« [安まちメール]ときどきネタのようなのも来ます | メイン | [ライアンエア]機内トイレが有料化? »

2009年2月28日 (土)

冬の山女庵

Yamame201 さてさて、以前こちらこちら のエントリでご紹介した天下茶屋のジビエ、山女庵 でありますが、夏、秋と2回行ってしばらくご無沙汰していたところ、そういえばイノシシがまだあるはず、という声が例のメンバー(と言っても誰かは関係者にしかわからないが)から出てまいりまして、それでは早速、と今週行ってきました。



もう3月になろうという状況で「冬の...」というエントリはちょっとどうか、という説もないとは言えませんが、イノシシ関係は3月中はやってるそうですので。まだ予約可能であろうと思われます(逆に予約は必須)。イノシシの肉は、さばいてブロックの状態で1週間ほど低温で寝かしたあとは、冷凍しておけばかなり保つそうです。



Yamame203 庵主ブログによりますと、2月中旬に鹿8頭、イノシシ6頭と、結構捕れているらしいです。で、鰹のタタキの後には、もうこちらではお馴染みの←鹿のボイル。今回はドカーンと塊で登場。これで6人分たっぷりです。塩味だけですがいつもこれは本当に美味しいです。



これが出てくる頃にはぼちぼち例によって醸造酒と蒸留酒が入り混じり始めて、後で思えばしんどいことになるのは間違いないのですが、このときにはすっかりそこら辺は忘れたことにしているのも毎度の話。



Yamame204 そして続いては焼き椎茸と鹿肉ステーキ。前回の鹿ステーキは厨房で焼いたのを出してくれていたのですが、今回は目の前の炭火の上での網焼きです。



ボイルと違ってしっかりした歯ごたえ、ここで引き続いてワインが欲しくなるところですがさすがにここは危機回避か。



Yamame206 というところで、さあ、出てまいりましたのが←こちらのしし鍋。イノシシ肉でも、いわゆる「ぼたん鍋」ではなくて、「しし鍋」です。肉はぶつ切り、みそ仕立てのだしの中に、サトイモ、人参その他と一緒に結構ボコボコ入っています。いかにも田舎の冬のごちそう、といった雰囲気。だしもたっぷり、締めのうどんがこれまた最高です。



全般に、量的にはほどほど(と言っても最初に言ったときの量的インパクトがでかかったもので、それよりは多少落ち着いてるかな、というところ)。しかしこれだけまとめてイノシシをいただくこともあんまりないですし、野趣と味の上品さとのバランスがここはいつ来てもいいですね。



春は4月から山菜系メインに。初夏にはスッポンの卵、なんてのも出てくることがあるようです。また別の季節のネタをエントリ、といければ。






トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/18716555

冬の山女庵を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。