« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

[若麒麟]そもそも、どんなCD屋やねん

そこからツッコむのはどうかと自分でも少々は思いつつ、まあこういうことが全くないとは恐らく誰も信じていなかったのではないかと。



「CD店事務所で2回吸った」=大麻所持容疑の若麒麟-神奈川県警(時事通信)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 大相撲尾車部屋の十両力士、若麒麟真一(本名鈴川真一)容疑者(25)が大麻取締法違反で現行犯逮捕された事件で、同容疑者が神奈川県警の調べに対し 「音楽CD店の事務所には三年前から出入りしていた。そこでは大麻は2回ぐらいしか吸っていない」などと供述していることが31日、分かった。(中略)
 調べによると、若麒麟容疑者は30日午後、東京・六本木の音楽CD店の事務所で、ティッシュに包まれ、たばこの葉と混ざった乾燥大麻を所持。「自分で吸うために持っていた。葉巻に混ぜて吸っていた」と容疑を認めているという。(以下略)

(引用終わり)



自称ミュージシャンと事務所の奥で大麻吸ってああだこうだ、って、この「六本木の音楽CD店」ていうのはどこのどんな所やねん、というのは誰しも気になりませんかねえ。



まあ大麻そのものが実際どうやねん、という話は置いておくとして、現状において立派な犯罪ですし、しかも角界では例の露鵬兄弟事件 でこの問題については一応の幕引きをしたつもりだったところで、その余韻が消えたとは言えない時期のこの事件(大麻に関しては外国人のことよりも最近の日本人学生等への広がりの状況を見て対処するのがスジだったはず、というのはもう手遅れ)ですし、大騒ぎになるのはわかります。



いやまあしかし、別に力士の音楽的趣味はどうであっても構わないですが、角界の個人の行動様式もそれだけ変わったと言うことでしょうし、関取に対する周辺の接し方も変わったと言うことでしょうね。親方の影響力なんてもはや過去の話だろうし、タニマチ含む周辺の人の関わりも緩くなっているでしょう。今の社会では。



大麻に限らず今後もいろいろ出てくることでしょうが、マスコミ的に大相撲の限定された範囲の話であるかのように考えると、いろいろな部分を見落としそうですし、解決にならないでしょうね。



http://krimshow.blog56.fc2.com/blog-entry-1100.html
http://kmotohiro.exblog.jp/10277366
http://newtoriaezu.blog71.fc2.com/blog-entry-1352.html
http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/51848679.html
http://cw0609.blog17.fc2.com/blog-entry-633.html
http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/51846770.html
http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2189.html
http://blog.livedoor.jp/haru1106/archives/50770382.html
http://blog.livedoor.jp/famiglianera/archives/51309483.html
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/51547422.html

[8つ子]6+8=14人

「8つ子」と聞いただけでえらい話やと思っていましたが、その前にもそんなにおったとは。





島田紳助が聞いたら「お前出産マニアか」とツッコミそう(堀ちえみに言うてたことありますよね)なこの件ですが、無論本人のプライバシーに触れることは情報として制限されていますけど、体外受精で(全部が育てば)8人分の胚を入れることにこだわったり、それ以前にも短い間隔で6人を産んでいたり、何か微妙に訳アリなところも想像されるのではありますが。



それにしても8つ子を含めて幼い子が14人ですか。日本でもよくある大家族ネタなんかでも想定外のすごい家族になってしまうのですが、誰しも他人事他国事ながら、生活どうやってくの?とか、全員の世話なんてとてもできなさそう、とか余計な心配をしてしまいます。



ここまでのレヴェルになれば、何がしかの支援があるのでしょうけど。




http://svlt.net/archives/960114.html

BOSEが新しくなって帰ってきた

前回のエントリ で、交換部品の在庫がないため、帰ってこないことが判明したうちのBOSEくん。その修理代相当で現行機種のPLS-1610を、というご案内に正直「期待通り」とOKの連絡をしたら、早速本日、モノが届きました。



Bosenew01 写真ではわかりにくいですが、まず届いた印象は、



小さい。そして軽い。



本当に、旧モデルのPLS-1510と比べるまでもなく小さくなっていまして、これは要するにアンプがデジタル化されたというところが大きいようなのですが、サイズ的には一回り、どころではなく小さくなっているのであります。見た目だけだと、これで新品買ったら10万円近いんかいなと少々怪しげな気分です。



Bosenew02 キャビネットいっぱいのサイズだったのが、えらくゆるゆるの余裕、奥行きまで小さくなっているのでちょっとびっくりです。



裏面を見ると、デジタルの入力と、ACアウトレットが消滅、裏面のピンプラグ入力が一つ減って、前面のミニプラグ入力に変わっています。ダイヤルはボリュームの1個だけになり、ディスクのトレイは雰囲気的にちょっと薄くなったかも。



PLS-1510が、「CDレシーバ、ついでにDVDもかけられるようにしました」という性格だったのに比べて、1610はDVDの再生性能を上げたというのが特徴。しかしテレビ出力端子はD2止まり。やっぱり、ビデオを本格的に鑑賞したい向きには普通にDVDプレイヤーを利用されるのがよろしいのではないかと。



CDの音質は、引き続き125によく合って、きれいにさばけた音が鳴ります。弦はうるさくなく、ピアノの音も雑味が少ないです。シンプルなクラシック系に合う感じ。放熱量がぐっと少なくなったので、その点使いやすくなったかも。まあこの辺は何年か経って見ないと何とも言えませんが。



というわけで、今後はこちらをメインマシンにCDネタをお送りいたします。






2009年1月30日 (金)

[メンチ]変に突っ込まれないようにね

少し前から獲得の話が聞かれていた阪神の新外国人。別に狙っていたわけではないと思いますが。



上陸!虎のシュレック、メンチは武闘派(nikkansports.com)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
“トラのシュレック”見参! 阪神の新外国人ケビン・メンチ外野手(31=ブルージェイズ)が28日、来日した。メジャー通算89本塁打の大砲は、 愛称を人気アニメ映画の主人公で怪物の「シュレック」と明かし、性格は「喜怒哀楽が激しい」と紹介。「メンチ」の相手をにらみつける日本での意味を聞かさ れると「投手に内角を攻められたら、背中の名前(メンチ)を指さすよ」と不敵に笑った。性格も肉体も発言もかなりの武闘派。頼もしい“助っ人”の上陸だ。

 デカい頭に、大きく張り出した額、くぼんだ眼窩(がんか)。いかつい顔のメンチが大きくうなずいた。「メンチ」は日本、主に関西地区で「にらみつける」という意味があることを伝え聞いたときだ。ニヤリ笑って言葉を発した。

 メンチ ドイツ語でメンチは「いい人」という意味があるらしいが、日本では怒る、にらみつけるという意味か。じゃあ投手に内角を攻められたら、自分の(ユニホームの)背中の名前を指さして「メンチを切る」と言ったほうがいいか。

 米国では筋骨隆々の肉体、デカい頭とその風ぼうから人気映画の怪物「シュレック」と呼ばれていたという。それでも「妻(シャナ)もおれのニックネームを知っていたけど、全然気にしなかった。日本ではどんなニックネームでもOKだ」と豪快に笑い飛ばした。(以下略)
(引用終わり)



しかも「武闘派」ですか。



既に「メンチ切る」の意味も(ある程度は)理解しているようです。これは打てなかったときに「何メンチ切っとんねん」とか言われても、そのまま切り返して対応可能でしょうか。



あとは今年の秋に、契約関係で「メンチ切る」とかいう活字が踊らなければ阪神ファンの方々にとってはいいことで。あ、それより前に、とかいうのは、まあまあ...






2009年1月29日 (木)

[新型インフルエンザ?]ややこしい奴ではあるが

今年は普通に寒い日が多いこともあって、インフルエンザがかなり流行しているようです。私の周辺にもかかってしまった人が何人かいて、今年は予防接種もしていない私としては気をつけないと、とは思う日々なのでありますが、それより怖いのはいわゆる「新型インフルエンザ」。1世紀近く前の「スペイン風邪」よりも凶悪なウィルスが蔓延するのは時間の問題、という説もありますが、そんな中、成田空港に物騒な奴が。



成田空港で「新型インフル」騒ぎ=台湾人の男、覚せい剤中毒と判明(時事通信)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
香港から成田空港に到着した台湾人の男が税関検査場で突然倒れ、「新型インフルエンザ」ではないかと疑われる騒ぎがあったことが29日、分かった。(中略)
台湾人の男は22日午後、キャセイパシフィック航空機で香港から到着。税関検査場で倒れて昏睡(こんすい)状態となり、空港内のクリニックに搬送された。
 同クリニックが通常のインフルエンザの簡易検査を実施。発生した場合、世界的な大流行が懸念される新型インフルエンザでも想定されるA型の陽性反応が出たため、すべての診療活動を中止し、内部の消毒作業を行った。(中略)
男は、大量の覚せい剤入りの袋を飲み込んで密輸しようとして急性中毒を起こしたことが判明したという。

(引用終わり)



シャブを呑み込んで密輸って、話には聞くところですが、ホンマにやってる奴がおって、それも失敗して急性中毒とは、何ともお間抜けにして人騒がせな。



しかし、これが本当にその種の病気で倒れた人だったとしたら、こんなある意味呑気な記事では済まなかったかも知れない訳でありまして、現場にしてみれば、実際に感染者が入国してきたときの良いシミュレーションになったと言えないこともないような。



いやだから、この密輸男が役に立ったとか、そんなこと言うつもりはありませんが。






[訃報]青山孝史さん57歳

いわゆるジャニーズ系アイドルグループとして幅広い人気を集めた先駆となったのがフォーリーブスです。私が小さい頃に全盛期でした(逆に現在30代以下の方にはピンと来ないかも知れない)。今やこればかり語り継がれている感のある「ブルドッグ」あたりはグループとしては後期の曲だったはず。



フォーリーブスの青山孝史さんが死去(スポーツ報知)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
1970年代に活躍した4人組アイドルグループ「フォーリーブス」の青山孝史(あおやま・たかし、本名城下孝行=しろした・たかゆき)さんが28日午前7時、肝臓がんのため都内の病院で亡くなった。57歳だった。(中略)

 青山さんは67年に江木、おりも政夫、北公次の4人でフォーリーブスを結成し、「オリビアの調べ」でデビュー。歌って踊る人気グループの先駆けとなり、NHK紅白歌合戦には70年の初出場から7年連続出場。78年に解散後、2002年に再結成していた。

(引用終わり)



「ター坊」ですね。呼び方が時代を感じさせますが、ともかく先日、ガン闘病中であることがニュースになったばかりでしたので、逆にこれからの活躍が注目されようとしていた時期ではなかったかと。



本格的に活躍していたのがかなり前という印象があったのですが、57歳とはまだお若かったのですね。お子さんもまだ成長期、ということで、非常に残念なことであったろうと思います。



謹んでご冥福をお祈りいたします。



http://blog.livedoor.jp/yswebsite/archives/52260624.html
http://tetorayade.exblog.jp/10264813
http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2187.html

[赤報隊事件]実行犯が現れた?

何ともいかにもなタイトルな犯行声明で起こしたとんでもない事件でした。若い人にはもはやピンと来ない話かも知れませんが、当時事件が与えた衝撃は相当のものであったわけです。



朝日新聞襲撃犯、名乗り出る…87年阪神支局で発生  すでに時効、実名公表し詳細語る(ZAKZAK)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
1987年5月、朝日新聞阪神支局に何者かが押し入り散弾銃を乱射、記者1人が死亡した「赤報隊事件」(時効)の実行犯を名乗る男が、29日発売の 週刊新潮に実名で手記を寄せていることが分かった。(中略)

 記事によると、男は都内の元右翼構成員。誰もが知る“公的な組織に属する人物”から「朝日を狙ってくれ」と金で依頼され、「東京本社」「阪神支 局」「名古屋本社寮」「静岡支局」の順に襲撃(静岡支局は爆破未遂)。当初言われていた怨恨や思想的背景はなく、記者1-2人を殺害することのみが目的 だったという。(中略)

 2004年、刑務所収監時に朝日新聞東京本社や阪神支局に手紙を送付し、記者2人との特別面会が実現したが、刑務所の面会室で、記者の1人に高圧的かつ直接的に問いただされたことから面会は決裂。今回の独占手記につながったという。
(引用終わり)



既にあの阪神支局襲撃事件から20年以上が経ち、既に公訴時効を迎えてからも数年という状況です。ここで登場しても、刑事民事共に責任を問われる状況にはないと言えるでしょう。



しかし、朝日サイドもわかってないですね。この事件をリアルタイムで知っている記者であれば、その被疑者とおぼしき人物を前にしてしまえば(では現実にその者がその犯人なのかと言われて確証が果たしてあるのかはともかくとして)、きっつい態度で出ていくのも当たり前な話で、しかしそれでは迫真のインタビュー記事とかにはならないということぐらいわかるでしょう。



「真相」ですか。もっとも実際に実行犯本人であったとして、本当の芯の部分には届いていないでしょうし。


2009年1月28日 (水)

[アイスランド]これは金融危機のどさくさ紛れか

昨今の金融危機に始まる世界的大不況の波を国として最も強烈に浴びたと言えるのがアイスランド。人口31万人の国がヨーロッパの金融大国を目指して一時は成功したかに見えたものの今や金融業とともに政権が一気に崩壊しているのはご承知の通り。もともとは漁業が主要産業だったはずなんですが、と思ったらこう出ましたよ。





さあ、シーシェパードは全勢力をアイスランドに傾けるべし。



とか言いつつ、これだけ悲惨な状況に至っていたら、攻めてかつての主力産業で雇用と現金収入を、ということでしょうか。どさくさ紛れで周辺の批判にも頬被りできるやろ、という可能性も。



もうこの際どんどんやっていただけばええんでないの、と思いますけど。






[北方領土]下手に出てれば

いかにもありがちな対応で、ロシアの極東なんかで責任のもてるような確実なことができる分けないでしょ、連絡不十分なんですわ、というぐらいで済まそうとしてるのかも。



北方4島人道支援、上陸できず=ロシアが出入国カード要求(時事通信)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
北方4島住民への人道支援として「ビザなし交流」の枠組みで国後島に医薬品などを届けようとした日本外務省職員らに対し、ロシア側が27日、出入国カードの提出を要求したため、上陸できず、沖合で足止め状態となっていることが分かった。
  関係筋によると、支援物資を積んだチャーター船は27日未明、根室港を出発。国後島沖でロシア側当局者が出入国カードなどの提出を要求したという。提出す れば4島をロシア領と認めることになるため、日本側は拒否し、現在同島沖合に停泊中。同船には外務省職員ら日本側関係者計7人が乗っている。
 1992年に始まったビザなし交流は、日本人と4島のロシア人住民が旅券や査証(ビザ)なしで相互訪問する仕組み。これまで出入国カードを提出したことはなく、ロシア側が4島実効支配誇示を目的に、出入域管理を一方的に強化したとみられる。(以下略)

(引用終わり)



いわゆる「第2次プーチン政権」が、日本の現政権の対応力がどこまで落ちているかを試しているということではないですかね。あっちはそれこそ1945年以降、これらの島はロシアの一部であってそれ以外の何者でもないとしか思っていませんから、状況次第、時節柄次第、北方領土の日で日本の世間がちょっとここらへんのことを思い出す時期あたりに、ちょちょっと通常以外の動きを示して揺さぶりをかけているわけで(いっぺん思い切ってケンカすることも必要でしょうけど、丸腰で最前線は危険すぎますし)。



下手に出ていたらなめられるばかりです。ロシアの南下意欲は大概なもんですし。日本の政治はこういうところで働かずして何をするんかいな。



2009年1月27日 (火)

BOSEは帰ってこない

先日のエントリ で、ディスク再生不能となって旅立っていったBOSEのPLS-1510。



サービスに発送してそろそろ1週間になろうというところ、ぼちぼち見積もりの一つも届くかなと思っていましたら、今朝FAXが。



「DVDメカ一式の交換が必要ですが、部品供給メーカーの都合により、部品入手の見通しが全く付かず、現在修理できない状況です。修理相当額にて、後継機のDVDアンプ・PLS-1610との機種交換をご提案致します。」



とあります。生産終了の旧機種ですので、交換部品の在庫も払底している、ということなのでありましょう。



というわけで、現行セットのPLS-1610に、修理代相当額で交換と相成りました。普通に買うとネット通販系で98000ぐらいするようですが、おかげさまで随分安い「買い換え」になりそうです。まあ実際、メーカー側としても他にやりようがない状況、ということなわけで。



届いたら旧機種との違いとかをエントリしてみましょうか。