« [アップルウオッチ]欲しいかと言われると... | メイン | [NFLモード]内も外も荒れ模様? »

2014年9月14日 (日)

ラオス黒米焼酎

最近、ビエンチャンの日本食店、独立系のミニマートの一部やHome Idealなどのマーケットに出回っているのが、「ラオス黒米焼酎」と名付けられた商品。日本のNGOクワトロというところが特にラオス南部の一村一品運動の一環として支援して、いわゆるラオラーオとは異なる、国外へ持って行っても勝負できる商品を、というコンセプトで作られたお酒です。



Laokurogomeビエンチャンで販売されているのは、←(自分で手持ち撮りなものでちょっとブレてますが)の1合ボトル(ラオスの普通のコンビニで売られているラオラーオの小さい瓶に対応するサイズ)と、一般的な4合瓶サイズのものとの2種類、価格は←こちらでKip37,000、4合瓶がKip110,000ということなので、明らかにラオラーオとは違う世界の設定になっています。



ラオス産の黒米を用い、「焼酎」を名乗っているのですから製法も米焼酎のそれを用いているのでしょうね(泡盛とも違って二次仕込みを工程に入れているのでしょうか)。黒米といいますが、当然ながらできた焼酎は無色透明です。



さて、お味はというと、香りは確かに米焼酎、ラオラーオのようなきつさは感じられません、で口当たり、喉越しはちょっと甘め。これって黒米の特性なんでしょうかね。普通の米焼酎にはあまりない味わいです。ラオラーオをイメージしていると肩すかしを食らうような上品な味、焼酎としてうまく売り出せれば良いですが、日本でも、となると価格も問題になってくるかも知れませんね。







トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/32807611

ラオス黒米焼酎を参照しているブログ:

コメント

> 管理人様

度数は強いんですか?

tenjin95さま

この商品のアルコール度数は25度、普通の焼酎並みです。ラオスの街中で売られているラオラーオなら40度程度、村々で作っているのだともっときついこともありますが。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。