« [西松献金]誰もが思うことですが | メイン | [ラオスのベタな平日]Pakseはラオス第2の都市 »

2009年3月 7日 (土)

[WBC]コールド勝ちでも2勝分にはなりませんが

とりあえず、やっぱり台湾が弱すぎることが判明してしまったWBCの3日目、逆に日韓戦は、テレビ実況がうだうだと煽る割には「どうせ負けても2位通過」という雰囲気だけは漂っていてまあそれでもいろいろと事情はあるのよね、という感じ。でも、前回みたいに負けて負けて最後だけ勝って、というのも不細工ですから、ちゃんとした試合はしとかないと、というところですね。

さて、試合はいきなりイチローが(相手が変わって)やっと本気になったかのようなクリーンヒットで出ると、中島、青木とセンター返しで、ものの5分で1点先制。要するに、ボールを見過ぎて金廣鉉の投球のヴァリエイションに惑わされるより、早いカウントで入ってくる球は狙い打つ、ということ(ボールの握りに問題があったっぱいのも原因かも。売り物のスライダーが高めに力無く浮いてしまう場面も散見された)でしょうか。しかし村田、小笠原とカウントを揃えられての連続三振。ありゃりゃあ、と思ったところで内川が、スライダーがボールに落ちるところをちゃんと見極め、次の球がストライクゾーンに入ったところを引っ張り2点二塁打。続く福留があっさり三振するところを見ても、この投手は「打ちやすい人」「打ちにくい人」がありそうな。ゾーンを狭くとってかっちりと当てていければ大きいのはなくても点は取れる、というところを実践したような3点先制。3アウトまでにつながればいいんよ、というのが序盤の戦い方、という割り切りもあったような。

日本の先発はここまで韓国に痛い目に遭ってきている松坂。大体立ち上がりにはいつも不安がつきまとうところ、まず出すとうるさい李鍾旭を詰まらせて遊ゴロに仕留めたのですが、続く鄭根宇には決め球が若干中途半端になってヒットを許します。続く金賢洙にも決め球が大きく外れた(変化球のコントロールは明らかに悪い)その次を右中間へ運ばれます。しかしイチローから3塁への送球を村田が前で押さえて打者走者を2塁で刺し、これで一安心かなと思った矢先、金泰均に3-0からど真ん中高めに打って下さいという球。それはいかんやろ、という1点差。続く李大浩にもスライダーがストライクゾーンに入らず苦しい状況が続きます。秋信守は何とか一ゴロに討ち取りますが、初球のスライダーも高かったぞ、ということで、やはり簡単にいかなさそうな初回になってしまいました。球数のこともあるので、これは継投のパターンが問題になるかも知れないと思いつつ、予想外の3-2で1回終了。

2回。やはり「追い込まれる前にコンパクトに打つ」というスジの通り、城島が左中間に落とし、続く岩村に対しては金廣鉉の3-2からのスライダーが高く浮いて無死1、2塁、さらにイチローがバッテリーの動揺を見透かしたかのような初球セイフティバント、無死満塁。中島は3-2から2球粘って、最後はきわどい内角へのスライダーを選んでの押し出し。あれは手が上がってもおかしくないコースに見えましたがともかく2点差、さらに無死満塁。青木は2-2にされて打たされた感がありましたが韓国の内野はまだ2回ということで前進守備は取っておらず、併殺崩れで3点差。村田もこの打席は追い込まれてからはよく粘って9球目、少し甘く入ったチェンジアップをすくい上げて狭い東京ドームの左中間へ。一気に8-2として金廣鉉をKOします。これは予想外の展開ながら、今後の再戦も考えれば素晴らしい展開。

村田は結果としてホームランになりましたが、ここまでの攻撃は、金廣鉉に対しては小さく確実に捉えていく、これを全員が徹底したことが結果になったということでしょう。

となると松坂が立ち直ってくれるかなんですが、やはりコントロールは不調。李晋映にストライクを取りに行く直球を振り切られてヒットを許します。しかしここで朴勍完が外のスライダーを少々無理に引っ張り込んでくれて村田への併殺打。朴基赫は直球で押し込んで二ゴロと続き、試合の流れを締める無失点。投球数も節約できました。

韓国のピッチャーは2回途中から鄭現旭。3回も威力のある速球で福留、城島まで抑え込んだところでスパッと張ウォン三に交代。岩村もスッと内角直球で見逃し三振、松坂も1番からの攻撃に対して、金賢洙には四球を出しますが、初回に一発を食らった金泰均は完全に詰まらせて無失点。投手戦が遅れてやって来たかのような状態になります。

4回。イチローが外へ逃げるスライダーを卓球のラケットでカット打ちするように中前に落とし、盗塁も決めて、中島が李大浩のエラーを誘い1点追加。村田がつなぎ、内川がまた四球を選んで満塁としますが、福留がブレーキとなってチェックスイングでの三ゴロ。一気にコールド勝ちまで見えてくる展開、にも見えなくもなかったのですが、さすがにそう簡単にはいきません。一方の松坂は韓国の4番からの攻撃をあっさり3人で仕留め、終わってみれば2失点のままで「責任回数」と言って良い4回を投げきります。

5回。城島が外の球をおっつけて右前へ。岩村は四球を選んで無死1、2塁となりますが、今度はイチローが早めに追い込まれてスライダーに空振り三振、しかしここで中島が低い球をさばき、きれいにサードの頭上を越えてまた1点追加。青木は初球をセンターへ高々と打ち上げもう1点。小笠原はやはりこのチームの本旨に必ずしも沿っていないのではないかという打撃で倒れますが、これで9点差。その裏は渡辺が登場。8番からの韓国打線を7球で三者凡退に切って取り、万全の形で前半を終えます。

6回、韓国の投手は李在雨に。福留がようやく三遊間に合わせてヒット。続く城島がラインドライヴで左翼に飛び込む2ラン。何とこれで13-2。イチローに早くも5打席目が回ってきますが中飛。しかし11点差。これは想定外のコールド勝ちも見えてきたぞと。

6回裏、日本のマウンドには杉内。2番から始まる打線に対して、小気味よい投球、コースをきちんと突いて相手にバッティングをさせません。

7回、中島がホンマにこういう所でのバッティングはこれよ、という感じで直球を右中間へ。ウェイヴも入って振り逃げも入って、小笠原の一ゴロの間にもう1点。その裏2点までならコールドというところで岩田がマウンドへ。しかし李大浩にボールが荒れてストレートの四球。続く秋信守が入ったところでボーク、さらに死球と穏やかならざる投球。しかし李晋映は初球を二直、朴勍完も初球を左飛。そして代打の李机浩を見逃し三振と後続をきれいに抑えて、14-2のコールド勝ちです。とりあえず日本はサンディエゴに一番乗りとなりました。



さあ、これで恐らく試合前に願望はあっても予想した人はほとんどいなかったであろうほどの日本の大勝となったわけですが、この大会のレギュレイション上、各ラウンドの1位を決める試合というのをやらねばならず、さすがに韓国も中国に負けることはないでしょうから月曜日に「1位2位決定戦」が入ります。進出決定で1試合分休み、としてもらいたいところですがホントは。

今日の試合は、日本が打線のつながりでペースを握って投打が噛み合った形で進めることができたわけですが、ここまで絵に描いたような快勝がこの後の試合も続くとは考えにくいでしょう。しかし、日本が日本らしい戦いをできるような選手を残し、そしてこういう一つのプレッシャーがかかる勝負できっちり目的を遂行できる戦い方を各選手がしていた、この点がこれからの試合を戦っていく上でも重要になってくるでしょうね。

テレビはまるで優勝でもしたかのようなトーンですが、まだまだこの大会は始まったばかりです。「歴史的大勝」をしてもこれが唯一最高の試合になってしまってはダメなわけでして。この先も注目させていただきます。

(3/8夜追記)
やっぱり、こういう試合で中国に勝てというのが無理なようで。まあ想定されたところではありますが、これで明日が第2戦ということになりました。日本の先発3人目は恐らく岩隈でしょう。次こそは投手戦か?

さて他の地区でも第1ラウンドが進行していますが、ドミニカ共和国がオランダにまさかの敗戦とか。まだプエルトリコと試合をしなければならないので、これはいきなりかなりの崖っぷちではないですか。A-Rodが抜けた影響、とかいう単純なことではないと思うんですが。

米国もカナダ相手に終盤かなり追い込まれていましたし。とりあえず一つ勝ったからには、ベネズエラとイタリアの両方に負けることは考えられませんが。しかし波乱の芽はまだ消えていないようであります。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/18800907

[WBC]コールド勝ちでも2勝分にはなりませんがを参照しているブログ:

» WBC日韓戦、韓国にコールド勝ち! (だんなの馬房)
こんなうれしいことありません! 侍ジャパン、打線大炸裂であります。 しかも、あの韓国に「14−2のコールド勝ち」ですから最高であります。 日本の最大のライバルである韓国をこてんぱんに叩いてくれました。 彼らも少しは日本に大口を叩かなくなればいいのですが・・・。 イチローも完全復活、スランプは脱しましたね。 日本は16日から米国・サンディエゴで行われる2次ラウンド進出が決定。 よっしゃ〜! この調子でWBC2連覇へまっしぐら{/hiyo_do/} ... [続きを読む]

» 【WBC】日本、韓国にコールド勝ち (あれこれ随想記 )
日本、韓国にコールド勝ち…WBC第2ラウンド一番乗り(読売新聞) - goo ニュース 日本14−2韓国(7回コールド試合、WBC第1ラウンド2回戦=7日)−−打線爆発の日本が、コールド勝ちで韓国を破り、第2ラウンド(日本時間16〜20日・米サンディエゴ)進出を1番乗りで決めた。 序盤は打撃戦。日本が1回、イチローからの3連打で先制し、内川の2点2塁打で加点すると、韓国はその裏、4番の金泰均が特大2ランを放った。 ここから、日本が一気に突き放す。2回に村田の2試合連続アーチとなる3点本塁打、6回に城... [続きを読む]

» WBC 日本14−2、韓国にコールド勝ち! (ぼけ〜〜〜っと人生充電記!)
すかっっっとした〜〜!!{/kaeru_en4/} 日本|350|122|1|14 韓国|200|000|0| 2 イチローが打ったらやっぱり違うわ!{/face_warai/} でも先発・松坂は余りよくなかった。 1回終わって3対2。 試合はシーソーゲームになるんかな?と思っていたら……                    にっくき韓国に7回コールド勝ち!{/face_warai/} え?コールド勝ち?{/kaeru_en3/} コールド勝ち?{/kaeru_en4/} ... [続きを読む]

» WBC 日本−韓国 先攻の利を生かし米国行き (CW馬なりにて歩む)
WBCの2戦目は勝ったほうが米国行きを決める日韓戦。 毎度接戦となりますが、ふたを開けたら乱戦模様の序盤。 これまでになかった打線のつなが... [続きを読む]

» WBC日本、宿敵韓国に歴史的勝利! (徒然なる司馬に)
いや〜、気分爽快とはまさにこのこと。野球ファンで本当によかった(笑) 宿敵韓国を日本野球が歴史的コールド勝ち! イチローもこの韓国戦に仕上げを合わせたのかと思ってしまうぐらいの3安打。あのセーフティバントは単独判断だったのか、チームの指示だったのかはTVを見る限りではわからなかったが、「韓国に勝ちたい!」という気持ちが前面に現れた一打席だった。最後の打席はホームラン狙いのスイングでセンターフライに終わったが、コールド勝ちになる大差を付けながらも容赦しない姿勢なのか、ちょっと一発狙って..... [続きを読む]

» WBC 第二戦 韓国に14−2でコールド勝ち (王様の耳はロバの耳)
日本、韓国にコールド勝ち…WBC第2ラウンド進出(読売新聞) - goo ニュース WBC 第二戦 日本が韓国に14−2と7回コールド勝ちして米国行きが決まりました。 おめでとう御座います。 {/usagi/} 結果から見れば1回表イチローが打ってそれに後続が続いて3点。その裏松坂が打たれて2点献上しましたがこれで勝負は決まりでした。 この日日本の打線は途切れなく続き投手交代もピタリと決まり2回以降は(グリコの)おまけみたいに楽しめました。 {/kaeru_fine/} A組2位を決める過程で韓国... [続きを読む]

» [WBC] 日本vs韓国 日本がコールド勝ち (独 言 工 房)
 昨夜のWBC 日本vs韓国は、日本が14-2でコールド勝ちし、2次ラウンド進出を決めました。  昨夜は中継を見ていたんですが、4回表、9-2になった頃にチャンネルを変えて... [続きを読む]

» 山形も日本代表も大勝利! (MAC`S GADGET ANNEX)
昨日開幕したJリーグ。浦和は宿敵住金鹿島に完敗でしたけど、初昇格の山形は何と磐田から6点も奪ってのJ初勝利、しかも大勝利!まさか日本の... [続きを読む]

» 日本14−2韓国〜異例の圧勝〜 (虎哲徒然日記)
やはりイチローが打つかどうか、でWBCの帰趨は決まるのである。 先頭打者イチローのクリーンヒット。北京五輪で2度敗れた韓国先発のキム・グァンヒョンから奪ったこの一打が、火をつけるきっかけになっただろう。あっという間の3連打から、2者三振となったところで、....... [続きを読む]

» 「WBC」日本、韓国にコールド勝ち (SCRAMBLE-8)
侍ジャパン14-2で宿敵韓国にコールド勝ち!第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1次ラウンドA組(日本14-2韓国、7日、東京ドーム)大会連覇を目指す日本代表は北京五輪金メダルの宿敵、韓国代表と2次ラウンド進出をかけて対戦し、14-2と7..... [続きを読む]

» 【WBC】日本、韓国に7回コールド勝ちで2次ラウンド進出決定 (【本音トーク】 EVOLUTION )
アジアラウンドの山場となった韓国戦。韓国は台湾に9-0と絶好調のようでしたから、どうなることかと思っていましたが、結果は14-2と今までの韓国戦では考えられなかった歴史的な大勝で米国での2次ラウンド進出を決めました。 試合は1回表に不調だったイチロー選手がライト前ヒットで出塁すると、中島選手、青木選手と3連打でまず先制点を取りました。しかし村田選手、小笠原選手が連続三振、いやな流れとなりそうな場面で今日先発出場の内川選手が見事に先発出場の期待にこたえてくれる三塁戦突破の二塁出打で応えました。しかし... [続きを読む]

» 祝。WBC第2ラウンド進出決定! (Kio -朔北- De nuevo)
宿敵韓国に 7回コールド、14−2で 勝ちました。 おめでとうございます。 練習試合含め、 湿りがちな打線が 爆発しました。 第2ラ... [続きを読む]

コメント

私も舞い上がってしまいましたが、
実はおっしゃるとおりなんですね。

これはあくまで通過点であり、大会は始まったばかりですから、
この調子で気を抜かずに全力を出し切ってもらいたいですね。

だんな様


こんばんは。毎度ありがとうございます。

別に勝利に水を差すつもりはないんですけどね。ただルールとは言え韓国も勝ち方は違えど前回のWBCでは「2回勝った相手に優勝を持っていかれた」思いをしたわけで、最後に勝たなければほとんど意味なしというわけですから。

このラウンドは普通にリーグ戦にして、相星なら直接対決の勝者が上がる、とかしてくれたらいちいち面倒な試合をしなくてもいいんですが。

あ、今日の戦いぶりは、素直に見事だったと思います。イチローに当たりが出たのはきっかけではありましたが、それ以上に攻撃の「トーンが合っていた」のが第一だったのではないかと。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。