« [光ケーブル切断]少なくとも故意ではなさそうだが | メイン | [北朝鮮]リビアからは帰ってくるな »

2011年4月10日 (日)

ミトロプーロスのマーラー第9番(2種)

ミトロプーロスのマーラーは、既にこちらこちら  のエントリで取り上げてきましたが、2種類の録音が残されている曲がいくつかありまして、その一つが今回の第9番です。しかも同じ1960年、彼が亡くなる年の演奏が2種類です。



Cdcover_arpcd0514 一つは1月23日、気心知れたニューヨークフィルとのカーネギーホールでのライヴ。本当にこの年、生誕100年ということもあって、彼はこのオケと(だけではないですが)集中的にマーラーを演奏していまして、音質はどれもまあぼちぼち、程度ではありますが、まあ十分鑑賞できるレヴェルで録音が残されているのが有り難いところです。



演奏ですが、全般にかなり速いテンポ。第1楽章は相当にサラッと始まりますが、途中ではかなり動きが激しく、一つの流れを何とか保ちながら進んでいく、という感じ。しかし粘りは強くなく、曲自体のレンジを思い切り引っぱり出してどどーんと押し出す非常に密度が濃くエネルギーの強い演奏。いかにもミトロプーロスという雰囲気ですが、例えば再現部のクライマックス以降の明滅する楽器の重なりとかは精細で、静と動の対比も見事です。他の曲でも言えるのですが、いかにもミトロプーロス、という所は感じさせつつ、一方で後の時代を感じさせる演奏と言えます。



中間楽章も同様、そして第4楽章も、速めのテンポ(21分で終わる)で、これも引きずり叫ぶことはほとんどなく、客観的な、という言い方もできるかも知れませんが、やはり、最近私が思っている、「死を前にした諦観、ということではないやろ、この曲」という所を意識させてもらえる演奏のように思われます。




Cdcover_an4996 一方←こちらは、以前からマイナーな所で出ては消えていたと言われる1960年10月2日にムジークフェラインザールでのライヴ録音。オーストリア放送協会が放送しており、ここに収められているのは個人のエアチェックと言われる音源です(放送局のアーカイヴには本当に残っていないのだろうか)。残念ながら出自がそういう筋なので音質には特にレンジの面で限界が感じられますが、聞き辛くてかなわない、と言うほどではなく、何とか鑑賞に堪え得るレヴェルであろうと思います。



さて演奏ですが、こちらは亡くなる僅か1ヶ月ほど前のもの。前者と同じ年でありながら、特にテンポがかなり違う印象を受けます。演奏時間はNYP盤より6分半ほど長く、特に第1楽章は2分半ほど長いだけでなく、序盤でかなりゆっくりと、そして若干しっとり感のある音になっています。この辺りはNYPにはないVPOの「色」なのか、とも思われますが、一方では、特に第2、3楽章辺りでも、VPOの楽器の特性から見て、あまり早い演奏を強いることができなかったのでは?という話もあって(たださらに古いワルターのライヴが70分弱という現在から見ると相当速い演奏であるだけに多少疑問)、またこれだけの短期間に演奏がかなり違った表情を見せることになっているだけに、VPOが与えた影響か、それ以外の何らかの心境の変化も相まってのことなのかという点には興味があります。



第2楽章以降も、オケにあちらこちら不備が散見されるものの、緊張感をはらんだ弦の音などはある程度は伝わってきます。終楽章は時間以上にNYPよりもゆったりした空気を感じさせる演奏。恐らくもう少し音質が良ければ、その深みも一層良く理解でき、多分さらに大名演としての評価が与えられるのではなかろうかと思うわけですが。




ミトロプーロスの亡くなる年に、マーラーについての歴史も持ち、この曲も初演されたウィーンと、この曲が一応の完成をみた場所であるニューヨークでの2種類の録音が、それもいろいろな要因があってか、かなり異なる表情で聴けるというのは興味深いものです。NYP盤は、M&Aのセット(夢に出てきそうなジャケット写真のやつ)がまた出回りだしましたし、安くて手軽なArchipelからも単売で出ていますから手に入りやすいですが、VPO盤はAndanteがレーベルとして仏Naiveに買収されて以降、廃盤になって入手難になっているようです。しかし古い録音に抵抗のない方には是非とも聴いておくべき録音ではないかと。




(参照ディスク)

(上)マーラー:交響曲第9番
ミトロプーロス指揮 ニューヨークフィル
ARCHIPEL: ARPCD0514 (1960年録音)



(下)ブルックナー:交響曲第8番、マーラー:交響曲第9番、R.シュトラウス:死と変容、英雄の生涯
カラヤン、ミトロプーロス、ベーム指揮 ウィーンフィル
ANDANTE: ANDANTE4996 (1957,60,63年録音)







トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/26244359

ミトロプーロスのマーラー第9番(2種)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。