« [NFLモード]プロテクションって大事だな、と | メイン | [Nouvelle 308]番号は同じでも、違う車です(その2) »

2014年11月26日 (水)

[Nouvelle 308]番号は同じでも、違う車です(その1)

308new14さてさて、ちょうど日本に帰っているタイミングで、新しい308のフェアをやってる三連休、というわけで、←このように見た目もすっかり変わってまるで違う車になったらしい308がデビュー。欧州ではCOYを取っていますが、その実車はいかにタコに、ということで、この種のネタでは毎度おなじみプジョー東大阪へ。この連休は天気が良くて行楽に行く人が多かったせいか、想定より若干お客さんは少なめだったそうですが、それでも夕方に行って試乗に順番待ちができる程度には賑わってました。しかし、よくよく過去を遡ってみると、308と名のつく車の最初の紹介は今を去ること6年半前、2008年6月5日のエントリだったんですね。これって「ベタな平日・休日」シリーズが始まる前ではないですか。イメージ的には308なんてつい最近出てきた車、みたいな感じだったんですけど、本当にあっという間ですね。


308new01ショールームに、早速出てきました、こちらはリオハ・レッドの中間グレード、308Allureです。天井に開放感のあるパノラミックガラスルーフは最上グレードのCieloのみの設定ですが、もはや子どもも大きくなってくるとあんまり操作する機会もなく、夏場は暑いしどうだこうだということで、個人的には別になくてもいいかなあ、と。まああの開放感は初めての型には是非お勧めしたいんですけどね。


というわけで、このグレードから上はヘッドランプは総LEDで、上部のLEDのラインもなかなか効いていますね。この円安のご時世、Cセグの輸入車を300万そこそこで供給するのにこの装備を標準でつけてくるのはかなり努力が要ったんではないかと思いますが、なかなか頑張ってますね。


308new03

308new05お尻のラインはこんな感じで、これも旧308にあった下の方が重たいもっさり感が随分薄れ、Cピラーのラインもちょっとシュッとした感じになりましたね。ライトも含めて全体的にスマートな印象を受けます。サイズ的には大きくせず、車高も1470と抑えてきています。そう、まず見て思うのは、「背が低くなった」というところなんですが、それは全体的なデザインのせい、というところもあるようです。



308new08

308new09




ファブリックシートの着座感は相変わらずの「柔らかすぎないけどしっかりホールドしてくれる」Peugeotのシート感覚を引き継いでいます。この308からはスマートキーになりまして、スタートもボタン1つです。シフトレバーの上にはディスク系の吸い込み口がありますが、エアコン他の操作系は基本その上のスクリーンに集中していまして、中央部のボタン類がなくなってすっきりした感じがします。


そして後部座席ですが、思った以上に前にも上にもゆったりした感じがありまして、ちょっと低いのかなと思っていた天井も、座高の高い私でも十分に余裕があります。この辺はやはり、Cセグ車格の持つ余裕ってやつでしょうか。







308new04ハッチバックの荷室は←こんな感じ。見た目以上に奥行きがあり、実際に旧308よりもスペース的には20%増なんだそうです。開口部にも結構余裕があります。


とにかく欧州系輸入車のCセグメントはVWがなんだかんだでごっそり持って行ってしまっている感がありますが、逆に言うとそこをベンチマークにアドバンテージを持てるように攻めていけばいいわけで、もちろんセールス的にドイツ車を追い越すなんてことは最初から考えられませんが、とりあえずこの見た目の落ち着きと実用感覚で、かなりこの車の「いい感じ」な所が見えてきたように思われます。エンジンルームの写真がないんですが、これも欧州系ダウンサイジングの流れに乗って1.2L 3気筒ターボでこのサイズもガッツリ行ってしまいます、というわけで。もうこの流れは止まりませんね。燃費もカタログ値でリッター16kmを超え、高速運転なら20kmに達するそう。かつての「おしゃれで走りは魅力的だけど燃費が...」なんてセリフも昔話のようになってきています。



308new11

308new12なお、実際に出てくるのは来月以降なんですが、既に展示車としては308SWも登場しています。長さが4600mm近くになるのでうちの車庫にはちょっと入りきらない残念な車になってしまうのですが、こちらのリアのデザインはゆったりと滑らかで、旧308より個人的には好きなんですけど。なおこちらの展示車はSWのPremiumということで、ヘッドランプは通常のハロゲンライトです。SWってむしろこっちでも結構似合ってるかも知れません。


308new13さすがにSWの荷室は←このように広大ですね。なお、今回から308SWは3列目シートの設定をなくしました。もともとEmergency目的ということで長時間走行を想定していないような座席でしたし、今はそういった役割の座席は5008に設定されています(実は車長は5008の方が少し短い)から、ご希望の向きはそちらでどうぞ、ということになるんでしょう。


ちなみに、今回の308では、CCの発売は予定されていないようです。そういう時代じゃなくなってきたのかなあ、と一抹の寂しさを覚えます。まあ出ても自分が買うわけではないのですが。




(というわけで、例によって長くなってきたので試乗編につづく)





トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/33066913

[Nouvelle 308]番号は同じでも、違う車です(その1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。