« [ラオスのベタな平日]今夜はちょっと暖かい | メイン | [NFLモード]この組み合わせを予想できた人って、いる? »

2009年1月17日 (土)

[鳥人間]テレビには夢もチボーもないもんかねえ

たとえばよみうりテレビ関連だと、「わくわく宝島」なんぞは別にいつなくなっても「まあそう何年も何十年も続くイベントじゃないよな」とあっさり思ってしまうわけですが、これも中止となるとちょっと。あ、でも確か去年の放送は見たけどその前見たのはいつだったか... まあそんなものなのかもね。



今夏の「鳥人間コンテスト」中止=読売テレビ(時事通信)


(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 読売テレビは16日、今夏の「鳥人間コンテスト」を休止すると発表した。経済状況の悪化による番組制作費の見直しの一環で、来年はこれまで通りに開催する予定。
 手作り機による飛行距離などを競う同コンテストは、1977年から毎年夏に滋賀県・琵琶湖畔で開催。当初は滑空機による競技だったが、テレビ放送が人気を集め、人力プロペラ機など複数部門に拡充されていた。

(引用終わり)



「鳥人間コンテスト」はそもそもは「びっくり日本新記録」(これも日曜19時のYTV製作枠だったかと。アップダウンクイズとかも大阪枠でしたよね)の中の1競技であったのを記憶しています(てっきり大野しげひさ司会の頃かと思っていたら、どうやらそれより前の時代に始まっているようです。志生野さんはずっと実況してたはずだが)。当初はハングライダーの技術を競うみたいな感じで、記録も100m出ればいいところだったのですが、だんだん滑空技術が向上し、さらに「グライダー形態」「人力プロペラ機」と機体としての進化を示すようになってから、記録がどんどん伸びて、参加者もだんだん大学などの大掛かりなチームが増えてきていたわけですが、最近は全般的な盛り上がりとしてはどうだったんでしょうか。



それはともかくとして、キー局でも広告収入の大幅な減少はもはや覆いがたく、テレビというビジネス自体に限界が見えてきているのではないかといわれる昨今、このような「ある程度マンネリ感があってもやっていけてるイベント」に手をつけざるを得ないというのも、何とも夢のない話ですね。ぶっちゃけた話、それで地デジの投資にどれだけ意味があるのかと。



景気の問題だけではないんですよね、きっとこれは。




http://blogs.yahoo.co.jp/stockwell_baron/58122511.html

http://tetorayade.exblog.jp/10214040/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/17834154

[鳥人間]テレビには夢もチボーもないもんかねえを参照しているブログ:

» 「鳥人間コンテスト」一時中止 (つらつら日暮らし)
人気番組の1つである「鳥人間コンテスト」 [続きを読む]

» 鳥人間コンテストが中止に・・・不況はテレビ業界にも影響 (徒然なる司馬に)
毎年毎年、楽しみにしていた鳥人間コンテストがとうとう開催中止に追い込まれてしまった。 世界同時不況の状態は、思った通り「お金のかかるテレビ番組コンテンツ」を直撃したというわけだ。 日本テレビ・読売テレビ系列は「お金のかかるテレビ番組コンテンツ」を持っている。 鳥人間コンテスト・高校生クイズ・24時間テレビの3つである。しかも共通していることは「視聴者参加型の大型番組」であるという点にも注目したい。 視聴者参加型番組がほどんど見かけられなくなった昨今のテレビ番組の世界では寂しいことであ..... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。