« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

[スカイマーク]A380だけが問題ではなく

結局ここに至るまで一度も乗る機会がないのではありますが、日本の航空市場自由化の一つの象徴でもあったスカイマークの破綻は少し前から囁かれていたものでもあり、とうとう来たか、という思いがします。




いわゆるLCCの競争が激化し、先発のスカイマークがそのLCC競争の中で浮いた存在になってしまった感は否めません。価格で対抗するには同一機種での運行でベースのコストを下げるのがまず第一段階でありましょうが、その競争に乗らずに高級化とか、A380を入れる前のA330導入とか、そっちへ行くか?と正直思う選択をしていたように思います。アテンダントの制服で攻めると言ったって、一時の話題(多少炎上商法に近い気もしましたが)にはなってもだからこっちを選ぼう、という動機にはならなかったはずですし、大型の機材導入のリスクをもろにかぶってしまったこともありそうですね。大手との争いを正面から勝ちきるほどのパワーを持ち得ないまま推移してしまったのがこの結果に結びついたのでは。


既に日本でもこの業界の競争は別のフェーズに入っているように思われます。その間でどうも中途半端な動きをしてしまった感のあるスカイマーク、次はここの持っている発着枠のつつき合いになるのでしょうかね。





2015年1月22日 (木)

[NFLモード]横綱相撲と大逆転と

というわけで、DALが敗れた後でもめちゃくちゃ面白い試合だったNFCのChampionshipでしたが、こちらはもうラオス時間の未明から試合の真ん中辺りは多少寝ながらLive中継を見つつたいがいつぶやいたので実はもうあんまり言うことがないんですよね。やはり結果論であってもRodgersのケガの影響でプレイコールの範囲が限られてしまっていて、特にレッドゾーンでの幅がなかったのが第一ではないかと。FGは取っていたけれどあれだけ前半相手のミスにも助けられてペースをつかんでいたのに3 Pos. GameにできなかったのがSEAの勢いを消しきれなかった大きな原因だったでしょうね。逆転されてからFG取ってOTに持ち込む執念は流石ではありましたが。


SEAはほとんどHomeであることで逆転できたような気がする不思議な勝ち方。TO5つ喫してChampionshipに勝ったなんてのは30数年ぶりらしいですが、それほどとちゅうまではかなりグダグダな流れでした。これでSBをどんな風に戦えるのか、また相手がNEですから、まともにいくとちょっとな、という気はしますけど。


そのNEが大勝したAFCですが、これはもうFoxboroで先制されたINDが、VinatieriのFGが50yds超とは言えあんまりなハズレ方をした時点で試合の流れが固まってしまったということかと。INTから長いドライヴで1TDを返しはしましたが、そこからはほとんど何もできないまま終わってしまった格好。NEはプロテクションもほぼ万全でまさに横綱相撲的な勝ち方。しかし、だからといってSBで同じ勝ち方ができるとも限らない訳で。INDは特にレギュラーシーズン終盤にDALに負けた試合など、思わぬミスをきっかけに全く力が出ずに敗れる試合もありましたから、そこら辺がこの大事な試合の前半に出てしまったとも言えるのでは。


というわけで、個人的には強さはともかく心情的にはあまり好みではない(失礼)チーム同士のSBになったわけですが、まあ、最後まで楽しめる試合を期待しましょう。








2015年1月21日 (水)

[訃報]斉藤仁さん54歳

いわゆるアウェイ戦であったソウル五輪、山下氏が現役を退き、重量級の名実ともにトップになり、最重量級となった95キロ超級の連覇を目指した五輪で、軽量級から細川、古賀らの有力どころが次々と敗退し、当時としては(今起こってもそうでしょうが)信じがたい金メダルどころか決勝進出もゼロという状況の中、最後の最後に登場するという異様なプレッシャーを乗り越えて金メダルを得た場面は記憶に残っています。





ロス五輪での金メダルからソウルに至るまでの間にも、ソウルで行われた世界選手権で韓国選手の反則で大けがを負い、その後もケガに泣かされてピンチに立たされながらも、山下引退後の全日本を制して代表に復帰し、あの金メダルにつなげた、東北人らしい我慢の歴史がある訳です。


若い方には指導者として五輪などの柔道場のコーチ席から指示を送っている姿の方が印象に残っているのかも知れませんが。


胆管ガンは全般に早期発見が難しく、治療も難しいもののようです。それにしても50代半ばとは早すぎます。もと中日(阪神にもいたがやはり中日の印象が強い)の大豊氏が先日白血病との闘病ののち亡くなりましたが、アスリートが若くして亡くなってしまうのもとても悲しいものがあります。


謹んでご冥福をお祈りいたします。





http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/52149522.html

2015年1月19日 (月)

[ラオスのベタな休日]ビエンチャンの小ネタ集

さて、エントリ中にNFLモード方面ではChampionshipのとんでもない試合があったりしているのですが、それはひとまず置いといて、「ベタな休日」にちょっと確認してきた小ネタをいくつか。


Vte0117_01ビエンチャン中心部にあるストゥーパ、タートダム。以前、夕暮れ時の雰囲気がいい、というエントリをしたこともありましたが、個人的に、この塔の真ん中当たりにもそもそっと生えている草、というのも結構好きだったりするんですよね。


で、このタートダム周辺は普段は観光シーズンでも中心部とは思えないほど静かなエリアなのですが、通りがかるとその東側にバイクがびっしり。


以前もエントリしたことがありますが、ビエンチャンのアメリカ大使館の移転新築が完成し(タードゥア通り、ビアラオ工場の少し手前)、昨年11月から領事部が移転し、その建物の解体に入っている状況です。しかしこういう建物の工事は、セキュリティの観点から全て資材は本国チェック済みのものを持ってきて、建設も自国の事業者を使う他ありませんから、時間も随分かかってしまうものですね。


その跡地はどうなるのでしょうか。


Vte0117_02さて、所は若干変わってラオプラザやや西寄りの文化会館、こちらは中国様の手による改装工事がぼちぼち終わりかけている様子ですが、その西向かいにあるHISの入っている建物、その下は西洋系のレストランでしたが、ここに新宿のバー「どれすでん」が11月に入ってきて営業しています。


オープン直後に私も行きましたが、ここは日本のちゃんとした雰囲気を作ろうとしている感じ。ローカルの従業員の教育はまだまだこれから、という印象でしたが、お酒も食事も日本で飲食できる雰囲気に近く、2階に個室もありますので、大人の接待にも使える店だろうと思います。


Vte0117_03一方で残念ながら閉店するところも。←こちらはその「どれすでん」から50mほど西、ヘンブン通りの飲食店が並ぶ中で独特の存在感を示していた「Yulala Cafe」です。日本人オーナーが体に良さそうな安心して食べられる洋食を提供してくれていたのですが、このたび日本に帰られることになったそうで、1月末で閉店とのこと。


ここの塩豚のソテーが私は結構好きで、そうしょっちゅう行く訳ではありませんが、行けばかなりの確率でそれを注文していました。日本人だけではなく、西洋人客もかなり多い(ローカルの人にも結構知られていた)店でして、閉店を残念がる声もかなり多いですが、こればかりはやむを得ないところですね。









Vte0117_04もう一つの小ネタは、タラートサオのバスターミナル。よく利用するDongpamai行きのバスの乗り場に行くと、あったはずの屋根がなくなってる。


これは以前から言われていた、バスターミナルの拡張(立体式にするとか言われているやつ)。実際、JICAの新型バスが入ってきたこともあってこのターミナルはかなり手狭になっているのは間違いなく、手は打たなければならなかった訳ですが、工事中は代替のターミナルが必要になりますし、そのスペースはどこになるのか?というのは利用者としては若干不安なのであります。まあ最終的に利便性が高まればいいですが。あと、せめてもうちょっと最終を遅くして欲しいんですけど。





2015年1月13日 (火)

[NFLモード]終戦です

今季開幕の頃、そしてWeek1のあの悲惨な負け方、DFの要が2人消えて、世間の評価も「今年は8勝8敗はないやろ(5勝もしたらええとこ)」という評価も結構強かったDALが、こうしてみると地区優勝もして、2試合余計に楽しませてもらえたのですから、まあよく頑張ったと言えますね。最後の試合は、あのDezのレシーヴは個人的にはCatchが成立していると思いますが、それは言うても詮無いこと。まあ結果的にはHCのコールで試合が決まった、ということにもなる訳ですが。


ともかくDALはここ数年見た目には余り面白くない補強を続けてOLを相当強いものにできましたから、数年はしっかりしたOFができるでしょう。D#も特にシーズン終盤以降、強さを見せてくれていましたが、やはりSecondaryの強化はこれから、ということで。あとは、Romoもまだ何年もできるのか、というとちょっと、ということもありますし。


本日は細かいエントリはちょっとできそうにないので、こんなところで。あとはぼちぼち楽しみましょう。








http://kawanohate20.blog.fc2.com/blog-entry-895.html

2015年1月 8日 (木)

[フランス]非常に根が深い

昨日や今日始まった対立ではないのが問題を大きくしてしまっているのであります。一つの事件への報復というわけではないのです。







今回の直接のきっかけとなった襲撃事件(まだ主犯格の2名は本エントリ時点では逃走しているようです)がかつてフランスにより植民地化されていたアルジェリアからの移民が起こしたものであるというだけではなく、地中海を挟んでの欧州とイスラム世界との対立はそれこそ1000年を越えて根深く横たわっているものであり、それが何かバランスを崩すような事象、事件によってこうした抗争的な状況に至ってしまうのであります。



銃による(彼らにとってタブーとされる形での風刺がきっかけとしてあったとは言え)ほぼ無差別な殺傷事件があったからと言って、ケバブの店なんかはそんな事件とは何の関係もないのは明白ですし、何を言っても行為を正当化できるはずものないのでありますが、これが起こってしまうと、恐らくその連鎖を止めるためには相当な力による排除が必要になるのではないかと思われます。それは中世から続く対立関係に、現代的な移民の問題が重なった複雑な感情問題として表面化するものであるだけに、簡単に片付けることができないのであります。


私なんぞには、それを遠くから「もうその辺で片付けといたら?」とつぶやくぐらいしかできないのでありますが。


(1/9追記)
それにしても、銃撃戦を逃れてさらに人質とって立てこもり、とか、この2人ただ者ではない。。。






http://krimshow.blog56.fc2.com/blog-entry-3480.html
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/52147917.html

2015年1月 7日 (水)

無理なことを言うチラシ

かつては投稿職人的なことをしていた時代もあり、広告にツッコミを入れたりとかもよくやっていたりしたのですが、そういうのも面倒くさくなりつつあった今日この頃、久しぶりにツッコミを入れざるを得ないものを見つけてしまったので画像を。


Ad0107「のめり込みに注意しましょう。」ってそんな爽やかなフォントで書かれてもあなた。。。


これを見て「パチンコに行ってものめり込むのはやめよう」と決心する人はいないでしょうし、既にのめり込んでる人には効果皆無でしょうし、見事にためにする気休めキャンペーン枠になってますな。


全日本遊技業協同組合連合会の名前で入っているスペースなので、恐らくどこのホールのチラシにもこういうスペースが設けられるのでしょうが、それにしてもねえ。





2015年1月 6日 (火)

[NFLモード]次週はNFL版「ほこ×たて」です

さてさて、WC Playoffの2日目、ここは登場する全チームがどうもPlayoffの勝利にあまり恵まれていないチーム同士ということで、何とかその辺の変なジンクスから抜け出して前に行きたいということなのであります。


まずはここ3シーズン初戦を突破できていないCINがINDに挑む試合。Week7で対戦したときはINDが完封していた対戦、しかしここの所のINDの乗り切れていない試合運びからしていい勝負にはなるだろうと思っていましたが、出だしは互いにTDを取り合い、2Qは互いに攻めきれずにFGを取り合って3点差で折り返し。


しかし後半最初のシリーズを3 & Outで終えたCIN、その後DFがプレッシャーをかけきれずにINDに立て続けに攻め立てられ、TD, FGで気がつけば16点差に。INDがものすごく強くて歯が立たない、という試合展開には見えなかったのですが、CINの一発勝負での脆さが所々で出てしまった、ということではなかったかと。Daltonも4年続けて同じような展開でいいところを出せないまま終わってしまいましたね。


これでINDはPayton兄者を討ちに@DENとなるわけですが、この対戦はWeek1に同じく@DENでやっていて、INDが終盤の追い上げ及ばず敗れています。天候的にはより厳しくなりますし、Manning不調でも勝っているのがDENの終盤です。どうしてもDEN有利の予想をせざるを得ませんが、それを覆す試合運びができるでしょうか。



2試合目はDET@DAL。DALも近年なかなかPOで勝てていない印象がありますが、DETは最後にPlayoffで勝ったのは1991年。下馬評ではDALがかなりBlowoutしてしまうのではないか、みたいなPreviewもあったりしたのですが、試合が幕を開けると2Q半ばぐらいまではDALのOFがほとんど何もさせてもらえない状態。DETのDFはもともと強いのですが、それがMurrayを出だしでピッタリと止め、RomoへのラッシュもOLを着実にかいくぐってビシビシ決めていく、一方DALのブリッツはなかなか入り込めず、Staffordにまとまったydsを稼がれてしまう。2Q終盤にやっとT.Williamsがセカンダリーの穴を突いてTDを奪いましたが、残り時間でFGを奪われて10点差で後半へ。


その後半の最初のプレイでは敵陣でINTを決め、さあこれで反撃、と思ったのも束の間、Baileyが「らしくない」FG失敗(足がプッシュアウトする方向に向いていた様子)、返しの攻撃でFGを取られて13点差と非常によろしくない展開。


ここからの反撃も、場面場面ではRomoがヒットを受けるし、不要なPenaltyはあるし、DETのプレッシャーはかなりあるしと苦しい状況であったのですが、大事な4th Downを取り切ることができて点差を縮めていきます。一方でDETはリードしている状況というのはわかるのですが、どうも後半になってプレイコールが消極的なのではないかと思われるシーンが散見され、流れを確保できない状態が続きます。典型的なのは3点差に追いつかれ、敵陣へのパスがかなり怪しいInterferenceっぽいプレイだったのがPenaltyが取り消された場面、それでも敵陣に入ったところでの4th & 1、しかしそこでGo for itの隊形をとりつつオフサイドを取りに行こうとして逆にDelayを取られ、結局パントチームを出したがパントが不発で10ydsしか前に行かず、というところ。その後、Romoが4th & 6でWittenへのパスを通し、さらにDFの肝心なところでのPenalty、一方のDALはPenaltyの後に奮起するT. Williamsをいいところで使って逆転と、上手く流れをものにした感があります。それでも時間が残っていたのですが、そこは3点差と4点差の差というのも影響したのは否めませんね。


結果だけ見ればDETは今回も勝てる試合を落としてまたしても、という結果になり、DALは決して自分たちのペースで試合をできていなかったのに結果はつかんだ、ということになりました。本当にこの辺は、プレイコールの微妙な違いだったりとか、きわどいところで決まったのではないかと思います。


というわけで、Divisional Playoffsの組み合わせが決まりました。順番に、

   BAL@NE
   CAR@SEA
   DAL@GB
   IND@DEN

という対戦です。12月から5連勝のCARがやけっぱちで気合いを入れてきたらSEAにとっても決して楽ではないと思います。DAL@GBは今季Road全勝のDALがHome全勝のGBと対戦するわけですが、問題は寒さがどのくらいか、ということ。ざっと予報を見る限りは、比較的「マシ」で摂氏マイナス一ケタということみたいですが。Championshipの対戦予想は、希望的観測を込めて、

   DAL@SEA
   DEN@NE

といっておきましょう。







2015年1月 4日 (日)

[NFLモード]かくしてSB開催地のジンクスは守られた

というわけで始まりましたNFLのPlayoff。WC初日に関してはほぼLiveの映像を見ながらつぶやいて いたのでそれ以上の感想はあまりないのですが、さすがにARI@CARの凡戦ぶりにはちょっとなあ、という印象。CARも前半は随分とミスも多くて、Halfで勝負ありにもできたような試合を後半までグダグダと引っ張る結果になってしまいましたが、それ以上にARIはQBを失い続けた今季の戦いの結末というにはあまりにも悲しい結果。Lindleyもこういう状況で戦うのは酷な状況だったのは理解できますが、やはりTotalで100ydsいかない(最後の1秒残しのところでいろいろとやって-19ydsというプレイをしたので結果的にPlayoff新記録の79ydsという数字に落ち込んでしまいましたが)というOFでは勝ちようがないと言えるでしょう。ミスも目立つ展開でしたし。もうSBに地元チームを出場させないように何かわからない力が働いているということならそういうことにしておきたいような内容でした。


CARはDALが勝てば@SEA、負ければ@GBとなりますが、やはり負け越し優勝チームなりの地力で戦っているようにしか見えません。SEAにしてもGBにしても、Roadで勝てるような雰囲気が感じられなかったのですが。


一方のBAL@PITも、PITの今季の悩みであったポゼッションはコントロールできるのにTDが取れずに苦労するという展開に自らはまってしまい、ついでに今年私もエントリで触れた気がするProtectionの弱さがここで出てしまったという印象。Bellの欠場も影響しない訳ではなかったでしょうが、Big Benもこれだけプレッシャーを受け続ける試合になると上手くいかないだろう、と思わされる内容に。


特に後半、Suggsの「脚に挟んでINT確保」のところ(プレッシャーを受けて浮かせたパスだったが、Tateに何とかしてもらいたかったところ)からはなかなか攻撃しても追いつけそうな状況にならない厳しい展開。最後、GradkowskiがそのままTDパスを狙っていたらどうだったか、という説もないことはないですが、時間も時間でしたし、一つ取っていても難しかったでしょうね。パントブロックがもう少し勢いがない弾み方をしていたら、という気もしなくもないですが。


これでBALが次週@NEを確定、Playoffにはある程度慣れていて実績もあるチームですから、WC上がりとは言えNEにとって楽な相手ではないと思われます。かと言ってNEが負けそうと想定するのも難しいのですが。










[航空協定]これですぐに飛び始めるわけではないですが

制度的環境は整備されつつあるということです。


政府、カンボジア・ラオスと航空協定 直行便開設可能に(日本経済新聞)


(元記事はこちら

(記事引用)
政府はカンボジア、ラオス両国と航空協定をそれぞれ締結する。日本と両国を結ぶ直行便の開設を可能にする協定で、1月召集の通常国会での承認などを経て 発効する。東南アジア諸国連合(ASEAN)でも高い潜在成長力を持つ両国との往来を活発にし、投資や貿易の促進につなげる。(以下略)
(引用終わり)


政府間の協議は前からやっていて、1年ほど前にはこういう発表もなされていたわけですが、ともかく二国間協定が結ばれることで、両国の航空会社が相手国に旅客、貨物運送を行う権利や解説できる路線、輸送力その他の条件が定められ、それに基づいて航空会社が路線開設を検討する流れになります。


確かにラオスへの旅行需要は徐々に増えてきてはいますから、すぐにではないにせよ、そのうちビエンチャン線が開設される運びにはなるものと思われますが、関空ではないでしょうね。