« [第一友好橋6/1]こんな田舎でもそれなりには | メイン | [タイ・ホンダ]スーパーカブに北酒場 »

2014年6月 7日 (土)

[W杯]ブックメーカーはグループリーグをどう見ているのか

ザンビア戦は見ている分にはとても楽しい試合でしたね。ザンビアって今大会出場できていないし、ランキング的にもだいたい70位ぐらいで推移している国だし、まあいい感じでテストさせてもらえたらいいかな、と思っていたらまあ強い強い。日本のいいところをしっかり消してくるプレーぶり、フィジカルコンディションもかなりいい状態できているようでしたし、組織的な動きにも十分切れがあったしで、まあ日本は特に序盤の動きの悪さという問題が解決できていなかったし、前は動いているのに後ろがなんかフワフワしていたし、ザンビアはザンビアで集中力のレベルが少し落ちたところでのプレーが失点につながったりもあって、でまあ結果はああなったと。確かにとてもいいテストになった試合でしたね。大久保のゴールは愉快でしたよ。



さて、W杯開幕までそんなこんなであと1週間、直前になっていろいろと状況の変化もあったりで、まだ残りの時間で変動はあるんでしょうが、やはりこういう状況をみて最も客観的に評価しているのはブックメーカー、というわけで、Webでチェックした各種ブックメーカーのグループリーグ通過予想オッズ(本エントリ時点のデータに基づきます。複勝式、という感じですかね)をチェックしてみよう、というわけです(優勝オッズは良くニュースなんかにも出てきますが、これはそんなに出てきていないように思われます)。まずはGroup Cから。



Bookmakergpcファルカオが間に合わないという状況を考えても、コロンビアの守備の強さを含めた評価は高いようです。どこも1倍台前半のオッズ。そして2位争いがきわめて接戦(ほかのグループと比較するといかにどこが上がるかわからないという意味できわどい評価になっているかがわかると思います)。コートジボワールと日本がそれぞれ2倍前後ですがコートジボワールの評価がほんの少し高め、そしてギリシアが少し下がって約3倍といったところ。しかし2位争いという点では本当に差がないと言って良く、どう転がるかはちょっとしたことで変わりそうです。ギリシアが初戦でコロンビアを破るようなことがあると(でその可能性は他のグループを見ているよりもありそうな)、かなりグダグダな展開になりそうな。



では他のグループがどうなっているのかも見てみましょうか。



Bookmakergpa_2Group Aはまあブラジルのために設定されたグループですからよほどのことがない限り通過できないと言うことはないでしょうね。オッズは1.1倍を切ってます。極端な会社は1.0125倍、なんてオッズをつけています。むちゃむちゃ分厚い鉄板ですね。クロアチア、メキシコではクロアチアが若干評価が上で、前者が2倍弱、後者が2倍強という感じ。カメルーンは5倍前後と結構つきます。



BookmakergpbつづいてGroup B、こちらもスペインは1.2倍を切る鉄板状態。しかしオランダも1.5倍強、チリも2倍を切ってきていて、この3つのうち1つが落ちる、というのももったいない気がしますが、逆に言うとスペインも安心できないぐらいの接近度合いではあるということでしょうね。ここに入ると豪州はかなり厳しいですね。ほとんどの会社が10倍以上をつけています。



BookmakergpdGroup Dもいわゆる3強がどうなるか予断を許さないところです。オッズもイタリア1.4、ウルグアイ1.5、イングランドは少しだけ下がるが1.6もないぐらい。ブックメーカーはややイングランド寄りになるところはあるでしょうが、それでもここは読めない、というところでしょうか。コスタリカだと10倍超えになります。



BookmakergpeGroup Eは、さすがにフランスが前回の轍を踏むことはないだろう、ということでしょうか。ほぼ1.2倍程度のオッズ設定になっています。スイスが1.6倍程度、エクアドルが2倍を切るか切らないかという状況で、ホンジュラスが約7倍。しかし予選の状況なんかを見ても、フランスにこんなに鉄板印をつけちゃっていいのかな、という気もします。むしろエクアドルの方が若干不気味。



BookmakergpfGroup Fは、さすがにアルゼンチンが超Favoriteで、会社によってはブラジルの通過オッズを超える1.01倍をつけているところもあります。イランは6~7倍というところで、ボスニア-ヘルツェゴビナとナイジェリアが2位争いの主力ですが、ボスニアが2倍を切っていて、ナイジェリアが2.2~2.4倍というところ。この辺はそんなに大きな差でもないですけどね。



BookmakergpgGroup Gは、やはり順当に行けばドイツとポルトガルなんでしょうね。オッズ的にもそういう形になっています。ドイツが1.1倍台、ポルトガルはすこし下がって1.4~1.5倍見当、ガーナは少し離れて3~4倍、米国が4倍ぐらい、ということになっています。トップと4位のオッズの差の小ささではGroup Cに近いですし、ガーナ、米国の侮れなさという面でも厳しいのは厳しいですね。



Bookmakergph最後にGroup Hは、全8グループの中で最も2強2弱が分かれているというのがオッズ上の評価。ベルギーは評価高いですね。1.1倍台が軒並みつけられていて、続いてロシアが1.5倍程度。韓国が2.5倍ぐらいで、アルジェリアが5倍見当。ロシアがブラジルの地でどこまで力をちゃんと出せるのか、というのは若干気になりますが。



まあいくら客観的にオッズ評価を図っているとはいえ、現実がどう転ぶかはわかりませんので、参考程度、というのは当然ですけどね。







http://trackback.blogsys.jp/livedoor/di_tanicchy/52536549

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/32285561

[W杯]ブックメーカーはグループリーグをどう見ているのかを参照しているブログ:

» 日本、ザンビアに勝つ (あれこれ随想記 )
W杯前の最後の試合で、ザンビアと対戦し、4−3で勝ちました。 ザンビアに先制され、2点のリードを許しましたが、前半40分に香川への反則からのPKを本田が決めて、2-1で前半終了。 後半に入り、香川と本田が得点し、逆転しました。 後半終了近くにザンビアに得点を...... [続きを読む]

» ザックジャパン、ザンビアにも逆転勝ちでワールドカップ本戦へ! (スポネト)
2点リードを許す展開ではあったが、最後は大久保が決めて逆転勝ち! すごい試合だったわ。 日本 4-3 ザンビア [続きを読む]

» ザックジャパンブラジルW杯強化試合守備に不安を残したもののMF本田、香川の復調で試合勘を取り戻した収穫を得た (オールマイティにコメンテート)
6日(日本時間7日)サッカー国際親善試合ブラジルW杯強化試合日本対ザンビア戦が行われ、4対3で日本が2点リードを許しながらもMF本田の2ゴール、MF香川のゴール、そし ... [続きを読む]

» 強化試合連勝で本番へ (FREE TIME)
ブラジルW杯開幕まで1週間を切りましたが、日本はアメリカで行われた強化試合で連勝。 これで本番を待つのみとなりました。 [続きを読む]

» 本番へ (落ちこぼれのつぶやき)
ザンビア代表監督、日本の組織力を認める「実力はやはり上だ」(SOCCER KING) - goo ニュース これが大会前のラストゲームですか。勝って気持ちよく迎えることができるのはいいことですよね。少し気になるのが失点の多さですよね。でもこれも想定内なのでしょうね。世界を...... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。