« [JASRAC]今年の「私的独占」 | メイン | [花粉]やっぱり、微妙に始まっている »

2009年2月 7日 (土)

[スポーツ名勝負]今のテレビが失ったものがまたここに

本日19時から「50周年」のテレ朝系列でやっていた「伝説スポーツ名勝負...」という番組。



ネタは「猪木vsアリ」、「中山律子のパーフェクトゲーム」、それに「10.19」。



よくよく考えれば、最初の2つは「NET」やないかい、という話もあるわけですが(ついでに10.19もABC製作の中継やった。とすると純粋テレビ朝日によるネタは全然なかったということか)、そこら辺には目をつぶるとして、「猪木vsアリ」は生でテレビを見ていましたし(そのときは、何だかずーっと同じパターンで訳のわからないうちに15ラウンド終わってもーた、という印象しかなかったのですが、あとでこの試合をめぐる諸々 を知るごとに「えらい試合やったんやなあ」と思った次第)、中山律子のパーフェクトゲームの時は生まれてはいたがテレビで見た記憶まではないけれど、小さい頃はまだボウリングブーム華やかなりし頃だったので「中山律子のパーフェクトボウリングゲーム」がうちにあったのは覚えていますね。



最後のはこれまでも何度も再放映されているもので、それでも何度見てもあの日の中継を思い出します(第1試合の途中から全部見ていました。ニュースステーションが吹っ飛んだ状況もよく覚えています)。前の2つも含めて、一種異様な雰囲気をもった中継映像です。



その「10.19」の第2試合、「さすらい刑事旅情編」を放送時間順延→再順延→休止、と措置し、結局その1時間、予定のCMも全部すっ飛ばしてしまったというまさに民放テレビでは異例の状況(そういえば、全然内容的には違いますが、昔「パペポTV」で意図的に54分の放送中45分以上の間全くCMを入れずに、予定のCMを残りの所に全部突っ込んだ、という回があったのも思い出しました)となったわけで、本日の放送でも、



「1時間にわたってCMを一切入れない異例の放送」などとコメントしていたのですが、



その舌の根も乾かないうちに、7回裏の高沢の一打、



阿波野の球を打ち返した場面でCM入りですかいな。



このパターン、今のテレビをダメにしている一つの大きな要因ではないかと思うのでありますが。テレビは誰を見てるのか、っていうところで。





http://yomibito.at.webry.info/200902/article_8.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/18460938

[スポーツ名勝負]今のテレビが失ったものがまたここにを参照しているブログ:

» 「伝説のスポーツ名勝負 いま明かされる舞台裏の真実」 (しっとう?岩田亜矢那)
テレ朝の50時間テレビの一環として、今夜放送していた。 中山律子さんのパーフェクトは後で話で聞いたくらいで覚えてないが 残りの二つのエピソードは、リアルタイムに生放送を見ているぞ。 まずは猪木vsアリの「格闘技世界一決定戦」 これ確か6月26日、 一日早い、きっどさんのお誕生日会を開催してたのだが 皆、この試合に釘付けで、主役のきっどさんの事はほったらかしだったっけ。 試合後に「世紀の凡戦」と酷評され、漫才のネタにまでされて扱下ろされた。 きっどさん自身もこの試合をみて 「しょーもな!」と思ったも... [続きを読む]

» モハメド・アリって…誰? (ジーコの素顔)
テレビでやってた昔のスポーツ名勝負集。 見ました[E:sign02] スポーツっ [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。