« [新型インフルエンザ]関空-デトロイト線、なくなってたんですね | メイン | 実録・電車と歩きでうどんツアー2009(その4:約15年ぶりの店) »

2009年5月 9日 (土)

実録・電車と歩きでうどんツアー2009(その3:大川製麺に再挑戦)

CWさんのブログ で知ったのですが、このGW中に某うどん店では最大4時間半待ちの行列だったとか(多分私がだいぶ長いこと行ってないあそこでしょうね)。高速1000円効果もええ加減にしてもらいたいと思う一方、「4時間半待ってたら他の店に行かれへんやん」と思ったりもしつつ、前回 の続き、コトデン太田駅から琴平へ、さらにJRでひと駅上がって善通寺に着いてからであります。



Sanuki016 最初に向かうのは去年食べられなかった 「大川製麺」。場所は前回を参照いただくとしまして、今回は、前に車が停まっていて見にくいですがちゃんと製麺所の横の「うどん」スペースのシャッターも開いています。食べられそうです。



ここは、その「うどんスペース」に入っただけでは何も出てきませんで、まずその右の製麺所に突入し、おばちゃんに注文して、それから左の部屋で待つ、ということになります。



Sanuki018 今ではこちらはすっかり「うどん」となっていますが、元々はベビー用品等の雑貨店だったスペースです。(向かいがその店舗になっているのか?)。製麺もかなり古くからやっていたようですが玉売り専門うどんスペースの入って左側には在庫品とおぼしき物がいくらか置かれていまして、右側にテーブルが2つと椅子が10脚ほど。マンガなんかも置かれていますが、そんなに腰を据えているほど時間がかかるわけではありません。手書きのメニューがずらりと貼られているのがいかにもこういう店らしくていいですね。左下のガラス瓶には、なぜか「月下美人の花のアルコール漬け」が入っています。



ここは冷たいぶっかけを、大は230円です。



Sanuki019 他にお客さんもおらず、しばらくマンガ読んで待っていますと、←こちらの窓に、商品を持ってきてくれますので代金と交換と。お茶はセルフサービス(この日は私が最初の「食べに来た客」だったのか?冷たいお茶を持ってきてくれました)、食べ終わった食器類は左のトレーに置いておく、というスタイルです。




Sanuki020 で、出てきたのが←こちら。



でかい。既に早朝からお腹には4玉入ってまして、このあとできれば午前中に3軒、と思っていたその気分を軽くくじくこの量(そんなら全部「小」にしたらええやんか、という声もあるかも知れませんが、これはもう私のうどんツアーのポリシーでして。「大の男がちまちまと小なんか注文できるかい」と。何もそんなに意地にならなくてもいいんですけど)。ぶっかけなのでこれがほとんど麺の正味量、というところです。



Sanuki017 しかしそこは製麺所の「そこで作ってる麺」です。やはりどーんと作っているのは7時台ということで、私が食べに行った8時半ごろというのは若干時間が経っていることになりますが、それでも強靱ということはないけれども程良い中腰の感じられる口当たり、重ためですが粘る感じはなく、通りは滑らかで、麺自体の味わいもしっかりしています。



町の中にあるうどん屋で、この日も卸でかなり製造しているのでしょう、帰るときにもおばちゃんは忙しそうにしていました。町の麺は誰にでもお奨めできる美味しさです。駅からも近いので、私のような電車組にもいいですね。




(善通寺2軒目につづく)




http://cw0609.blog17.fc2.com/blog-entry-878.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/19661371

実録・電車と歩きでうどんツアー2009(その3:大川製麺に再挑戦)を参照しているブログ:

コメント

こんばんは。
TB、コメント、ありがとうございました。
廉価ですし、美味しそうです。
見てると食べたくなってしまいますね(笑)。
しかし、それがGWに客を呼んだんでしょうか?

テレビで見てただけですが、そこまではどうなんでしょう?と思ってしまいますが……

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。