« [F1]ホンダの撤退は時代の流れか | メイン | [モッタイナイ?]自己責任とは言うものの »

2008年12月 6日 (土)

[ラオス料理]カエルは皮もしっかりいただきましょう

まあその、ラオスでベタな平日の夕食、しかもさすがに夜は屋台系をはずして、またいかにも西洋人がたまっていそうな欧州系レストランをはずして、しかも宿から歩ける範囲で、となると結構難しいところだったりするのであります。昨日はラオス料理を毎日ってのもなあ、ということで遼寧餃子館というところに行って羊肉の餃子(一般的なボイル餃子だと皮が少々ごつくて「モチモチ」を超えてる気がするので焼いてもらった)、というパターン(中華系の麺類や点心系の店も結構ある)でしたが、本日は以前のエントリ  でカエルを食べたナンカーンバンというラオス料理店。今日は私が入った直後に十数人の団体が入ってきてやばい所や、と思いつつ、ラープや何やも結構早く出てきたので「やればできるやん」というところ。



Frogskin さて本日はその店で何を、と思って写真入のメニューを眺めてみると、前回食したカエルの唐揚げの隣に、Roasted Frogskinなんてのがあるではないですか。カエル料理には確かに皮がついてなかったのですが、それはこうして別メニューになっていたのかと少々感心。安いしビアラオのアテによさそうだし、早速いただいてみることに。



写真の状態で出てきたのですが、数匹分の皮です。これがまた上手に剥いてあって、足の先まできれいにわかる、という感じのものばかりです。これで15000キップだから200円しない。



鶏の皮をカリカリにしたおつまみってありますね。あれのカエル版です。特段のクセはなく、パリパリカリカリと食感も非常に美味しい。まさにいいビールのアテです。



抵抗ない方にはぜひ味わっていただきたい、と少々お勧めしたい気分になるのであります。





トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/17336294

[ラオス料理]カエルは皮もしっかりいただきましょうを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。