« [歯周病]商品化への前振りですか? | メイン | [温暖化]ちょうど寒波が来た時期だったからかも »

2009年3月14日 (土)

エルパソのポピー

今夜は大したネタがないなあ、ということで、前からストックしていた、「この時期が来ると思い出す」風景をひとつ。



Img009 場所はテキサス州最西端のEl Pasoです。



かつてDallasに住んでいた頃、「一度Texasの端っこまで行ってみよう」ということで(実際はついでにニューメキシコにも行ったのですが、それはまた思いだしたときに)、I-30がI-20と合流し、さらに延々と走ってI-10に合流し、州内でタイムゾーンを跨いで、どんどんとんでもないところを走っている気分になりつつ標高を上げ、1日で1200km近くを走って着いた翌朝、さらにI-10を北西に走り、ニューメキシコに入る手前で右に入り、山裾へと降りていく道を走ります。



Img010 Franklin Mountains State Parkというエリアに該当するらしいのですが、いかにもテキサスの果ての砂漠、という雰囲気の道をどんどん下っていくと、「あれ?あそこだけ地面の色が違う」と気がつく時期があるのです。



←この写真のように。



遠景でも、砂漠の中に明らかに違う光景が見られますので、それ相当のスピードで走っていても、その時の私のようにそこに何があるのか全く予備知識がなくても、イヤでも「何か凄い場所だ」ということぐらいは気付くはずです。



Img012 山を下ってそこにやってくると、メキシカンポピーの群生地でありました。そこにあると知っている人には非常に有名なエリアなんだそうです。



ほとんど黄色、ごく僅かに白。とにかく、←こういう花が平らな場所一面に咲きまくっておりまして(年によってその前の気候によって、咲き加減には当たりはずれがあるようです)、晴れた時に今下ってきた山の「砂の色」と空の青と、そして花の黄色というコントラストが、いかにも「砂漠の春」という感じで、十何年経っても強烈に印象に残っています。



Img011 こういう花の絨毯が見られるのは、雨が比較的多く降った年の春、3月頃のしばらくの間、ということだそうです。



これだけを見に行くためにエルパソ、というのはないかも知れませんが、もしこの時期にカールスバッドやホワイトサンズを訪ねてみたい、とお思いの方がいらしたら、是非ここまで足を伸ばしていただきたい。



わざわざ寄り道して見に行くぐらいの値打ちはあると思います。




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/18887995

エルパソのポピーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。