« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

2008年最終エントリです

皆様、2008年も当ブログに多数のお越しを賜り誠にありがとうございました。



本年のエントリはこれにて終了です。



国内外、いろいろな事件があり、経済の激変に泣かされる年でもありました。当ブログはeoblog移行がありまして、以前よりアクセスやや少な目状態のまま推移しておりますがそれはまあそれとして、2009年もこんなペースで進めてまいりたいと思います(「ベタな平日・休日」)も通信状況が許す限り続けてまいります)。



2009年が皆様にとってよりよい年でありますように。


(と言いつつ、じきに年賀エントリになりますが)




[新幹線]ドアこじ開けって、できるんか?

大晦日、新幹線で帰省された方も多いのではないかと思いますが、今年は方々でトラブルが発生して迷惑を被った方もいらっしゃったのでは。で、恐らく今年最後の新幹線トラブルがこれですか。



「あ、違う新幹線だ」発車後にドアこじ開け、ダイヤ混乱(asahi.com)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
 31日午前9時すぎ、山陽新幹線の広島駅(広島市)を出発した名古屋発博多行き「のぞみ59号」(16両編成)で、ドアが乗客にこじ開けられるトラブルが2度続いた。(中略)

 JR西日本によると、発車直後の午前9時5分ごろ、30歳代ぐらいの男性客がドアをこじ開けホームに降りた。新幹線は急停車し、車掌がドアを点検して約 4分後に運転を再開。ところが約100メートル進んだところで、別のドアをこじ開けようとする中年の男性客を運転士が確認したため、再び急停車させた。こ の中年客はホームに降りた形跡がないという。(以下略)
(引用終わり)



まあ、一言で言えば「迷惑な話」なわけですが。



それにしても、新幹線の車両ドアとなれば、強度も相当強いはずですし、閉まればすぐにロックがかかって、気密確保のためにプシューと押さえもかかって、という感じだったはずなので、そもそも「こじ開ける」という行為が実際にできるもんなのか、というのがちょっと驚きだったりします(閉まった直後のロックがかかっていないときに思いっきり力入れて、ということなのでしょうか)。しかし2人連続でっていうのも。



広島駅であれば新幹線ホームは島式2面なので、よっぽど慌てている状況でなければ上り下りを間違えて乗ってしまう可能性は少ないのではないかと思ったのですが、問題の下りホームにもひょっとしてこの列車しか止まっていなかったのではないかと。そうするとやっぱり反対方向に乗ってしまったのか。しかしそれでも指定席車に乗っていたというのであれば間違える人が2人も出るというのは... しかも同じ列車で2人も「こじ開ける人」が出るというのはどういうことよ。名古屋で東京行きの「のぞみ」に乗ってしまったのとは違って、仮に新山口まで行っても30分かそこら。引き返すのも1時間今日のロスですし。大晦日によっぽど慌てた力持ちの人が複数乗ってたということでしょうか。



まあ気持ちはわからないではないですが。






[バークレイズ]金融危機とは関係ないらしい

一歩前に気づけよ、と思うわけでありますが。「1000ポンド置くんとちゃいまっせー」というやつですね。





要は機械処理の誤りでこういう記録が出てしまったということでありまして、別に何らかの実質的被害が出たわけではないわけですが、



ニュース側もあまりの金額に、500億を50億と書いてしまったり、幾分の動揺が見受けられます。



まあ、その程度の話で済んで良かったとは言えそうですね。





2008年12月30日 (火)

[小浜市]やっぱりこれが本来の姿かと

かつて、まだ予備選当時だった3月上旬にこちらのエントリ をしたときには、まだ「関係者が勝手に応援していたらこんなことになった」というトーンだったわけですが。だからあまり構えて「町おこし」なんてイタイことを考え出すとおかしなことになるもので。



小浜市悲しオバマ氏音信不通…大統領就任式出席断念(スポーツ報知)



(元ニュースはこちら)


(記事引用)
オバマ次期米大統領(47)と同じ発音というだけで町おこしをしている福井県小浜市が、来年1月にワシントンで行われる大統領就任式への“参加”を断念し たことが29日、分かった。オバマ氏の当選直後はホワイトハウスの庭でおばまガールズがフラダンスを披露するという仰天プランもあったが、唯一の窓口だっ たオバマ氏の選挙事務所が閉鎖され、連絡手段がなくなってしまったという。(中略)
 「応援する会」事務局長の藤原清次氏(56)によると、当初は有志4~5人での渡米を考えていた。最悪でも、ライブで新大統領の姿を拝めれば行く価値は十分。しかし就任式当日、ワシントンには最大400万人が同地を訪れるとの試算が出ている。式自体も約24万人が参加予定。ほかの観衆は近くの公園に“押 し込められる”予定で過去最大規模のセレモニーになるという。
 そんな厳しい状況にもめげず「応援する会」では、新大統領との対面に自信を見せていた。というのも、オバマ氏の選挙事務所とは、頻繁にメールのやり取りをするなど太いパイプを持っていたからだ。
 しかし、頼みの綱であった選挙事務所との連絡が取れなくなってしまった。「選挙後ですから閉鎖されてしまったようです」(藤原氏)。名古屋や大阪の米領 事館とはコンタクトを続けているというが、オバマ氏と直接のコネクションを失ったことで、現地に行く意義も見いだせなくなったという。
 さぞ「町おこし」のテンションも下がったと思いきや、それでも小浜市のオバマ熱は冷めていない。松崎晃治市長は当選祝いとして若狭塗箸(ぬりばし)の受け渡しを麻生首相に依頼。首相からは「俺を宅配便代わりに使うのか」と苦笑されたという。(中略)
 さらに3月13日~18日には「おばまガールズ&おばまボーイズ」がオバマ氏ゆかりのハワイを訪問。州知事の昼さん会やホノルル市長の晩さん会などに出席する予定だ。(以下略)

(引用終わり)



まあ誰でも冷静に考えれば当たり前でありまして、選挙運動中は何でもポジティヴなネタになりそうな話には食いつくわけで、それも勝手に知らんところで応援してくれる分には金もかからず、日本人ならあんまり変なことも言わないだろうし、ということで適宜過ごしておこう、というぐらいのものかと。



最終的に大統領側において別に利益になるわけではないですし、何か見返りを寄越す義務があるわけでもない。就任後に待っている諸々の難題に当たろうかというときに、特別に関わり続けなければならない話でもない。まあしょうがないですね。「おばまガールズ」「おばまボーイズ」が派手に活動しなくて却って良かったかも知れません



所詮その程度の話に町おこし予算までつけて走ってしまっていたとしたら、それは「読み違い」と言うしかないところでしょう。軽く話題になる程度がちょうど良かったわけで、本気に入れ込んだとしても相手のあることですから。



それでは引っ込みのつかない「中の人」というのがいらっしゃるのではありましょうが。




http://gonn342.blog6.fc2.com/blog-entry-6.html

[タイ]攻守交替?

今月初めには空港封鎖で面倒なことになっていたタイですが、新首相が選出されてその後どうなるかと思っていたら、逆の立場になった旧タクシン派がよく似たことをやり出しましたね。



首相、外務省で所信表明=タクシン派の包囲続く-タイ(時事通信)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
タクシン元タイ首相派の市民団体「反独裁民主同盟」の支援者数千人は30日、アピシット首相に下院解散と総選挙の実施を求めバンコクの国会議事堂の包囲を続けた。政府は所信表明演説などの会場を国会から外務省に変更。首相は同省で異例の「国会演説」を行った。(中略)
 民主同盟は同日、首相らに歩いて国会敷地に入ることを改めて要請した。警察当局は民主同盟に対し、議員らが国会に入るため道を開けるよう説得を試みたが、民主同盟はこれに応じなかった。

(引用終わり)



タクシン派政党は多数野党の立場にあり、ここでやられっ放しではその主導権さえも怪しくなる、ということもあっての行動かと思われますが、まあ首相府と国会議事堂との違いはあれ、少し前まで反対勢力であるPAD関係者の行動をああだこうだと非難していた側のやってることとしては、結構説明のつきにくい話なのではないかと。



とは言え、現場はタイでありますし、国会周辺で少々争いがあっても一般の市民生活には影響があるわけでもなく、その辺りは政権交代前の状況と大差なしでありまして、ということは唯一、




空港だけはやめてくれえ...




と、また「ベタな平日」に向かう予定のある者としてはそう思うわけであります。





2008年12月29日 (月)

[十進法時計]いくつ売れるかな?

世の中、いろいろと変わったモノを作って商売を、と考える人はいるものですが、こういうのは以前にも考えた人がいたかも知れません。





いやその、ネタとして持っておきたい人もいるでしょうし、デザイン的に面白そうだから、という人もいるでしょうし、「俺は十進法でないと我慢できないんだぁ~」という十進法マニアの方もひょっとしたらおいでになるかも知れません。こうしてワールド版のニュースにまで載っけることに成功しましたから、さしあたり作った分ぐらいは売れるといいですね。



だいたい、時計作る人が「俺は十進法でいくぜ」と言っても、世界が12進法で動いている限り、「そんなややこしいもん作ってどうするよ」で終わってしまうと思うんですが。



この時計職人さんは、実生活でも十進法時間で動いておられるんでしょうか。もしそうなら、多分近所迷惑な生活ではないかと推察いたしますが。ビジネスにもいろいろと差し障りもあるのではないかと。



ちなみに、例えば午前7時だと、午前5時83分331/3秒ですか。社会的コストも相当にかかりそうですね、十進法に本気で変えようとすると。






[NHK]偽善ともダブルスタンダードとも言う

今日は「NHK地球エコ2008」 とかいう、個人的には名前を見るだけで虫酸が走るイベントの一環で、恐らく年間でも教育テレビを見る人が最も少なくなりそうなこの日を選んで、放送時間を大幅短縮していますね。



一方、本日、NHKホールではもはや別に国民的行事なんてものでもない「紅白歌合戦」のリハーサルとやらが行われていて、何故か民放ワイドショーのカメラも入って前宣伝に躍起になっておられるようです。



こう言うのを偽善とか、ダブルスタンダードとか言わずに何と言いましょうかね。



何と言い訳しても今日びの視聴者は騙せませんぜ。



別にNHKに地球の面倒見てもらおうなんぞとはこれっぽっちも思っていませんし、そんなことやる暇があったら最新の気象状況を元に、あると言われている温暖化が今本当にどうなっているのか(イメージの羅列ではなく)教育テレビらしく科学的に検証、議論する番組でも作れば?と思いますが、それはさておき、もし本当に環境関連の啓発をするという意識でやってるんなら、




紅白やめます。




でさしあたりは一気に勝負がつくのではないかと。



役所的な「いやらしさ」までこんなにまでして見せていただかなくてもいいのにな、と思う今日この頃であります。





http://fillette1914.blog21.fc2.com/blog-entry-917.html
http://d-mizuno.blog.so-net.ne.jp/2008-12-29
http://blog.livedoor.jp/nijiiro_oto/archives/51147775.html
http://7tetu.blog103.fc2.com/blog-entry-172.html
http://blog.livedoor.jp/frifritom/archives/51521967.html

[NFLモード]試合が早く終了しましたので...

NFLは泣いても笑ってもWeek17。プレイオフの最後の椅子が埋まります。



既にEliminatedとなったチーム、勝敗が影響しないチームがどれだけ頑張るか、そして直接関係している相手同士の戦いがどうか、早い試合の結果も絡んできます。



というわけでまずは早い試合。プレイオフ関連の前に、初の0-16になるか、というのが大問題だったDET@GB。DETは3Qにレッドゾーンでファンブルリカバーしたあたりまでは良かったのですが結局この試合も善戦止まり。Rodgersが空気を読まないと言うか(まあLambeauだしね)、情け容赦なくというか、とにかく最後まで飛ばしてDETを突き放し、とうとうシーズン16試合制になって初めての0-16をやらかしてしまいました。それでなくても荒れているDetroitにはさらに寒風が吹きすさぶことに。



さて本題はまずNFC。CHI@HOUはは後半戦上り調子のHOUが2Qにリードを奪うとそのままペースを握り続け、Shaubも328ydsを投げて2TD。終盤のCHIの追い上げもオンサイドキックが惜しいところにも行かず終了。一方MINはホームで、もはや結果が影響しないトップシードのNYGと。しかしMINはEliを前半で下げて花相撲状態のNYGに大苦戦。終盤、CarneyのFGが外れて巡ってきたチャンスを何とかLongwellの50ydsに結びつけて「劇的な」逆転勝利を収め、ようやく地区優勝をものにしました。これでCHIはEliminated。またATLはSTLに苦戦の末に勝利を収めましたがCARがNOの猛追を何とかかわして勝ったため地区優勝は取れずにWC止まりに。



一方、TBに対して、OAKがこんな所で要らぬ存在感を見せてしまい、M. BushがTBの望みを打ち砕く独走TD。こうして9-5でプレイオフを狙っていたチームが相次いで崩れ、結局DAL@PHIがNFC最後のスポットへの最終対決に。




えー、試合が早く終了いたしましたので(いやほんと、言うことないですからね。もうお手上げです)AFCにまいりましょう。




早い試合では、互いにランニングゲームの対決という雰囲気になった強風下のNE@BUF。ポゼッションで上回ったNEがリードを守りきってBUFを完封。望みをつなぎました。BUFは地区内全敗ではやはり上には行けませんね。



次に、先週DALを終盤のラッシュ連発で破ったBALは今週もFlaccoのパスが安定し、得点シーンでは効果的なランでTDを重ね、目標のないJACを一蹴。確実に2つ目のWCのスポットを押さえます。



となると注目はMIA@NYJ。MIAが勝てば地区優勝、負ければNE、という状況。NYJは幾ら頑張ってもplayoffの望みなし、しかしホームでの最終戦だけに踏ん張りが必要...だったのですがやはりこういう試合では目標のしっかりしている者が強いと言うことでしょうか。シーズン終盤に入って成績を落としていたFavreに対してMIAは3INTを決め、2min直前で貴重な1st downを奪ってNYJから勝利をもぎ取りました。Penningtonは最後の最後にNYJに対して見事な「恩返し」です。前年1-15の11倍も勝った(もうええって)MIAがこれで驚きの地区優勝。NYJは8-3からの躓きで届かず、さらにNEは11勝しての敗退というこれも珍しい結果になってしまいました。



あとはもう一つ大注目のSNF。落ちてきたDENか、知らない間に残っていたSDか。11-5で落ちるチームもあれば8-8で残るのが辛いところでありますが、何はともあれこういう状況では追う立場がやはり有利。それに場所がQualcomm。そして結果はその流れ通りになりました。DENがリードしたのは最初のポゼッションだけ。その後はLT、Rivers、LTとTDを重ねられて前半で3 Possession Gameに。その後1TDずつを取り合ったあと、Cutlerが自陣深くでの短いパスをはたかれてINT、次のプレイでLTが3つめのTDとなってここでほぼ勝負はついたと言えるでしょう。それにしても大逆転ですね。



というわけで、レギュラーシーズンは最後ドタバタとえらいことになって終了。プレイオフはとりあえずこんな感じで始まることに。



(NFC)
 ATL(5)@ARI(4)     PHI(6)@MIN(3)
 1st round bye: NYG(1)   CAR(2)



(AFC)
  IND(5)@SD(4)     BAL(6)@MIA(3)
  1st round bye: TEN(1)    PIT(2)



まあ、個人的には生暖かく観戦するしかなくなってしまったポストシーズンではありますが、ひとまずはMIAに心の声援を送ろうか、と思っております。



http://kmotohiro.exblog.jp/10108373

[ドバイ]砂上のバブル

ドバイというところは、油田を持っているのは持っているのですが埋蔵量が少なく、経済の主流となしえない状況であったわけで、一方、もともと英国が東インド会社の交易中継点として目を付けて発展させたという歴史的経緯もあって、流通、金融の拠点として驚異的成長を遂げてきた、というわけなんですが、ここへきて、例のアレによりこの有様です。





みんな薄々は思っていたはずです。「そんなバブリーな状況がいつまでも続くはずがない」と。しかし余ったカネはどこかに行き先を求めるわけで。



原油価格が極端に落ち込んで、産油国も厳しくなっていますし、ロシアあたりも一時の鼻息の荒さが影を潜めてぼちぼちウクライナとケンカ態勢に入りそうですし、持てるところが急におかしな展開になってきて、混乱が高まるのは間違いなさそうです。



でまあ、ドバイのようなところでは今までもアラブ人は国の枢要を押さえ、実際に働くのはインド方面の出稼ぎ労働者、っていうのが基本だったわけですが、お金の流れが止まり出すとそこから真っ先に切られて行くわけで、それも日本の何かのメーカーで起こっている状況とは烈しさが違いますし。



バブルの反動はどこまでバウンドし、どこまでリバウンドすることがあるのか。いずれにせよ異常だったここ2、3年がいくらかはまともな方向に回帰するのであればとは思いますが。





2008年12月25日 (木)

[訃報]飯島愛さん36歳

芸能界引退報道時にこちらのエントリ をつけたことがありました。その時も体調不良が原因とされていましたね。突然のニュースで驚きもありましたが、何だか、そういうこともありえたんだろうな、と冷静に思ったりもするのでありまして。



飯島愛さん、都内マンションで死亡…病死の疑いも(YOMIURI ONLINE)



(元ニュースはこちら) 



(記事引用)
24日午後3時15分ごろ、東京都渋谷区桜丘町のマンションの一室で、この部屋に住む元タレントの飯島愛(本名・大久保松恵)さん(36)が倒れているのを知人の女性が発見、119番した。

 救急隊員が現場に駆けつけたが、飯島さんはすでに死亡しており、警視庁渋谷署は、遺体を25日にも解剖して詳しい死因を調べる。

 同署副署長によると、知人の女性は数日前から飯島さんと連絡がとれなくなったため、マンションの管理人に鍵を開けてもらい室内に入った。

 飯島さんはリビングルームでうつぶせの状態で倒れていた。飯島さんに外傷がなかったことなどから、同署は病死の疑いが強いとみている。(以下略)
(引用終わり)



芸能界を引退したとは言え、HIV対策を訴えるイベントなど、公の場での活動は続けていたようですし、本人のブログ(コメント数が凄いことになっている) も12月5日の最終エントリまで連日更新されていますし(最後のエントリはニコ動のユーザーズイベントだったらしい)、確かに抗うつ剤の投与を受けていたり、軽いノイローゼとの告白もあったり、心の寂しさを隠さないエントリが続いたりということはありましたが、直ちに自殺を想像させるようなこともないような。



ここに至るまで、芸能界引退の原因とされた腎臓だけでなく、いろいろと身体には問題を抱えていたのではないかと推測されます。何かの拍子に発作的な病気で倒れた、という可能性も高いような気もします。



いずれにせよ、好き嫌いはあるでしょうが、力を抜いたように力の入った結構核心をついた発言をかますのは、とにかくいろいろと濃い人生経験故だったのではないかと。また復帰する日を待つ人も多かったかも知れませんが、もう聞けるチャンスはなくなってしまいましたね。



それにしても、こんな日に、っていうのが、何とも哀しい。



謹んでご冥福をお祈り申し上げます。




http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51156789.html
http://blog.livedoor.jp/yswebsite/archives/52230056.html
http://blog.livedoor.jp/news_depot/archives/1091675.html
http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2098.html
http://tetorayade.exblog.jp/10085470
http://camella.blog.ocn.ne.jp/neverstop/2008/12/post_eac5.html
http://blog.livedoor.jp/jin333/archives/51475158.html
http://blog.livedoor.jp/overage7007/archives/631086.html
http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/51817133.html
http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/51820998.html
http://blog.livedoor.jp/y0780121/archives/50202127.html
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/51526683.html
http://nmatsu6.blog121.fc2.com/blog-entry-5874.html