« [NFLモード]終戦です | メイン | [訃報]斉藤仁さん54歳 »

2015年1月19日 (月)

[ラオスのベタな休日]ビエンチャンの小ネタ集

さて、エントリ中にNFLモード方面ではChampionshipのとんでもない試合があったりしているのですが、それはひとまず置いといて、「ベタな休日」にちょっと確認してきた小ネタをいくつか。


Vte0117_01ビエンチャン中心部にあるストゥーパ、タートダム。以前、夕暮れ時の雰囲気がいい、というエントリをしたこともありましたが、個人的に、この塔の真ん中当たりにもそもそっと生えている草、というのも結構好きだったりするんですよね。


で、このタートダム周辺は普段は観光シーズンでも中心部とは思えないほど静かなエリアなのですが、通りがかるとその東側にバイクがびっしり。


以前もエントリしたことがありますが、ビエンチャンのアメリカ大使館の移転新築が完成し(タードゥア通り、ビアラオ工場の少し手前)、昨年11月から領事部が移転し、その建物の解体に入っている状況です。しかしこういう建物の工事は、セキュリティの観点から全て資材は本国チェック済みのものを持ってきて、建設も自国の事業者を使う他ありませんから、時間も随分かかってしまうものですね。


その跡地はどうなるのでしょうか。


Vte0117_02さて、所は若干変わってラオプラザやや西寄りの文化会館、こちらは中国様の手による改装工事がぼちぼち終わりかけている様子ですが、その西向かいにあるHISの入っている建物、その下は西洋系のレストランでしたが、ここに新宿のバー「どれすでん」が11月に入ってきて営業しています。


オープン直後に私も行きましたが、ここは日本のちゃんとした雰囲気を作ろうとしている感じ。ローカルの従業員の教育はまだまだこれから、という印象でしたが、お酒も食事も日本で飲食できる雰囲気に近く、2階に個室もありますので、大人の接待にも使える店だろうと思います。


Vte0117_03一方で残念ながら閉店するところも。←こちらはその「どれすでん」から50mほど西、ヘンブン通りの飲食店が並ぶ中で独特の存在感を示していた「Yulala Cafe」です。日本人オーナーが体に良さそうな安心して食べられる洋食を提供してくれていたのですが、このたび日本に帰られることになったそうで、1月末で閉店とのこと。


ここの塩豚のソテーが私は結構好きで、そうしょっちゅう行く訳ではありませんが、行けばかなりの確率でそれを注文していました。日本人だけではなく、西洋人客もかなり多い(ローカルの人にも結構知られていた)店でして、閉店を残念がる声もかなり多いですが、こればかりはやむを得ないところですね。









Vte0117_04もう一つの小ネタは、タラートサオのバスターミナル。よく利用するDongpamai行きのバスの乗り場に行くと、あったはずの屋根がなくなってる。


これは以前から言われていた、バスターミナルの拡張(立体式にするとか言われているやつ)。実際、JICAの新型バスが入ってきたこともあってこのターミナルはかなり手狭になっているのは間違いなく、手は打たなければならなかった訳ですが、工事中は代替のターミナルが必要になりますし、そのスペースはどこになるのか?というのは利用者としては若干不安なのであります。まあ最終的に利便性が高まればいいですが。あと、せめてもうちょっと最終を遅くして欲しいんですけど。





トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/33131027

[ラオスのベタな休日]ビエンチャンの小ネタ集を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。