« [M-1]とりあえず、最後の宴は笑い飯 | メイン | [NFLモード]負け越し地区優勝、まだ可能性あり »

2010年12月30日 (木)

年の暮れにフィッシュヘッドカレー

というわけで、年末のバタバタの中、エントリをする余裕のないまま30日になってしまいました。



Koaro01 仕事納めの日に戻りますが、久々に怪しげなもので忘年会を、ということで、もっと怪しいオプションはあったものの、ここは美味しいものをたっぷり、と、ミナミにあります「シンガポール政府公認」のお店、宏亜楼を目指します。



御堂筋線のなんば駅の1番出口を上がって右を向いて戎橋筋側に入っていくと、そこまで行くちょっと手前の左側にお店が見えます。そんなに迷う場所ではないんじゃないかと。中は普通の飲食店の雰囲気。以前はもうちょっと小さいお店だったそうですが、テーブル席を合わせて30人近くは入れるでしょうか。結構満席になっていました。



シンガポール料理、といっても私も1度しか行ったことがないので具体的なイメージは凄く限定されているのですが、ここでは中華系の北京ダックとか海南チキンなどと、マレー系のスパイスの利いた料理、それに予約が必要ですがフィッシュヘッドカレーなどの現地独自のアレンジが入った料理、ということでいろいろと楽しめます。



Koaro03 今回私は遅れて宴会に入ったので、その時点で海南チキンライスが個別に茶碗に分けられていて、まずはそいつをいただきます。やはり1杯目はタイガービールでしょう。シンガポールを代表する自前産業のタイガービールはハイネケンのグループに属し、ラオスでもカールスバーグ系のビアラオと代理戦争みたいな競争をしているわけですが、ラオスで呑めば大瓶150円ぐらいのが日本だと小瓶で600円からしてしまうのはどうなんすかね。



それはともかく、海南チキンは朝びきのつくば鶏を使ったふっくらした肉の香り高い味わい、それにだしご飯の旨みが効いていてなかなかの美味です。ビールにもよく合います。



Koaro02 Koaro04 その他いろいろあるのですが、ここはやはりこの店で朝から焼いている北京ダック。肉も一緒に出てくるタイプ、包んで(薄餅ではなく蒸しパンなので、北京ダック饅頭みたいになる)いただくと肉汁のジューシーさが味わいを深めてくれます。



その他、たれにつけた鶏肉を紙に包んで揚げたペーパーチキンも、鶏の旨みごとキュッと包み込まれた美味しさです。こちらも要予約ですが、頼んでおく価値はあります。




Koaro05 シンガポールと言えば、リトルインディアので食べたのが忘れられないフィッシュヘッドカレー。元は貧しいインド系の移民がシンガポールでカレーを、と思っていたら、捨てられている魚の頭が大量にあるのを見つけ、せっかくの美味しい部位が捨てられているのはもったいないと安く買い上げてカレーの具材にした、向こうの「バナナリーフアポロ」で食べたときは、バナナの葉の上にサフランライスとブリヤニライスを乗せ、付け出し的に出てくるカレーを食べながらそうこうしているうちに魚の頭がドカッと突っ込まれた辛口のカレーが出てくる、というパターンだったですが、大阪で食べるフィッシュヘッドカレーは土鍋に入って出てきました。これで4人前相当です。



この鍋の写真だけではわかりづらいですが、中には結構大きめの鯛の頭が入っておりまして、白ご飯でもチキンライス(海南チキンライスの下のだしご飯)でも美味しく食べられます。結構辛口ですが、爽やかなスパイスの味が魚にもよく合って、これはシンガポールの味ですね。



一応、辛さは「さらに辛く」というのもできるようです。



他にも食べてみたいものもあったのですが、ご飯ものもかなり食べていたのでちょっと限界に。相当食べて呑んで4千円ぐらいでいけると思います(コースで頼むともうちょっとする)。これはいいです。また今度はバクテーとかを狙って行きたいですね。








トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/25676830

年の暮れにフィッシュヘッドカレーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。