« [上海万博]どうせ終盤には1日200万人よ。 | メイン | [南ア]オバマ氏の警備だけは勘弁を!って随分と正直な »

2010年5月 8日 (土)

実録・電車と歩きでうどんツアー2010(その4:どじょうがゾロゾロ)

前回 のつづきでもう1回うどんツアーです。今回は坪尻にも行ってませんし、比較的近場でもう1軒です。



Hozantei01 円座の駅から約1時間に1本のコトデンバスに乗って高松空港方向に。約15分で旧香南町の道の駅、「香南楽湯」に着きます。高松空港までは数分というところ。写真にはしていませんが、中のデザインはなかなかに秀逸。木の風呂と石の風呂が男女週替わりになるそうですが、私が入ったのは木の風呂。温泉はそこそこの湧出量らしく、メインの浴槽はひょっとするとかけ流し?という感じ。ただし露天風呂は明らかに塩素臭いです。サウナもガラス張りで気持ちいいですね。



50分以内に上がれば受付でキャッシュバックがあって入浴料が500円になります。セルフのうどん屋2軒分、あ、ちょっと微妙か。



さて、上の写真は別に「香南楽湯」の看板を撮っただけ、というわけではなくて、当然ながらうどんシリーズの写真なのであります。左奥に何か見えませんか?



Hozantei02 というわけで、道の駅から東へ2分ほど、昭和後期の雰囲気が色濃いこの店が宝山亭です。



主に東讃方面でよく食べられている打ち込みうどんは、生地を寝かさずに打つもので、味噌仕立てのだしで煮込んで食べるのが普通。そこにどじょうを入れた「どじょううどん」はこの宝山亭の先代が商品として出し始めたと言う説もありますが、旧香川町や長尾町周辺では、どじょううどんを出す店がいくつかありますね。実は昨年のツアー時に、高松市内(前田)の一八を目指したのですが、おばあちゃん高齢で昨年初めに店を畳んでしまってました。ということで、長いことやっているうどんツアーでも個人的には初めてのどじょううどん。席に座って約25分待ち。お腹に余裕があれば待ってる間に軽くもう1杯すぐに食べられるうどんを、というところですが、この日お腹には9玉入れた状況でまだ流れていってくれていないので、マンガでも読みながら待つことにします。



Hozantei03 ←こちらは店に入ったらすぐのところにかかっているボードなんですが、煮込みうどんでありながら、どじょううどんは「夏のスタミナ源」なんですね。どじょう汁って冬場に体を温めるためのもの、という印象があるかも知れませんが、まあだいたいどじょうは春になれば夜が明けたと思って出てくるものですし、ここいらへんでは昔は夏場にウナギではなくどじょう汁を汗かきながら食べたということだそうで。多分ため池やなんかにたくさん泳いでいたんでしょうね。



こちらのどじょううどんは他のうどんよりは若干高めの700円。大(900円だったっけ)もあるそうですが、今回はお腹と相談のうえ、「男なら大を食え」をとりあえず無視して小にしました。なお、どじょうが苦手な向きには普通の打ち込みうどんもメニューにありますのでご安心下さい。



店に入った時点で時計は3時半頃。有名一般店でも客が少ない時間帯でありますが、それでも店内にはちらほらとうどんを食するお客さんの姿が。でもどじょうを頼んでいるのは私だけみたいでした。ちなみにこの店は大きな揚げの乗った「おばけ」も名物です。



Hozantei04 Hozantei05 さあて、待ってるうちに20分やそこらはすぐに経ってしまうもので、出てまいりました、←こちらがどじょううどんであります。



丼には1匹しか見えておりませんが、中にしっかり埋まっております。この写真に見えているのと同じぐらいの12、3cmクラスのが6尾程度入っております。打ち込みうどんは底の方に埋まっておりまして、一般的なさぬきうどんの麺とは全く別物と考えた方がいいです。それはそれで味噌仕立ての汁に合う良い意味で田舎風味、という感じ。全体としてのバランスは悪くありません。



どじょうはよく臭みがあって云々、と言われますが、これを食べている限りはそういった心配は全くと言っていいぐらいありません。当然ながら骨から丸ごとですので、独特の食感と言いますか、囓れば骨からガリガリと、ということになりますが、それも正直初めて食べるものとしてはなかなかに新鮮なものでありまして。



こういう味わいもあるぞ、というのをいわゆる讃岐有名店しか回っていない向きには是非知っておいていただきたいと思います。他にもどじょううどんを出す店は数軒ありますので、また機会があれば別の所を回ってみようかと。



帰りは香川町のシャトルバスで仏生山まで。高松に出るにはこのルートが最も安いようです。この路線は土曜日は平日の半分の便数、日曜祝日は運休となりますのでその点ご注意を。




というわけで、今回のうどんツアーは6軒10玉で終了です。次回は...また来年かなあ。




(この項終わり)






トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/24090693

実録・電車と歩きでうどんツアー2010(その4:どじょうがゾロゾロ)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。