« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

[総選挙]政権シャッフルへの道?(つづき)

さて、本日は午後から用事があって外出していたため、投票終了して早速の早駆け報道のパターンを見ることができなかったのですが、まあそれも必要ではないと思われるほどの結果になってしまいましたね。



少々の敵失やネガティヴキャンペーンでどうこうなるとは思われない情勢ではあったと思いますが、一応の注目点が「与党の負けっぷり」にあったと思われる状況で、しかも終盤には民主対象報道への揺り戻しも囁かれていた(かつてのNステーションで何度となく聞いた福岡氏の「アナウンス効果」というのをかなり思いっきり思いだしたのですが)だけに、これだけの独り勝ちになるとは、という印象です(比例の当選者が足りない、というところも出てくる様子)。



与党系の大物があちこちで議席を失っているのもそうですが、特に大阪で開票速報を見ていて驚くのは、小選挙区ではほぼ無風を保ち続けていた公明党の単独候補が、大阪の各選挙区でどうやらバタバタと落選しそうだということ。はっきり言ってこんなことは学会関係者でも嫌学会の人にとっても「あり得ない」事態だったわけで、諸々の逆風はそこまでだったのかと改めて思うわけです。



投票率が前回の郵政選挙を若干上回り、70%にまでは行かなくともかなり高いという結果になって、その増分が大きく民主に流れるとともに、これまでの与党票を支え続けてきた各種支持団体がバラバラと剥がれていった(団体としての結束性にも緩みが出たと言えるのでしょう)だけではなく、創価学会までも、今般の風速に対しては防風林たり得なかったということだったわけで、選挙自体の姿にそれ相当の変化が現実化してきたということも否定できないでしょう。



まあこれだけ大きく結果が振れるのも小選挙区制の予期したことであったわけで、次の選挙がどう転ぶか、なんてことはわかりません。民主党のマニフェストが特に経済政策面で既に海外の一部でその無用なバラマキと成長逆行戦略の表明に「口あんぐり」モードで受け止められていますし、近隣国との関係、外国人参政権など、これから「そんなことまで支持したつもりはないぞ」という声があちこちで噴き出すでしょうし、参議院が過半数を持っていない以上連立を組まざるを得ない相手に関する「社民党リスク」(これは一言でスッと入るいい表現ですね)しかり、さらにいくら議席を取っても「獅子身中の虫」になってくるはずの勢力は必ず残っています。今回の結果で大きく伸びた民主党内勢力は民主党本流としての活動を本格化させていくものと思われます。大勝したからこその「政権シャッフル」、いろいろあるはずです、これから。



もっとも、少なくとも今の政官のあり方に変化は生じるでしょう(大きな期待はできん、という説もありますが)。まずは来年度の予算がどうなるねん、というところからスタートしなければいけませんし、政権が正式に発足してから、そうゆっくり考えている時間もなさそうです。今回投票した有権者はバカではありませんから、これから民主党政権が「どう見られていくか」というところと、「野党」自民党の動きも、世の中みんな注目していくことでしょう。




(8/31朝追記)
民主が結局308議席ですか。数字連想でうちのプジョーネタにアクセスがくる、ということはないですね。

それにしても公明党は代表まで敗れるというまさに「あり得ない」結果。うちの選挙区でも毎回余裕の当選だった公明前職が消えました。比例ではそれなりには取れているわけですが、やはり学会票だけでは小選挙区は水物になってしまうわけですね。この先民主との関係など、また動きがあるかも知れません。

その他個別の候補者にまで触れだすと何時間もかかりそうなのでやめときますが、ところで幸福実現党はこの選挙でどんだけお金をドブに捨てたのか、おおよそ推測できた実信者数とともにどうでもいい関心は残ってしまいますね。







http://blog.goo.ne.jp/hhh1010/e/b4eb31c067dda08218fab64e07d41642
http://cw0609.blog17.fc2.com/blog-entry-1178.html
http://blog.livedoor.jp/bp_kaisei/archives/51292010.html
http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/51989131.html
http://blog.livedoor.jp/gm0079/archives/51416731.html
http://tetorayade.exblog.jp/11833574/
http://blog.livedoor.jp/aomarine68/archives/51317511.html
http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51259991.html
http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/52016794.html
http://blog.livedoor.jp/duskin/archives/51690700.html
http://blog.goo.ne.jp/hhh1010/e/8d1d01c4b8ed58612bcabdda92213f95
http://engage10.exblog.jp/11012266
http://blog.livedoor.jp/yswebsite/archives/52433380.html
http://omegatribe1964.blog69.fc2.com/blog-entry-768.html
http://blog.livedoor.jp/ykyama_g3/archives/51922697.html
http://blog.livedoor.jp/acideigakan/archives/51310471.html
http://blog.livedoor.jp/tama173/archives/1528544.html

[総選挙]政権シャッフルへの道

皆さんはもう投票に行かれましたか?



私は午前中に行ってきましたが、投票所の人ではまあぼちぼち、といったところだったでしょうか。報道でも、今のところは郵政選挙として最近では関心が高まった方であった前回総選挙を若干上回っている様子です。ただ、東日本には台風接近の影響がこれから多少出てくるかも知れませんが。



以前にも断片的に書いていますが、今回の選挙は「政権選択」という1回限りではなく、今後あるべき政権の路線を目指すシャッフル第1回戦、という位置づけだと思っています。今日あの党に入れている人の中であの党との連立を望んでいる人がどれほどもいる訳ないやろ、とか、まあほんの一例ですが。



開票速報モードに入りましたら、別エントリにて続けて参りたいと思います。



(今日聴いていたCD)
リスト:メフィスト・ワルツ、レ・プレリュード、マゼッパ、サン・サーンス:死の舞踏、オンファールの糸車、デュカ:魔法使いの弟子、ビゼー:「カルメン」組曲、ラヴェル:道化師の朝の歌、ラ・ヴァルス
パレー指揮 モンテカルロ国立歌劇場管
SCRIBENDUM:SC017 (1969~79年録音)



Cdcover_sc017 最近になって時々入手するようになっている(ただし定価ではなく)ポール・パレー指揮の録音の中でも、こちらはかなりキテいるもの。これも時折手に入れてしまうSCRIBENDUMレーベルのうち旧Concert Hall Societyによる録音を集めたもので、この人の録音がこういうところにあったのも知りませんでしたが、録音年代にも結構驚きです。



良く知られているデトロイトsoとのMercury盤はだいたい1960年前後のもの、これらの録音は1963年にデトロイトを退いた後、ヨーロッパに戻った晩年に収録されたものですが、特にカルメンは伝えられる所では1979年、指揮者の亡くなる年でこのとき93歳です。サン・サーンスも90歳を越えた録音らしく、それでもこれらのカッチリと豊かな音作りには敬服せざるを得ません。ラ・ヴァルスの渦巻く快感も、アンサンブルと録音の適当さを忘れさせてくれます。この種の音に対応可能な方には是非聴いていただきたい録音、と言えるでしょう。



なお、「道化師の朝の歌」は、どうやら他の指揮者の録音を紛れ込ませているらしいです。




http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/b7b03603cade9d93be0948a3efce34f2/49
http://blog.so-net.ne.jp/jiji-bibouroku/2009-08-30/trackback
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/88439/20869818
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/5c57d6711e6286fca5e97f17d0f3ae18/00

空気清浄機に並んでみた

Aeon083001 うちの近所に某リーファがあることもあって、イオンカードの会員になっているわけですが、会員宛に時々、「1日限りの特別価格」と称して、ジャスコでのいわゆるお客様感謝デーに合わせた家電などの数量限定特価販売(イオンカード決済のみ、といった条件も込みで、また20日30日5%offもつけて、量販店の値切りなし価格と比較して結構対抗できそうな設定になっている)のチラシが送られてきますね。



今回のメインはPanasonicの42型プラズマテレビですが、ときめきポイント(この名称こっぱずかしくてアレなんですが)20倍付けで量販店最安値に何とか追いつくか、というぐらいの価格設定です。まあその、爆裂的な安値というのは、処分品以外ではそうはできないでしょうが。



Aeon083002 一方、その裏面で家人がチェックを入れたのが、シャープの加湿空気清浄機。冬場の加湿、それに春先の花粉と、確かにこれからの時期に要りそう、しかも昨今のインフルエンザ再燃状態で、本当にどの程度あるのかは個人的にはよくわからないウィルス防御機能を追ってこの種の商品には引き合いが多いらしく、この製品も昨年新発売で今年の仕様がそろそろ出始めようかという時期でありながら、某価格サイトを見ても店頭価格が最近急上昇しているという状況。しかし恐らくその少し前にメーカーと契約して価格設定したものと見え、ちょっと前ならちょっと高すぎてダメダメだったけど今見てみれば量販店と比べても安いぐらいの値段。近所だしこれは行っておくべきか。



しかし「全国500台」とは、うちの近所の店舗に何台回ってきているのかも想定しづらいところでありまして、これはやはり開店即買いを狙ってみました。



お客様感謝デーには、花の無料配布もあったりするので1階の入口はかなりお客さんが並びます。したがって上階の駐車場側の入口に。そっちには並ぶ人もおらずにすっと入れ、家電コーナーに到達するとそこには誰もいない。



「空気清浄機をお求めですが、ではこちらへ」



と「お、さっそく来たか」という表情に見える気がする店員さんに導かれると、そのすぐ後ろに気がつけば後続客が2組。他にはどこにもまだ客など来ていないタイミングでこの状態とは。さすがにこの時期、目を付けている人は少なからずいたようで。開店速攻は正解だったのでありました。



奥からワゴンに乗って出てきた店舗割当て分は僅かに4台。直後にもお客さんはいらしていたようで、数分後には該当場所に「完売御礼」の紙がぶら下がっておりました。



Aeon083003 持ち帰ってみると、結構でかいもんなんですね。空気清浄運転で最大21畳程度の能力、ということですが。



果たしてプラズマクラスターイオンなるものがいかほどのものなのかわかりませんが(というか別にそんなものに「気は心」程度の付加価値を切望している訳でもないですが)、ともかくとりあえず空気清浄運転をしてみますが別に何がどう変わったのか目に見えるわけでもなく、まさに「気は心」としか言いようがないのではないかという気も。



まあ冬場から春先にかけては多少は恩恵が目に見えて来るのでしょうが。







2009年8月29日 (土)

[台湾]颱風とダライ・ラマ

台湾南部の颱風による被害から約半月。多数の死者を出した被災地を、宗教者として訪れ、犠牲者のの追悼と、生存者への祝福を、って、まあその、普通に自由のある国であれば、特に何らの問題もない話ですね。しかも「よその国」から文句言われる筋合いなんてあるわけないですね。さてさて、政権が代わって以降、こういうパターンはあり得なさそうな印象だったんですが、どうやら実現してしまいそうです。





颱風対応のまずさから現在の国民党政権に対しては引き続き不満がくすぶっているようであり、民進党サイドにもある程度傾斜した政策を持ってきて、という話ならわからなくもないですが、それにしてもいきなりでかいのをという印象が。いや、こういうタイミングを持ち出してくるダライ・ラマもさすがですね。



国民党は台湾独立には反対であっても、別に本土共産党の一部門になりたいわけではなくて、そこんところを単純化して、今回の決定を云々するのはどうかと思われます。今でもこの政党は「中国国民党」であり、最終的には本土に戻って自らが中国を統一することを目標としつつ、「共産党との微妙な関係を含めて基本的に現状維持」というのが路線であるはず。ダライ・ラマは過去にも台湾を訪問していますし、急に全く新規なことを起こそうという訳でもない。無論中国共産党様にとっては文句を言わざるを得ない話でしょうが。



かくしてチベット、台湾、その他いろいろ、微妙なバランスで回っているわけですが。日本の次の政権はどう言うんかいな、こういうときに。






2009年8月28日 (金)

ちょっと遅れて4周年

いつも当ブログにご来訪いただき誠にありがとうございます。



「ベタな平日」でバタバタしていてすっかり忘れていましたが、8月27日(実際は26日の深夜だったんですが)に、当ブログは4周年を迎えておりました。



別に世界のために何の役に立っている訳でもないブログではございますが、これからもまあぼちぼちと、今ぐらいのペースでは続けて参りたいと思っております。引き続きよろしくお願いいたします。







Moontheriver02 ちなみに、日本時間の4周年きっちりのタイミングでは、私はビエンチャン→バンコクの飛行機の中でありました。そのちょっと前に、ビエンチャン中心部からルアンプラバン通りをワッタイ方向に向かった中ほどからちょっと狭い道を川の方に入ったところにある「Moon the Night」というリバーサイドのビアレストランで夕食を摂って、機内は即寝たおしでしたが。



今年は川の水位はそんなには高くないようです。8月も下旬となると雨期も後半。毎日が雨、というほどにはならないようで(というか、私は7月以降4回ビエンチャンに来ているが何故か1回も雨に遭っていない)、少々過ごしやすい季節になってくるのもあと僅か、といったところでしょう。



対岸のタイ側で丸く光っているのは観覧車みたいなのでしょうか。ゆっくり回っていましたので、何かお祭りの移動遊園地みたいなものかも知れません。







Potato Spicky

「ベタな平日」から本日帰ってまいりましたが、今夜は食べ物ネタで短縮版です。



あまりこの種のスナック菓子は買わないので知らなかったんですが、日本では「かるじゃが」という商品だそうですね。グリコのPotato Spickyというやつです。グリコ製品でも、以前エントリ にしたプリッツのラープ味は空港の免税店にも小箱包装で売ってますが、こちらは現地のコンビニとかにしか並んでいないようです。



Spicky01 味は塩味系のオリジナルテイストから、チーズ味、サワークリーム味とあるのですが、←こちらが恐らくタイ国限定仕様と思われるナムプリックムーン味です。



このお菓子自体は、ポテトをノンオイルでまとめたスティック、中心は空洞で、オリジナル(白い箱)のだと歯触りも味もかなり軽め。じゃがりこみたいな歯ごたえを想像していると肩すかしを食います。



これじゃちょっと物足りないなあ、と個人的には思っていたのでありますが、このナムプリック、なかなか味も香りもいいです。タイっぽさが程良く漂い、歯ごたえの頼りなさも余り気になりません。味わいとしては、プリッツラープ味よりずっと良いのではないかと思います。これもそのうち免税店に出だすのではないでしょうか。



Spicky02 本品は宿泊先近辺のAsok駅(BTS)にほど近いセブンイレブンで購入したもの。この種のコンビニには大抵置いてあるようなので、探すのには苦労しないと思います(ラオスのM-Pointにも置いてあった)。



同じ店で買ったARCHA(アーチャー)ビールとツーショットにしてみました。このビールはアユタヤの方で造っているどっちかというと格安ビール系の商品のようですね。あまり味にコクとかはありませんが、まあサクッとこの種のスナック系に合わせて呑むにはぼちぼちいい所かな、という感じ。しかし個人的にはついついビアラオと比べてしまうもので...





2009年8月25日 (火)

[こりゃひどい]便座に接着剤

ある意味相当悲惨な事件でして、状況が判明してから(恐らく座った瞬間の何だか冷たい感触から「おーっと」と立ち上がろうとしたときには既に遅かったということなんだろうと思われ)自力解決を模索して、結局助けを呼んで、何とも言いようのない格好で搬送されて処置を受けるまで、別にこの人自体は何も悪いこともしていないのに情けない目に遭わされてしまっているわけで、想像するだけでひどいです。





いかにも日本のどこかにこういうことをしでかしそうな奴がいるように思われる事件ですが、オーストラリアにもいるんですね、この種の無差別犯行。



直ちに人命にかかわることではありませんが、ある意味どつかれるよりも辛いかもしれないこうした行為、日本人は絶対真似しないように






2009年8月24日 (月)

[七面鳥]ウイルスは行ったり来たり

人生いろいろ、ウィルスいろいろ、いやその、笑い事ではありませんが、ウィルスも宿主なしには生きられない身(「身」とか言うか?)ですし。





日本国内でもすでに新型と呼ばれるインフルエンザで名前の知られるエリアにおいてあれだけの感染、発症が見られるわけですし、1週間に10万とか100万とかいう規模も決して間違いではないでしょう。それが当然いろいろなところへさらに流れていくことも十分想定できるわけですが、鳥類に還流、というのは想定内だったんですかね。ともあれ日本人にはそんなにファンがいるとは思われない七面鳥だからこういう程度の話ですんでいるのでしょう。モノが違えばたぶん大騒ぎだったでしょうに。



これが果たして今後のウィルスの成り行きに〃影響するのかは想像がつきませんが、何か違った挙動を見せる、という可能性はここに限らずいくらでもある訳で、多くの人にとっては「結局流行性の夏風邪?」という程度のレヴェルですんでくれるといいわけですが、とりあえず引き続き、深刻になり過ぎない程度にウォッチを続ける、ということしかないようではありますね。もう感染ルートなんかどこにあるのかわからない状態ですし。

「騒ぎすぎない程度に注意する」というのが世間的にも続いていただけるといいのですが。







2009年8月23日 (日)

[爆弾騒ぎ]故意と鈍感

いちいち「お知らせ」エントリにしませんが、また明日から「ベタな平日」で最近1日おきになりつつあるエントリがちょっと止まる可能性があります。TB、コメント対応は例によって遅れるものと思われますので、悪しからずご了承下さい。来週木曜日の夜には正常化する予定です。



さて、空港によって違いますがセキュリティではPC出して身につけた金属製品出してジャケット脱いでベルト外して所によっては靴も脱いで、X線の感度もだいぶ上げていたり、さらにゲートに入るところでさらにチェックするところもあったりと面倒なことが多いですね。それでもこういう迷惑なことをしでかす輩がおって、まあ現場サイドには同情する部分は大いにありますが、それでも何とかならんもんかいな。





ニューデリーの空港ですからエア・インディアがメインとなった規模の大きい空港、しかし確かにどこでとんでもない奴が出てこないとも限らない、という雰囲気は感じられます。しかしそういうのってどこからやらかしてるかも結構すぐわかってしまうということに頭が行かんかったんやろか。諸々の損害はかなり賠償の要ありかと思われますが。




一方はドイツの日本人。ロッカーとかないし、手荷物預かりとかもないんかとは思いますが、特に海外では、荷物をUnattended状態にするな、というのは超常識だと思っていたんですけど。



日本人旅行者ベンチに荷物固定し観光へ 独で爆発物騒動(asahi.com)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
ドイツ北部ハンブルクの中央駅で21日、ホームに不審物が見つかり爆発物処理班が出動する騒ぎがあった。ところが、不審物は日本人観光客がベンチに チェーンで固定した荷物で、本人は身軽になって近くに観光に出かけていたことがわかり、地元紙から「文化的な誤解か、はたまた単なる鈍感か」と批判的に報 じられる騒ぎになっている。(中略)

 荷物は警察官が発見し、爆発物の疑いもあるとして処理班が出動。荷物のあったホームなどが最大で1時間半にわたり閉鎖された。
(引用終わり)

北ドイツの中心駅で持ち主不明の荷物がしかもベンチにチェーン巻いて放置してある、となると確かにちょっとやばい気はします。常識的に「中身がどうなってもええんか?という発想はすぐに出てくると思いますが、列車40本止めて爆発物処理班を入れて、となるとほんまにそこまで必要やったんかいな?と言うところですし、損害賠償額がまるまる「荷物置いて行ってもうた人」にそっくりかかってくるかどうかはわかりません(争い様はあるように思われますが)



それにしても、放置はいけませんよ、放置は。







2009年8月21日 (金)

[死んだふり]それでもおかんは怖いんかいな

これは久々のおバカニュースということでしょうか。よっぽどまずいことがあったんでしょうね。



<公務執行妨害>逮捕後2時間半「死んだふり」救急搬送騒ぎ(毎日jp)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 警察官運転のオートバイに原付きバイクを衝突させて軽傷を負わせたとして、大阪府警堺署は19日夜、(略)を公務執行妨害と傷害の疑いで現行犯逮捕した。(略)容疑者は取り押さえられた後、約2時間半にわたって「死んだふり」をし、救急搬送される騒ぎに なった。黙秘しているという。

 同署によると、(略)容疑者は走って逃げたが、通行人の男性に腹部を殴られて阻止され、巡査長らに取り押さえられた。(略)容疑者は目を閉じて動かなくなり、救急車で病院に搬送されたが異常はなかった。約2時間半後に母親が同署を訪れると、急に目を開けたという。

(引用終わり)



やってることがやってることな割に、通行人にストップされて死んだふりですか。しかしまあそのまま病院に搬送されるまで粘るというのは、根性があるんだかないんだか。いや単に世間の迷惑というだけですかね。警察もそこまで付き合ってやる必要があったんやろか。「死んだふり」の解除方法なんかいろいろとありそうな気もするんですけど。



それも、おかんが警察に来たら途端に復活するというんだから、そらよっぽど怖かったんかいな、と苦笑せざるを得ません。



しかし、世の中には警察の面前まできても巧妙に逃げ切りを図ってどうのこうの、という人もいたりするわけなんですがこういうネタには不謹慎ながら微笑ましさまで感じてしまうのは何なんだか。