« [Nouvelle 308]番号は同じでも、違う車です(その1) | メイン | おけいはんカレンダー2015年版 »

2014年11月29日 (土)

[Nouvelle 308]番号は同じでも、違う車です(その2)

というわけで、前回のつづきは試乗編です。


308new10試乗車はビアンカホワイトのCieloです。パノラミックガラスルーフつき、DENONのオーディオつき、パークアシストつきです。テップレザーのシートは意外に落ち着きがありますね。


ご覧の通り、ステアリングはきゅっと小さめ。やはり2系列とは違ってパワステは電動ながら若干重め、自分で運んでいるという感覚をキープしています。トランスミッションは2008とかとは違って308で使い出したいわゆるアイシンの6速、そんなに走り出しのクリープ力は強くなく、軽く踏み出してスムーズに行く感じですが、ずいぶんとシフトチェンジの具合もよくなりました。踏んだ感じだと60km/hで5速、40km/hで4速に上げてくる感じ、で3速の実用域がぐぐっとくるのがいかにも308のパワーという印象です。この辺のフィーリングはやはり意図してこの系列の車に持たせているのでしょうね。



308new06

308new07さてさて、この車には走りに2つのモードがありまして(前回エントリのシフトノブ周辺の写真にも一応写っているStartボタンの隣のボタンなんですが)、そのSportsモードに切り替えますと、(←こちらの写真は展示車のAllureのものですが、Cieloも同様です)メーター回りの表示が赤数字と赤目盛りになりまして、中央部のスピード表示がパワーゲージに切り替わり、アクセルフィールもステアリングフィールも若干変わり、さらにはエンジン音にもちょっと変化が。。。ってこれはちょっと音を付加している(RCZでもやっていたやつですね)ということなんですが、まあこういうのが好きな方もいらっしゃるでしょう。


走りは全般に、こんなにエンジンの内容(前回も触れましたが、1.2L、3気筒のターボで95psです)もボディの仕様が変わった(重量も70kgほど軽くなっている)のにもかかわらず、意外なほど旧版308と変わっていない、という印象です。足回りはそもそもお手の物なんですがね。ただパドルシフトはステアリングのサイズとスイッチの位置関係が微妙でちょっと扱いにくいかも知れません。ともかく、サイズも抑え、燃費も向上し、走りのしなやかさは保って、外見の落ち着きは増し(あ、そうそう、ワイパーがついに右ハンドル仕様になりました。前回のSWの写真をよーくご覧になるとおわかりいただけるのではないでしょうか)、価格は円安の中でも何とか頑張っている308、注目しておきましょう。




で、それはそれとして、毎年この時期になると当ブログでご紹介しているのが、Peugeotさんのカレンダーでありまして、



308new15

308new162015年も基本今年と同サイズの卓上カレンダーですが、「おや?」と少々意表を突く表紙で始まり、日本で登場が予定される308GTとか、新版508とかのほかに、2008の派生形オフローダーっぽいのやらコンセプトカーやら、いくつか面白いものも出てきています。とりあえず来年は308と2008をメジャーなアピールポイントとして、新しい顧客を獲りにしっかり攻めていってもらいたいものであります。世間一般の輸入車ニュースにドイツ車以外は景気のいい話が、というか車そのものの話すら聞こえてこない、というのも正直つまらないですから。






トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/33070387

[Nouvelle 308]番号は同じでも、違う車です(その2)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。