« [かんぽの宿]そういうのは「後出しじゃんけん」という | メイン | お知らせ »

2009年1月10日 (土)

[芋]島娘は確かに島娘っぱい

焼酎系のネタは久しぶりですね。何しろ黒糖系については、普通に呑める銘柄は大体試しましたから、あとは何かの機会に特別なのを入手したとき、ぐらいしかネタがない。最近それ以外はあんまり呑んでいないので必然的にネタにならなかったのですが、今回は鹿児島のいとこから芋のいいやつを送ってもらった(遅めの正月休みに現地で買って送ってくれた。ありがたや)のでそれをいってみようと。



Shimamusume 鹿児島県北西端、阿久根市と橋でつながり北側は海を隔てて天草、という位置にある長島町は、焼酎好適品種、黄金千貫の有力な産地。そんな島にある「長嶋研醸」という会社は、関西地区でも非常に多く出回っている「島美人」の蔵として知っている人は知っているところです。



この会社の「島○○」という銘柄には、「島美人」「島乙女」「島娘」と3種類あるそうで、そのうちこの「島娘」は島内限定品、よその店では売ってない(でもネット通販には(少々プレミアムがつくものの)結構出回っているものですが)商品で、米麹、麦麹2種類の原酒をブレンドした25度です。



さて島娘のお味はどんなものか、例によってロックでいただきます。



注いだばかりのほぼストレート状態では、さっぱりとした辛さ、軽めな感じだが気は強そう、という口当たりですが、徐々に氷が馴染んでくると、急にふっと芋の甘みがやわらかく口中を包んでいきます。



まあその、ツンデレというほどではないですが、最初はちょっと強め、なじんでくるにつれほのかな甘さ、なるほど島娘ってそういうことか。



芋自体久しぶりでしたが、このロックはいいです。「島美人」とはだいぶ違う個性もありますし。こうしてエントリにしてしまっていますが、そんなにメジャーになって欲しくはないな、と思うお酒でもあります。







トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/17754636

[芋]島娘は確かに島娘っぱいを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。