« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

[徐々にW杯モード]イングランドが与えてくれたレッスン

闘莉王の2発はどちらも文句なしのファインゴールでありました。



川島はPKが蹴られるまで微動だにせずにランパードを止め、さらに中澤が微妙にコースを変える見事なタッチ。



悪天候の中、ほぼメンツの揃ったイングランドに「らしいこと」の半分ぐらいしかさせず(まあ全部出すつもりは最初からなかったにせよ、本大会前最後の実戦ですし)、まあ当然のように70分以降はへろへろ感も漂わせながらもルーニーニもランパードにもジェラードにもゴールを割らせず、で、えーっと、1-2ですか。



まあ得点結果は仕方がない。イングランドがある程度は本気を出して試合をしたら10回程度では1勝もできないのも当然のところ。まあしかし、この試合では、格下の欧州チームぐらいの戦いはできたのだから、ここ数試合の悲惨さよりは数段マシと言えるかも知れません。



その重要な部分は、この状況下のこの時期に日本国外でイングランドと試合ができた、という所に尽きるのではないかとも思われます。そのぐらい、今日のイングランドは、日本に対して、こういう場での戦いにおいてとにかくこういう姿勢で臨めばそう見苦しい試合は見せなくて済む、うまく行けば勝ち点の1つは獲れる、というレッスンを与えてくれたのではないかと。特に阿部が低いところで機能して人もボールも前進志向でかなりきちんと収まっていた序盤の動きは、ここ数試合の代表戦では見た気がしないものでありました。まあ少なくとも、中村俊抜きでもいけるかな、と、それから遠藤がまだ浮いてるコンディションでもどうにかなるのか、と。



それを90分できりゃ、てなことは言うても詮無いことでありますが。でも、森本をもう少し長い時間使ったらまた違った流れがあったかも、とか、まあ微かな楽しみを来月に持ち込めそうな試合ではありました。



いや、そんなことより、日本相手にまるで勝ったような気がしないであろうイングランドのまとまりの悪さ、というのが世間的には問題視されることになるかも知れませんね。





http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/52137780.html
http://blog.livedoor.jp/aki09041/archives/51844566.html
http://blog.livedoor.jp/galaxy_king12/archives/51492201.html
http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/52322051.html
http://tamnt.blog72.fc2.com/blog-entry-1021.html
http://blog.livedoor.jp/bellmare_2005/archives/51492235.html
http://wisteryg.blog.shinobi.jp/Entry/1783/
http://blog.livedoor.jp/bp_kaisei/archives/51560733.html
http://blog.livedoor.jp/mame247/archives/51722919.html
http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-1734.html
http://blog.livedoor.jp/forte_umegaoka/archives/51714156.html
http://redsandhorse.blog86.fc2.com/blog-entry-1589.html
http://blog.livedoor.jp/kaiou2/archives/51079010.html

[MLB]ヒーロー一転DL入り

HalladayのMLB今季2回目の完全試合、というのもありましたがそれは置いといて、現地29日のMLBのこちらの試合。LIVEでテレビを見ていたんですが、一瞬何事が起こったのかと思いました。



【MLB】負傷したK.モラレス、左足骨折でDL入り(ISM)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 29日のシアトル・マリナーズ戦で負傷したロサンゼルス・エンゼルスの主砲、ケンドリー・モラレス一塁手は試合後に負傷した患部の検査を受け、左足の骨折と判明。故障者リスト(DL)入りとなった。モラレスは10回にサヨナラ満塁弾を打ってホームインした際に左足を負傷。チームメートに手荒い祝福を受け た歓喜の場面でのアクシデントとあって、チームは一転、重苦しい空気に包まれた。

 エンゼルスのマイク・ソーシア監督は、「こんな悲劇が 起きてしまうとは…、あまりにも不運だ。今後、祝福のやり方も含め注意しなければならない」とコメント。(以下略)

(引用終わり)



1-1で延長となった試合、10回裏1死からIzturisの2塁打、Abreuが敬遠で1,2塁、Willitsの強い当たりのゴロをFigginsがエラーして満塁、その次の初球、Moralesの打球は打った瞬間サヨナラは間違いない当たり、中堅左へぐんぐん伸びて、出た、サヨナラ満塁ホームラン(Walk-off Grand Slumですね)。ここまでなら良かったんですけどね。



こういう時の「儀式」っていうのが段々派手になってきているんですよね。サヨナラヒット打ったときのイチローがとにかく逃げ回るというのも理解できる状況ですから。ただ今回のケースは、手荒い祝福でケガしたのではなくて、打った本人が自ら大ジャンプしてホームベースに飛び込んで来てますから(まあそうしないとホームベースに確実にたどり着けないんじゃ、という感じもするわけですが)、ちょっと文句も言いにいきにくいかも知れませんけどね。、



まあこれで、チーム単位での「決めごと」ぐらいはできるかも知れません。さすがにサヨナラ勝ちしても大怪我は出したくないでしょうから。何でもええけどとにかく跳ぶな、とか。





3008を見てきた

3008pv01大阪ではそろそろ扇風機も活躍し出すはずの5月も末だというのに、いまだに朝晩薄着で寝たら風邪引きそうな肌寒さが続いております。これはいつぞやの大冷害の年の気象パターンに酷似しているなどとぼちぼち異常気象の予感っぽい話が出てきたりしてますが、そんなこととは関係なしに(ないんかいな)、いつものプジョー東大阪 さんからご案内が。それも予約受付中で私も早く実物を見てみたいRCZ のプレビューとかではなくて(本エントリ時点ではプジョーシトロエンジャポンにも実車は1台しか入っていないらしい)、意外に早く入ってきた3008の内覧会というではありませんか。308派生型のいわゆる「クロスオーバー」、日本での車格で言うとティグアンとかムラーノとかに相当するものでしょうか。形はSUVっぽいですが、4WDではなく、中はラグジュアリー、ということでありますが、ま、ともかく見に行ってみました。



3008pv02 3008pv03 いつものショールームの奥にドンと配置された黒の3008「グリフ」。なんでも昨日ショールームに入ってきたばかりらしく、昼前に行ったらまだカーステとかの据え付け中でありました。にもかかわらず、既に何人かのお客さんが、「3008はどんなもんじゃい」とチェックしに来ている様子です。



この車、画像でどのくらい伝わっているかはわかりませんが、とにかく見た第一印象は、




「結構でかい」




ベースは308ですがSUVスタイルで車高が1700mm近く、車幅も308より若干大きく、そしてウッシッシ感漂うフロントグリル、立ち上がりが大きいということで、前面からは308とは明確に違う「四角っぽい塊」という印象が立ち上ってくるのであります。まあ黒い車体が余計にそういうムードを高めているのかも知れませんが、ウェブ等の画像を見るのとはかなり違います。ちなみに以前エントリした5008 になるとやはりかなり「背の低いミニバン」という感じが強まるらしいです。Touaregとかと同系の車格になりますが、こちらは日本に入ってくる予定はなさそうですね。



3008pv04 さて話を戻して、テイルゲートは、←こちらの写真の「PEUGEOT」のロゴ下にラインが見えると思いますが、そこで上下分割して開くようになっています。下側がにもつの出し入れの時の台とか、アウトドア利用の棚代わりとかいう感じにできますし、開閉スペースもコンパクトにできますね。荷室に入っているフロアボードは3段階に高さ調節が可能、またこちら側から後席をボタン一つで前倒しでフラットにできます。かなり広いです(助手席もフラット化できるようです)。



車内は308SWとほぼ同等サイズのパノラミックガラスルーフ、このグレードはレザーシートで、着座位置はそう高いという印象はなく、しかし車高は上がっているためか少々ゆったり感が増しているように思います。欧州のCセグメント車はハッチバック系から、このくらいのクロスオーバー、あるいはモノスペースと呼ばれるタイプに人気がシフトしつつあるようですが、同じエンジンでしっかり走る余裕があるのであれば、体の大きい欧州人にはゆったり感が次の希望、というところなんでしょう。



3008pv05 この車、翌週には試乗もできるようなので、走りの印象と車内の感じとはまた別途エントリさせてもらいますが(日本仕様ではエンジンは基本的に308と同等のようですが、かなり車重が付加されているのと、6速ATはどんなもんかいな、というのは関心事)、外観は(特にフロントサイドは)あまりプジョーらしくなく、しかしプジョーしかこれを作ってくるところはないやろな、という気もしてくるデザインです。車両本体で400万近いというところは多少ネックになってくるのではないかと思いますが、こういうスタイルが今までなかっただけに、結構コアなファンが出てくるかも知れないな、と思うのですが。




ちなみに、本国ではディーゼルハイブリッドの展開も準備されているようです。自分が買うわけではないけれどちょっと羨ましい気も。



(追記)

Ds301 えーっと、←こちらが同じくショールームに展示してあったシトロエンの新しい「DS3」です。C3が久しぶりに出てくるということですが、その派生型、といった感じで、プジョーなら207と同格、横から見るとなるほどMINIにちょっと近い感じがしますが、前から見ると明らかにシトロエンでしかあり得ない個性を持ってます。そのへんは内装にもしっかり表れているのでありますが、個人的に本筋ではないのであとは興味のある方が確認して下さい、ということにしておきますが、ともかくなかなか「誰かが持ってる」という車にはなり得ないだけに却って凄く値打ちがある車、という感じ。如何にもシトロエン、という、他にはあり得ないムードを確かに持ってますし、新しい客層も(狭いでしょうが)確実にとらえそうな感じのデザインでもあります。



個人的にはシトロエンの魅力はコンパクトカーだと思っていますので、C2あたりの復活をさらに希望しているのでありますが。





(ということで、続く予定です)







2010年5月29日 (土)

[罷免]まあ、遅きに失したと申しましょうか

要するに、首相が現状における日本での海兵隊の存在意義と沖縄の地政学的重要性などを学習するために今までかかっちゃったわけでして、少なくとも現在の軍事的環境を考えればマイナーチェンジの可能性は多少あっても最後にできる方策は「今のまま」か「現行案」しかあり得ないわけで、何やっとったんや今まで、というだけの話でありますよ。





まああそこに行けば身近なところに味方が多いから威勢の良い某ミニ政党が、どうたらこうたらとこういうときだけのパブリシティを果たしているわけですが、そこに共感する人は(もともとの支持者以外に)果たしているもんなんでしょうか。



こうして、そうなるしかない「もとの状態」に沖縄は戻ろうとしているわけなんですが、その代償は世界的に非常に大きかったわけですね。まあ「それしか言うことがないやつら」を連立に引き込んで、その上にいる人が情緒でしかものを言わない人、という強烈な取り合わせ故に起こった「国際的に不審を生むだけの停滞」だったわけですが、問題は停滞だけではなくて、国内をぐだぐだに荒らしてしまっていることでして。



合意はできたようで完成してないんですけど。これからまだ首相が訳わからないことを言い出しそうなのが実になんとも。





http://blog.livedoor.jp/uesama0101/archives/51702323.html
http://cw0609.blog17.fc2.com/blog-entry-1815.html
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/51765741.html
http://blog.goo.ne.jp/hhh1010/e/044c5265357ae904fc9fa79ccb1d5104
http://krimshow.blog56.fc2.com/blog-entry-1498.html
http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/52136667.html
http://blog.livedoor.jp/bp_kaisei/archives/51559904.html

2010年5月28日 (金)

[大相撲]親方を処分しても解決ではない

先日の琴光喜野球賭博疑惑に続いて、そんな名前の席あったんか、という「維持員席」を巡る暴力団への便宜供与。正確な事実関係が全て詳細に出てきているわけではないようですが、ともかく相撲界と暴力団の関係はずっと前から言われていることでもあり、「え、まさか?」というような衝撃ではないのですが...





まあその、いわゆる砂かぶりも含め、こういう名目の普通には買えない席がしつらえてあって、そこに本来いるべき人ではないその筋の人らが座ってる、というのをこの席を回したとされる親方以外誰も知らなかった、気づきもしなかったというはずはないでしょうし、これを今さらのように報道するマスコミも「何も知らんかったわけないやろが」という感もありますし。木瀬部屋(と言えば個人的には「青葉山」だったりするんですが)の消滅、親方の降格等、かなり強い措置には出ていますが、それで全てが収まるとも思われません。



暴力団を断つ、と言っても、普通に入場するのを止めることはできないですし、特に協会がかつてほどの外的支援を得ているとは思われない状況下で、仮にこの種のつき合いに厳格にストップをかけるべく態勢作りを行っても、何かにつけてそっちへ「持ちつ持たれつ」の誘惑は常に生じるわけで。



相撲協会という団体としても最大最悪の危機という認識はあるものと思いますが、先はまだクリアにはなっていないと言えそうです。





http://krimshow.blog56.fc2.com/blog-entry-1497.html
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/51765338.html
http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/52136087.html

2010年5月27日 (木)

[iPhone工場]念書で自殺は防げない

今年に入ってから伝えられるだけでももう11人目?とちょっとあり得ないほどの自殺者報道が出ている深センのiPhone工場。普通の工場なら「何か呪われてるのか?」みたいな話で推移するのでしょうが、製造しているのがまあ本格的に売れている商品ですし、細かいことは出てきませんが、相当労働環境の厳しいところで、相当の精度を求められる作業が強力な人海戦術で行われているのではなかろうかと想像するわけであります。





中国にも一応労働法はあって、労働基準なんかは見た目は日本並みなんですけどね。まあそんなもん誰も守っていないわけで、でまあ当局と仲良くできてなかったり、さすがにマズイというレヴェルの違反状態になると摘発の手が伸びる、ということで。それでも低賃金重労働が常識のような中国の工場でも、例えば広州ホンダの下請けのように、労働者側の行動もだいぶ激しくなっているようですから、そう簡単に抑え込むこともできなくなっているように思われていたのですが。



それにしても、これだけの自殺者が出ている状況で、会社の対策が「自殺をしないと約束する念書を書かせる」というのは、全く不謹慎ながら「笑わすなよ」というお話ですね。そのくせ飛び降りを防止するような対策は採り切れていないわけですし。



Appleの時価総額がMSを追い抜いた、なんて報道もありましたが、端末戦略で一気に伸ばして行く陰にこうした犠牲がある、とそんな話では片づけられないでしょう。さすがに中国でも大企業の工場でここまでの事態は滅多にないでしょう。







[社民党]まずはこいつらを切ってから

書き出せばぐだぐだになるのが必至だと思われたので、これまで特段のエントリをなるべく立てないように、としてきた普天間関連。まあだいたいが、これまで旧政権が何度も何度も下地を作る努力をしてきて何とかかんとかまとまる方向に持っていった本件を、いきなり何の根回しもなしにひっくり返して収めることなどできるわけがないので、最終的に首相が元の鞘にむりからでも収めるしかないことに気付かれた様子なのは、とにもかくにも最悪の事態を免れるための小さな一歩ではないかと思いますが、ここにはたまたまそういう人数だったから、というだけのことで特段の自覚なく与党ヅラしている党もあったりするわけでして。





まあ過去の発言にはいろいろと脚色やらネット系のオマケとかもついているという話もあるようですが、それにしてもなんでこの人の一言一言はいちいちカンに障るのでありましょうかね。



いやその、それは別に政治的にどう、と言うことは余り関係ないのでありました。ともかく、消費者・少子化担当相であるなどということもすっかり忘れた、沖縄「県民の怒り」に見事に対応した閣内大不一致であることですね。全く何しに行ってるんだか。それも内閣の方針に露骨に反してのスタンドプレーと閣議署名拒否宣言ですからね。



もう国会も終わりですし、今さらの感はありますが少なくともさっさと切って選挙に臨まれることでしょうね。選挙後には参議院の景色は恐らく随分変わっていますから、対応を今から考えとかないといけないでしょうし。だいたい誰が彼らに政権に入ってくれって言いましたかね。







2010年5月26日 (水)

[北朝鮮]ちょっと流れが急になってきました

韓国の現政権にとってはこうなる程度のことはまだ痛くも痒くもないというつもりでしょう。開城に出てきてしまっていた方々にとっては損切り止むなしとなっていますが。





かの哨戒艦攻撃事件以降どんどんと関係悪化へと進んでいた半島の南北ですが、現状ではどこかでこういう方向になるとは思われていたものです。



ただ、今回は随分と流れが急であるな、という気はします。昨年来のデノミとか外貨制限とか、経済面での明らかに変な動きに続いての軍事行動ですし、そもそも魚雷攻撃(私としては一応「98%ぐらい北朝鮮魚雷やね」というぐらいの信憑性で見てるんですが)という時点でここのところの北朝鮮の「空に向かう」路線とは違うような気がしていましたが。世襲に向けての軍の内部での勢力争いか?とかいろいろな言われ方がしていますが、いずれにせよあまりいい流れではないでしょう。南北どちらにとっても。



権力継承期にいろいろある、というのは前回もあったところですが、今の北朝鮮には核を含む「オプション」がある、というところで、それをどいつが握ってしまうか、というところがこれからの大問題ではないでしょうか。潜水艦がどこかに姿をくらましているとか、いろいろとややこしげな情報も出てきていますし。





ちなみに、ラオスは北朝鮮とは友好関係にあり、脱北者を騙るスパイも中国からラオス経由で韓国へ向かってしまうほどなんですが、そういう所だけあって、どこでも、と言うわけではないですが、少なくとも私、Ban Nahinと言うところのゲストハウスのテレビで、朝鮮中央通信をライヴで見たりもできましたし。あのニュース、それに朝鮮中央テレビ唯一の萌え番組と言われるお天気おねいさんまで、たっぷり「楽しめ」ます。



一応ブログネタ用に静止画は保管しているんですが、こういうご時世ですので自粛しときますけど。





http://krimshow.blog56.fc2.com/blog-entry-1495.html

2010年5月25日 (火)

[訃報]ラッシャー木村さん68歳

いずれ来るとはわかっていても、個人的には今年トップクラスに悲しい訃報であります。



ラッシャー木村氏死去=元プロレスラー、68歳(時事通信)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
元プロレスラーのラッシャー木村氏(本名木村政雄=きむら・まさお)が24日午前5時30分、腎不全による誤えん性肺炎のため死去した。68歳。(中略)

 大相撲からプロレスに転向し、1965年デビュー。数々の団体で活躍し、国際 プロレス時代には「金網デスマッチの鬼」と呼ばれた。全日本プロレスでは試合後にジャイアント馬場らに語り掛ける「マイクパフォーマンス」で人気を集め た。(以下略) 

(引用終わり)



さすがに私も「木村政雄」時代については存じませんが、相撲部屋でちゃんこをごちそうになった手前断りきれなくて宮城野部屋に入門し、5年ほど苦労して関取目前にまで行きながら、もtもとあこがれていたのは力道山のプロレス、このままだと相撲を辞められなくなる、とプロレスに転身、なかなか芽が出なくて、「金網デスマッチ」をするよう諭され、それも断りきれずに気がつけば「金網の鬼」なんて言われるようになり、という話、プロレス好きならきっとどこかで聞いたことがあるでしょう。



私、かつては国際プロレスを愛好していたという話、過去のこのエントリ とか最近はこんなエントリ をしたことがありますし、さらにはグレート草津さんの訃報 というのも採り上げたことがありました。ラッシャー木村と言えば、「こんばんは事件」(なお、実際には本人は「えー、こんばんは」としか言っていなかったらしく、「こんばんは、ラッシャー木村です」というフレーズはのちにギャグとして拡張されたもののようです)に始まる数々のマイクパフォーマンス でしか若い人にはわからないかも知れませんが、かつてはニック・ボックウィンクルとAWA戦で互角の勝負を演じた名レスラーだったわけで、と言ってこの名前で凄さが認識できる人がもはやそんなにいないんですよね。



ともかく、ラッシャー木村と言えば、私にとってはマイクパフォーマンスよりも、既につぶれかけていた国際プロレスの屋台骨をどうにかこうにか背負っていたイメージが最大なんですよね。極端ではありますが、何だか少年時代の何分の一かが落っこちてしまったような気がしています。



引退して約6年、恐らく糖尿からくる合併症で闘病生活を送っておられたのだと思いますが、最後は安らかに迎えられたものと思いたいですね。いろいろと苦労も多いプロレス人生だったのですし。



謹んでご冥福をお祈り申し上げます。





http://giocatore.blog9.fc2.com/blog-entry-3976.html
http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-3524.html
http://blog.livedoor.jp/fukuhiro_tigers_fan/archives/51692521.html
http://blog.livedoor.jp/kammyjt/archives/51672886.html
http://blog.livedoor.jp/ikeike1967jp/archives/51703627.html

2010年5月23日 (日)

幻のラヂオ体操?

幻の「ラジオ体操第3」があった、というのは、ちょっと不思議な振り付け解説の絵とともに実際やってみようというネタをナイトスクープでやっていた記憶もありますし、、最近レコードが再発見されたというニュース もありました。



ところが、さらに幻のラジオ体操があった!?、ということで、それが映像化されたのが、こちらの





幻のラヂオ体操第4





なんだそうであります(笑)。




この「難易度高めの」ラヂオ体操第4、まあ要するに宣伝のネタでありまして、Reebok JapanによるReebok TAIKANのプロモ です。はい、私、単純に乗せられてしまったクチでございます(ちょっと癪なので画像は貼らない)。



しかしこのラヂオ体操、最後の方は1人ではできないですね、って、だいたいできる人がそうそういるとは思えませんが。



(追記)
しかしこれ、プロモ的にはダメなんでしょうけど、最後の「TAIKAN」アップもすっ飛ばして、しれーっと終わらしてYOUTUBE放流しておいた方が面白かったのではないかと。最後の5秒でちょっと「惜しいよなあ」と思ってしまうんですよね。