが、写真は曇りの日に見ているので色が地味になってしまっていますが、右岸の上から橋を望むのはなかなかの見晴らしです。


橋の左岸側から右岸側に渡り、登り口からこの眺望に至るまで片道35~40分。Champasak Grand Hotelを出て往復して戻ってくるまで80分ほどかかります。日本橋はPakseの中心部からは若干離れていますし、ちょろっと散歩と言うにはちょっと長い距離、でまあ距離の割には結構きつ目の道ですので、ちゃんと歩けるような格好で行きましょう。軽い気持ちで登ろうとすると私のようにいくらか後悔するかも知れません。


でも、この上からの眺望(一応車道もついています)には相当値打ちはありますので、機会があれば気合いを入れて登ってみて下さいね。







2015年2月17日 (火)

[ラオスのベタな平日]パクソンでコピルアク

というわけで、連投エントリの2本目は、今回パクセに来た主用件の後の話です。


パクセから国道16号線を東進し、Daoの工場を超えてずんずん標高を稼いでいくとボラウェン高原(この地名も表記がかなり難しく、ボロベン高原などいろいろな書き方がなされていますが、ここではこうします)の懐に入っていきます。小一時間走ってkm30辺りに達すると、道の両側に庭でコーヒー豆を乾燥している家が並ぶようになります。さらに進んでkm50を若干過ぎたところが、ラオスではコーヒーの代名詞と言って良いPaksongです。


Paksong01あっという間に着く気がするのですが、その間にドーッと1000mほど登り続けていますので、こちらでの気温はPakseよりもかなり低く、また高原地帯独特の霧やにわか雨もよくあるので、さらに気温が低めになり、昼前に着いたときの気温は21度。下界より10度近く涼しいです。霧を含めたこういう気候が、コーヒーに適しているということでもある訳ですが。


←こちらに垣間見える高台のホテルでとある協議、というのが今回の用事でありまして、晴れたり曇ったりの状況のままその用事が終わり、昼食も済ませての昼過ぎ。Pakseにスッと戻ってもいいわけですが、ここでせっかくなのでコーヒー飲んで行こう、ということになりまして、国道筋に戻ります。


Paksong02

Paksong03立ち寄ったのは上のホテルからほど近いお店。何の変哲もないようなローカルのコーヒー屋、という風情なのですが、ホワイトボードに目をやりますと、その隅っこの方に、「コピ・ルアク」の文字が。



その名前に覚えがなくても、「主にインドネシアで作っている、コーヒー豆をジャコウネコに食べさせて、その糞から消化されていない種子を取り出して(もちろんきちんと洗浄して)焙煎するというやつ。独特の香りと味わいがあり、生産量が限られているためなかなか飲める機会がないという話も聞くのですが、こんなところにあるんですね(豆も売ってて100gで20万Kipですと)。


Paksong04

Paksong05_3で、テーブルをみると、あ、こんなやつなの、という感じのものが容器に入っていたりしまして、もちろんこれを取って、ではなく焙煎された奴を使う訳ですが、結構年季の入ったパーコレーターの音にちょっと期待してしまいます。


←こんな娘が淹れてくれるわけですので、不味かろうはずがないわな、と一応言っておきつつ、出てきたのはもちろんながら見た目は普通のコーヒーと全く同じ。ただ香りが随分と柔らかな印象です。




Paksong06同じように淹れてもらった普通のコーヒーと並べてみたのですが、比較すべくもなく味が随分と違います。コピルアクは酸味が少なく、きつくはないがしっかりした苦みがきれいに広がるという感じ。香りも穏やかに入ってきます。この店で普通のコーヒーの4倍の値段がするのでありますが、ネタとしてだけでも十分値打ちがありますし、おそらく日本のどこかで飲めたとしてもその値段では絶対に飲めないでしょうね。


なお、コピルアクはもともと、マレージャコウネコの野生種が栽培されたコーヒー豆を結構好んで食べるのに種子が消化されないというので、どこかの勇気ある人がその豆を焙煎してみた、というのが元であるようですが、ベトナムでも作られていたらしく、その流れでラオスでも一部の店では手に入る、ということであるようです。こちらの店でもいつもある、という訳ではないらしいですね。




[ラオスのベタな平日]Pakseは結構変わっていたような

というわけで、久しぶりに「ベタな平日」、パクセからです。


Pkz01VTE-PKZのQV朝便はしばしば出発時刻が変わるのですが、現在QV305のVTE発は6:00。早い。朝イチのフライトは基本遅れないので、さらにチェックインがギリギリだと出てしまっている、というケースも時々聞くので、まあ5時そこそこには空港に着いておく必要がある、というわけで、もう4時起きぢゃないですか。これも昼前便が満席だったもので仕方なく、眠い体をムリヤリ起こしてやってきましたら、チェックインを済ませてセキュリティに入る前のパスポートチェックのところに←こんなのがちょこんと座ってたりしまして、こんな首都の空港滅多にないよなと心癒されつつ、何年ぶりかのPakseです。


Pakseの空港は、A320も発着するようになっていて滑走路は拡張されていますが、ターミナルは古いまま。ルアンプラバンのようにグレードアップするのはまだ先なんでしょうね。ともかく、恐らく2010年1月のブログエントリ以来のPakseは、と言いますと。。。



Pkz05結構雰囲気賑やかになっているじゃないですか。


道路もいくらか拡張され、タイ系ベトナム系の商業施設もいろいろと増え、ラオス第二の都市、南の要衝としての活気がそれなりに漂っていますね。まあざくっと見る限り、おおむねラオスクオリティにはなっているようですが。


市内回ってみると、役所が並んでいる辺りは変わっておらず、できたときは随分いい感じだった川沿いのエラワンホテルはどうやら勢いをなくしているらしく、そういった浮き沈みみたいなものはあるみたいですけどね。


Pkz02

Pkz03今回は、かつての常宿だったスタジアム近くのレジデンスではなく、日本橋のたもとにあるChampasak Grand Hotel。パクセでは一番のランドマークホテルですが、コーポレート料金なので結構安く泊まれまして、まあ必要十分な設備にまあまあ美味しい朝食にと一応中身には文句はありません。部屋の窓からはメコンと日本橋、そして道路向かいにはいわゆる「ダオフアン御殿」が。何じゃこれ、という感じの豪華な見た目ですが。儲かってるんでしょうね。


Pkz04やはりこちらは、この時期のビエンチャンと比べると日中の暑さが一段違いますね。朝晩は大して変わらないのですが、昼間は35度近くまで上がるので歩きにはあまり適しません。というわけで←こちらの日本橋は早朝、このエントリのとき以来5年余りぶりに歩いて渡っておりました。日の出から7時頃であれば、川を渡る風は若干肌寒いぐらいで、往復30分少々の歩きでも汗をかくことはほぼありません。


こちらへはあくまでも業務でやって来ているのではありますが、その辺は当然の如く割愛しまして、もう1本、ちょっと涼しい所の話を次のエントリで。





2015年2月11日 (水)

50年前にサッカーチームと消えた旅客機、アンデス山中で残骸発見

何というか、良く見つかったなあ、という印象です。5,60年前だと航路を外れた飛行機がどこに消えていったとかいうのを正確に捉えるのも難しかったでしょうし。今でさえ場合によっては極めて困難なのですから。





それにしても、1950年代から60年代初めあたりは、乗客数は少ないけれど時代的に重要な人を乗せた飛行機が悪天候やら何やらで墜落して、その世界で重大な損失をもたらす、というケースがいろいろある、というのは私もかつての音楽系エントリで書いてましたが、ここでもDC-3がやってしまってましたか。


まあその、こういう痛ましい事故の積み重ねの後に現在の安全性と利便性の高い飛行機が生まれている訳ですが。それでも事故がなくなるわけではないですね。




2015年2月10日 (火)

[バンコクのベタな平日]知る人ぞ知る両替所、だったのに

さてさて、こちらは先週後半から「ベタな平日」に移行してしまっていたのでありますが、この週末は仕事がらみの件があってバタバタしていたため、ようやく先週のネタをエントリです。


それにしても、先週木曜日の関空(金曜日に乗った人も言ってましたが)の混み様はかなりのもので、チェックインしてさてセキュリティへ、と思ったら長蛇の列。普通に混雑してるかな、というときだと北側ならズラーッと並んで関空直営両替ショップの前ぐらいなのですが、そこをさらにカウンター1列分抜けてその先にさらにカーブをつけてぐるっと列が回り込んでいて、これセキュリティを通るだけで何分かかるんや、と少々焦るぐらい。今年はまだ春節前のはずなのにこれはかなりのものです。BKKへのTGもA380がぎっしり満席でしたし。何なんだいったい。


まあともかく、BKKのイミグレが意外にそれほどめちゃ混みでないのでホッとしつつ、国内線(ウドンへのThai Smile)のチェックインを済ませ、そう言えばバーツがだいぶ減ってきていたのでここは両替、とB1階へ向かったのであります。


円からバーツへの両替レートが日本の両替所では恐ろしく悪いのはよく知られていますが、スワンナプーム空港の両替所もそう大差ないぐらいで、市中で替えるのと比べて5%以上不利です。だからどうしても必要な金額を両替する以外はそこではお勧めできないのですが、唯一、空港ビル内でもB1のエアポートレイルリンクの乗り場に向かう入口にあるKasikornの両替所だけは、(恐らく空港の敷地境界のわずかに外にあるからだと思うのですが)ほぼ市中での交換レートと同じなので、普段ここを利用していたのです。


Bkkbk01ところがところが、今回その両替所に行ってみると、


何と空港内レートに合わされてしまっているではないですか。


恐らく何らかのクレームがあったのだろうと推察しますが、わざわざ空港内の看板で宣伝までしていたのに、これではもう値打ちがまったくない。。。 ウドンの空港の店は閉まるのが早いし、しゃーないとは言え困ったもんです。






2015年2月 3日 (火)

[Super Bowl XLIX]久々の「1ydの勝負」

さあ、いよいよ今年もSuperbowlがやってきました。Phoenix Univ.のスタジアムは最高のコンディションで試合を迎え、しかし日本時間ではちょうど出社時間ぐらいから始まる試合。今日はもう会社に行ってからはニュースサイトも開かず、Twitterも覗かず、情報を見ないで録画を頭から、と思ったらこういうときに限って帰りが遅くなって、いくらか早送りしながら、ケイティ・ペリーのハーフタイムショーもすっ飛ばしてまずは試合を確認と。



前半から互いの持ち味が出た試合。NEはレギュラーシーズンで結構不安の出たOLがなかなかよく踏ん張って、あとはBradyと職人集団、みたいなオフェンスがじっくりボールを進めていくというパターン、さすがにSEAのDBのカバーの良さに、一度はゴール前でのINTが出ましたが、その後はしっかりボールをコントロールして2TDに持って行くあたりさすがと言えるでしょう。2つめのGronkowskiがどうやっても相手に追いつかれないミスマッチを活かしたパスを受けるシーンなどはいかにもというプレイ。一方のSEAは序盤こそLynchのランが出ずにちょっと詰まった感のある攻撃でしたが、2Qに入って彼ららしいビッグプレイが飛び出し、前半残り6秒のTDなんかは見事にNEの隙をついたドライヴで、彼らでないとなかなか思い切って取れないようなプレイだったように思われます。14-14ととても面白い展開で後半へ。



後半最初はロングパスが通るもレッドゾーンでのランが決まらずFGのSEAに対して、同じような形でコツコツ攻めようとするNE、しかしGronkowskiへのパスにWagnerが絶妙の反応を見せてこの試合2つめのINT。ここでWilsonのMobilityとLynchのランが一気に勢いを増し、最後はBaldwinが完全にフリーになってのTD。続くオフェンスもHoldingが効いてしまって3 and out。3Qがそのまま終わり、この時点で流れは完全にSEAのものになった、ように見えました。



しかし4Qに入り、NEはNinkovichのサックで流れを取り戻し、Amendolaへのパスで3点差、一瞬離れかけた試合がまたきわどい展開に戻ります。



この時点で残り8分弱、NEは続くSEAの攻撃を3 & Outで止め、ペナルティもGronkowskiの凄いレシーヴで帳消しにして、Bradyはパス成功回数のSB Recordを作って、ボールと時間を進め、最後は鉄板のルートでSluntへのカバーを外したEdelmanへ。残り2分で4点差。しかしこの場所であのNYGのドライヴがあったのと同じ点差。さてさてどうなるか、というところ。



SEAはLynchが見事なキャッチで敵陣に入って2分を切り、ここでKearseがTipしたボールを倒れた状態でいろいろと体の部位に当てながら落とさず手に収めて1st & Goal(これがOKならいつぞやのDezのキャッチがIncompleteなのは納得がいかない気がしますがまあそれはそれとして)。Lynchが走って残り1yd。そしてWilsonがSluntで入ったLocketteにパス、しかしそこにエンドゾーンから走り込んできたButlerが一瞬のPenetrationでINT。これであっけなく試合が終わりました、いや、本当は次のNEは自陣1ydでKneelできない場所でしたから、2点差で数秒間ボールを得る可能性はないことはなかったのですが、そこでオフサイドをやってしまって万事休すです。



Brady01最後まで本当に息の抜けない試合で、これでこそSBという面白さでした。あの場面は残り1yd、いや0.5ydsの攻防、NEはあそこでタイムアウトを取らずに最後の最後に守り切る覚悟で行ったということなのでしょうが、ともかく試合全体を通じて両チームとも持ち味を十分に出し、ここではNEの職人技がほんの少しだけ上回った、ということでしょう。本当に紙一重の勝負だったと思います(あのINTのプレイコールが相当叩かれているようですが、確かにあそこであのパスか、とは思いましたし、Lynchに行かせた方が確率は高かったように思いますが、止められたときの時間的プレッシャーとか、いろいろ考えはあったのでしょう。そこもBelichikの微妙なセンスが上回ったということでもあるのでしょうかね。



こうして、今年も第一シード同士の対戦となったSuperbowlは、BradyとNEが4回目の制覇、そしてあのPerfect Seasonを破られたときのリベンジを果たした、ということで幕を閉じました。来季は記念の50回目となります。SEAの強さもとても印象に残った今季を見ると、DALにここへ20年ぶりに戻ってきて欲しいがさてどうかなあ、という気もしてしまいますが、ともかく今季の「NFLモード」も終了です。またポストシーズンの動きがあればちょこっとエントリするかも知れませんが。






http://kawanohate20.blog.fc2.com/blog-entry-909.html
http://krimshow.blog56.fc2.com/blog-entry-3521.html