« 初車検 | メイン | あらためてOSAKA光のルネサンス »

2009年12月20日 (日)

[M-1]消去法の王者

あ、まずい、ナイツを見損ねた、ということで始まってしまったM-1グランプリ2009。しかし1番目という不利な状況ながら平均90点を超える安定したネタを見せたのであろうナイツ。これがベンチマーク、という点では実に見事な前フリだったのでしょう。個人的には決勝で見たいぞ。



M-1というのは基本的に現場のトーンとテレビを通しての空気が微妙に違うというところがポイントで、自家採点する場合にもその辺を考慮に入れないと、特にFirst Roundまでは取り間違えることがあったりします。ナイツなんかは典型的な「小屋ではむっちゃ面白い漫才」だと思うので、それをこういう所で「爆発的なポイント勝負」に展開しきれるかが前回も思ったところで。



続いては私も久しぶりにネタを見るような気がする南海キャンディーズ。ストーカーネタで、展開させ方によってはイケそうなネタだったんですが、どうも「すべった」という印象がありありです。ちょっと見ていて辛かったなあ、と。



ここで敗者復活の結果。拾われたのは何とNON STYLE。今のところ最も地味な地位にあるM-1勝者。仮に敗者復活上がりのサンドウィッチマンパターンになってもその先が一緒では?と思いつつ、決まったものはしゃーないということで。



続いては東京ダイナマイト。見た目の派手さにかかわらず非常にオーソドックスなスタイルの漫才。ネタの選択はちょっとマニアックで、私は個人的にはウケるんですが、ちょっと会場の空気も冷えたままで、やっぱりこれはまずかったかなあ、と。時々、面白いけど決勝でレイティングを取る場に入れるのは間違いだったんじゃ、というコンビが出るんですが、私的には(個人的感想は別にして)そう思えてしまいました。



4番手はハリセンボン。個人的には「ネタの選択ミス」。基本的なパターンはいつもと同じなんだけど、ネタのパターンが「客全体に通りにくい」ということで、会場ももう一つ暖まりきらなかった印象が。実力はわかっているんだけど、「共感を与えられない」というところはちょっと如何ともしがたいです。やっぱり、女性コンビは恋したらダメ?ということで4組目での脱落、という意外なパターンに。



そして5番手は、8年連続で決勝ラウンドには出てくる笑い飯。いつものパターンでボケツッコミが入れ替わるネタ。鳥人の出現はしかしテンションが今までに見たことないような高さ。直前に「すべった」パターンが続いて、会場の温度が下がってしまったところでの出番はトップより難しそうだったのに、これは少なくとも私がM-1で見た笑い飯としては最高の出来です。少々の無茶はさておきパワーで押し込んでしまう、というのがM-1決勝では求められる傾向であったりしますし。紳助が100点出したのもわかる気がします(自分の持ちスタイルで最高のパフォーマンスをした、という評価だったのだと思います)。問題は決勝がつらいのでは?というところではないかと。



続いては若手埼玉系のハライチ。こういうのが一発かますかも知れないのが確かにM-1の面白いところではありますが、ここで笑い飯が新たなベンチマークになってしまったのが何とも辛いところ。ネタの流し方もちょっと保守的で、個人的にはもう一つかな。「カモシカにベッド」はちょっと面白かったですが、「上手くやろうとしすぎかなあ」というのが気になります。ともかく3位で暫定残り。東京ダイナマイトはまあしゃーないでしょ、という脱落。



CM明けで出てきたのはモンスターエンジン。前回のリベンジに燃える姿は伝わってきまして、ネタもある程度印象に残るものでありましたが、「中ウケがずっと続く」というのがどうも。あと、ネタが下がってくると審査員のセンサーにかかってしまうのが辛いところ。個人的には暫定3位ぐらいでも良かったと思いますが、まあそんなもんでしょう。



ここで笑い飯が最終決戦進出決定。やっぱり「次のネタ」が難しそうですよ。



8組目はパンクブーブー。コンビ名は聞いたことがあるような気がしますが、ネタは初めて見ます。多少緊張は感じられましたが非常にオーソドックスなネタ運びでしっかりと笑いのポイントを詰め込んで、個人的に面白いかどうかはともかくとして「上手い」とは思えるものでありました。確かに中田カウスが好きそう。点数も思った通りの2番手。決勝でもうひとネタですが、こっちの方が同等のものが見られそうで、松本、紳助が言うように、「笑い飯が終わっている」ということならひょっとするかも知れません。ハライチはやっぱり残念やったねえ、ということでいよいよ1st Roundも9組目です。



で、NON STYLE。基本的なパターンは前回と同様。ウケるネタなのはわかるんだけど、個人的には後半に畳みかける成分が乏しかったような気が。しかしポイントの状況から見て残るんだろうな、と思ったら結局ナイツと7点差で3位残り。やっぱりナイツは「いつもの様子」だったんでしょうか。本人が言うように、「15分1本勝負」だったら結果は変わっていると思いますけどね。



というわけで、笑い飯、パンクブーブー、NON STYLEが最終決戦に残りました。ここまでやってたらええ加減笑い飯を何とかしたれよ、とは思いつつ、ホンマに燃え尽きてたりして。





で、最終決戦です。まずはNON STYLE。ボケにちょっと弱さが垣間見えてしまって、「これより勢いのあるのが出てきたら吹き飛ばされるかも」と思っていたら、途中持ち直してさあこれから逆転や、と思っていたら終盤のボケがさらに弱くて「これならさっきの方が面白かったやん」というのが家人共通の感想。これはキツいかなあ。



続いて、出だしから(特にツッコミの黒瀬の)緊張が隠せないパンクブーブー。ネタとしてはとても良く練れたもので、個人的に面白いかどうかはともかくとしてその点は悪くないと思うし、玄人にはきちんと評価されるものだとは思うのですが、ちょっとこの舞台の状況のせいか、僅かなズレが本当の爆発力の妨げになってしまったのでは。こういう舞台は難しいですね。



そして4年ぶりに最終決戦の笑い飯。やっぱり1本目の方が面白かったですね。そして何故途中でパターンを替える?しかも最後がなんでソレやねん、と思いつつ、多分願望的には笑い飯やったんやろうがこれはえらいことになったな、というのが個人的な印象。とは言いつつ、今回の最終決戦の出来では、どこも飛び抜けた感じがしない、と思ってしまいます。




そして結果は、




満場一致でパンクブーブーですか...


わかるんです。さすがに1本目と比べて明らかに「ちんぽじ」で自滅した笑い飯、そして1本目と同様後半に失速してしまったNON STYLEと比べて、審査員としてはネタのしっかりしたパンクブーブーを取(らざるを得なか)ったということで、その点は理解できます。しかし、今回の結果はやはり「消去法」という印象が凄く濃いんですけどね。



毎回、M-1には「曲がり角」説が出て、そのたびにネタと出演者のパワーの効果で「いやいややっぱりそんなことはないで」という思いをするパターンが続いていました。しかし今回、画面で見る立場としての「微妙な距離」を感じてしまったのもまた正直な感想でして、うーむ、難しいですね。







http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51332798.html
http://aoimon.blog7.fc2.com/blog-entry-1255.html
http://newtoriaezu.blog71.fc2.com/blog-entry-1744.html
http://tlsjomu.blog94.fc2.com/blog-entry-123.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/22672463

[M-1]消去法の王者を参照しているブログ:

» 【M-1 グランプリ 2009】 優勝はパンクブーブー! (仙丈亭日乘)
パンクブーブーが全員一致で優勝 [続きを読む]

» 2009M-1覇者はパンクブーブー 動画あり (zara's voice recorder)
『M-1グランプリ2009』優勝はパンクブーブー 結成10年以内の漫才コンビNo.1を決める『M-1グランプリ2009』が20日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、パンクブーブーが優勝。史上最多のエントリーとなった4629組を制し、M-1王者の称号と賞金1000万円をつかんだ。 今年は..... [続きを読む]

» 『M-1グランプリ2009』優勝はパンクブーブー (つらつら日暮らし)
『M-1グランプリ2009』優勝はパンクブーブーに決まりました。 [続きを読む]

» M-1グランプリ2009 優勝は消去法(?)でパンクブーブー (こちら、きっどさん行政書士事務所です!)
やっぱり今回もネタ順の妙だった。 「笑い飯」の一回目「鳥人」のネタに 紳助が禁じ手の100点満点を出した時点で 「あ~、笑い飯の優勝は無くなったなー」 と思ったのはきっどさんだけではなかった筈。 2003年伝説の 「奈良県立歴史民俗博物館」 のネタを若... [続きを読む]

» M−1グランプリ2009 優勝は消去法(?)でパンクブーブー (しっとう?岩田亜矢那)
やっぱり今回もネタ順の妙だった。 「笑い飯」の一回目「鳥人」のネタに 紳助が禁じ手の100点満点を出した時点で 「あ〜、笑い飯の優勝は無くなったなー」 と思ったのはきっどさんだけではなかった筈。 2003年伝説の 「奈良県立歴史民俗博物館」 のネタを若し最終決戦でやっていたら、 そのトラウマから、秘蔵ネタを温存した結果 今年まで最終決戦に辿りつけなかった、笑い飯 そして、その禁を破り 現代漫才の極致とも言える「鳥人」ネタを 一回目に持ってきてしまった時点で完全燃焼、 「チンポジ」はその開き直りの表れ... [続きを読む]

» M-1GP2009 パンクブーブーが優勝 (ぼけ〜〜〜っと人生充電記!)
{/pc2/}  20日、漫才日本一を決める「オートバックス M-1グランプリ2009」が行われ、初出場のパンクブーブーが優勝、見事賞金1000万円を手にした。  史上最多の4629組が参加した今年の大会では、ナイツ、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト、ハリセンボン、笑い飯、ハライチ、モンスターエンジン、パンクブーブー、敗者復活戦の勝者NON STYLEの9組が決勝進出。さらに決勝では笑い飯、パンクブーブー、NON STYLEの3組が最終決戦に進出し、見事初出場のパンクブーブーが9代目チャンピオン... [続きを読む]

» ≪M-1グランプリ2009≫敗者復活はNON STYLE!!!&優勝はパンクブーブー!!! (局の独り言。)
やったーーーーっ!!!! ・・・・・叫んでしまいました♪ すごい・・・勝ち抜けてくれました!! 石田くんが暫定2位と語ってて ダメなのかと諦めかけてた うわぁ!!!! もぉ 落ち着いて見てられない。 震えが止まらない。 オートバックスM-1グランプリ2009公式サイ... [続きを読む]

» パンクブーブー2009年M-1優勝 (時代のウェブログ)
2009年M-1王者はパンクブーブー。 M-1ってのは漫才コンテストなんだな――と感じた。 「当たり前じゃん。何をいまさら……」と言われそうだが。 昨今のお笑い番組はキャラ芸人が全盛だ。 『爆笑レッドカーペット』にしても『エンタの神様』にしても、短い持ち時間でたくさんの芸人を出すにはインパクトが強いキャラ芸人が重宝される。もっとも、最近の『エンタ――』はあまりにも訳がわからないキャラ芸人ばかりであまりおもしろいと思わないが……。 いっぽうのM-1はやっぱりネタ主体なのだろう。 だ... [続きを読む]

» 「M-1グランプリ2009」 (slow,snow)
今年の「Mー1グランプリ」優勝したのはパンクブーブーで した!!決勝で審査員全員が投票したのは、チュートリアル 以来です!! パンクブーブーの漫才を見てまず思った事は安定感が抜群だ った事!!安定感だけだったら、他のMー1王者と比べても 群を抜いていると思います..... [続きを読む]

» 【M-1グランプリ】パンクブーブー、完全優勝!島田紳助「楽な審査」NON STYLE、2連覇ならず!画像動画 (宝物のフレンドリーBlog)
2009年M-1王者はパンクブーブー  紳助「楽な審査」と満場一致で完全優勝 結成10年以内の漫才コンビNo.1を決める『M-1グランプリ2009』が20日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、決勝戦初出場のパンクブーブーが満場一致で優勝した。笑い飯、パンクブーブー、NON STYLEの...... [続きを読む]

» M-1グランプリ2009 (O塚政晴と愉快な仲間達)
今年で9回目となったM-1グランプリ。 ここ数年台風の目となっている敗者復活は・・・昨年優勝のNON STYLE。 ということで、9組中7組が吉本所属。 審査員も7人中5人が吉本関係者。 これで公平な審査になるのか疑問に思う。 ・ナイツ 優勝候補でトップバッター。スターどっきりを観た人は応援したくなるよね。力を出し切ったと思う。 634点 ・南海キャンディーズ 良く出来たネタで面白いんだけど、なんか微妙な空気が・・・。 607点 ・東京ダ... [続きを読む]

» M-1グランプリ2009は、パンクブーブー? (いい加減社長の日記)
実は、観てないんですけどね^^; 若手漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2009」が20日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、決勝初進出のパンクブーブーが9代目チャンピオンに輝き、賞金1000万円を手にしました。 昨年の覇者、NON STYLEや8年連続決勝... [続きを読む]

» 『M−1グランプリ2009』初めて見たパンクブーブーが優勝 (コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ)
 小生、うじゃうじゃと存在するお笑い芸人の一部しか知らなくって、『M−1グランプリ2009』で優勝した”パンクブーブー”も、初めて目にした芸人さん・・・。  こんなに手堅くこなれていて上手な人がまだ埋もれていたのかとビックリでした。 【 準決勝 】  「ナイツ」と「ハリセンボン」は、何年出場しても、審査員が変わらない限りは良い結果が出ないと思いました。  松本人志とか島田紳助らの好みとは筋が違うもの・・・。  『M−1』では、非日常的でシュールな話を、日常的な会話に見えるように上手... [続きを読む]

» 本命だらけのM−1はパンクブーブーが王者に (あれは,あれで良いのかなPART2)
年末恒例となった若手漫才の日本一を競う「M−1グランプリ」は,パンクブーブーが審査員全員一致で優勝しました。決勝には,笑い飯と敗者復活から上がってきたNON STYLEが出てきましたが,それを抑えての勝利となりました。 パンクブーブーが優勝=若手漫才のM−1グランプリ(時事通信) - goo ニュース 今回は本命だらけで逆に大笑いできず 今回のM−1,いろんな思惑が絡んでいそうなところもありますが,それはさておき,比較的ベテラン勢が集まる戦いとなりました。反面,名前が先行して肝心な内容が今ひと... [続きを読む]

» 2009M-1王者はパンクブーブー!! (雲の上からHello! )
鳥人とチンポジが頭から離れない。 M-1グランプリ2009 パンクブーブーが優勝!! 敗者復活のNON STYLEを含む9組の漫才が行われ、最終決戦の3組に残ったのは笑い飯、パンクブーブー、NON STYLE。個人的には南海キャンディース、ハライチがもっと点数高くてもいいと思ったんだけどな。笑い飯は久々に面白かった。あのパターン飽きたので、爆笑した自分にビックリしました。 で、最終決戦。パンクブーブーで文句なしパンクブーブー、たまに短いコントみたいなの見たことあるんだけ... [続きを読む]

» 笑い飯自爆 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
M−1グランプリ2009の優勝はパンクブーブー満場一致で、文句なしの結果やなナイツが最終決戦に残れへんかったしあの3組の顔ぶれやったら、笑い飯が悲願の初優勝かと思ってんけど、土曜日のフルアム戦のスコールズぐらい酷い内容で、自滅最初の鳥人は、何その設定?...... [続きを読む]

» 鋼錬「プライド降臨」&M-1王者パンクブーブー (別館ヒガシ日記)
はセリムがホムンクルスでホークアイ脅す展開も  [続きを読む]

» パンクブーブー、9代目M-1王者に (ネット社会、その光と影を追うー )
若手漫才の日本一を競うM-1グランプリ2009の決勝戦が20 [続きを読む]

» という訳で予想通り「パンクブーブー」でした。 (hkano blog)
パンクブーブーが9代目チャンピオン! M-1 - 芸能 - SANSPO.COM http://www.sanspo.com/geino/news/091220/gnf0912202056001-n1.htm 何とか1位は当てたね。 http://blog.hkano.com/article/135253679.html 最終結果の順で批評コメント。 パンクブーブーの中でも弟子..... [続きを読む]

» 笑い飯、残念やったなあ (パイプの部屋)
決勝の鳥人では真骨頂のテンポの速いWボケが炸裂。なんせ紳助が満点つけるぐらいやし。最終決戦も前半は良かったのに…途中からチンポジに固執したのが間違いとちゃうか。M−1グランプリ開催当初からずっと出場。2回目以降ずっと決勝に残るもののチャンピオンには届か...... [続きを読む]

» 笑い飯、残念やったなあ (自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース)
決勝の鳥人では真骨頂のテンポの速いWボケが炸裂。なんせ紳助が満点つけるぐらいやし。 最終決戦も前半は良かったのに… 途中からチンポジに固執したのが間違いとちゃうか。 [続きを読む]

» M-1グランプリ 2009 (さざまるの雑記)
優勝決定戦には、笑い飯、パンクブーブー、NON STYLEが残り、 パンクブーブ [続きを読む]

» 12月20日 M−1優勝はパンクブーブー! (阪神タイガース日記)
今年もM−1のシーズンがやってきましたね。 決勝の1回戦は、前半は南海キャンディーズといいハリセンボンといいネタがイマイチなのが続きましたが、ナイツ・ハライチ・パンクブーブー・ノンスタイルは面白かったですね。 この4組の中から3組で決勝というのが妥当だと思ったのですが、とにかく笑い飯を勝たせたい勝たせたいの紳助の意向(吉本の意向?)が目立った1回戦でしたね。例えば、紳助の笑い飯の採点100点はあからさますぎるし、1回戦でパンクブーブーのネタが面白かった時も、観客の心をもう一度笑い飯の..... [続きを読む]

» またかw (極上生徒街-Anamorfosi-)
笑い飯は、どうも2本目が駄目なんだよな〜ファイナルに行くのに、とっておきのネタで入るから。ただ、パンクブーブーは面白かった。満場一致というのは納得。しかし、オートバックスのCMにパンクブーブーってw... [続きを読む]

» M-1グランプリ2009 (ともみの言いたい放題♪)
今年も、「史上最多」の組が参戦・・・ [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。