« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

今年最後のごあいさつ

NYGが最終戦を逃げ切ってしまい、NFCのワイルドカード争いはちょっと拍子抜けの感がありますが、まあそれはいいとして、



今年1年、ご来訪いただいた皆さまには大変お世話になりました。

1年フル投稿は初めてでしたが、予想外に数多くの皆さまのお越しを賜り、コメント、TBの数々は、更新がしんどいときの大変な励みになりました。


本年のエントリはこれで最終とさせていただきます(ってあと2時間ないですが)。


新年は元日のうちに初回エントリの予定です(って早かったら数時間後やないですか)。


では、皆さまに感謝の気持ちを込めて。


「良いお年を。」(ってあと2...以下r)



[地デジ]CMはいいんですけど

ここへきて、結構また頻繁に流れている「地デジでアナログ放送がなくなりまっせ」CMですが。


まあかなり慣れっこになりましたのでCM自体はもう別にいいんですけど、


「2011年7月24日、現在のアナログ放送は終了します」

ってところまでは別にいいんですけど、

その下に、よほど注意しないと目に付かない1行。





「国の法令で定められています」


って、敢えて大きい字にしてしまいましたが...


そんなこと書いても屁のツッパリにもならないっていうこと、作っている人が一番自覚してるんでしょう。でも小さい字でも諸般の事情で書いておかざるを得ない。


物理的に無理なのをギリギリになるまで引っ張っているのが丸わかりな話ですし。

もともと、大半のテレビ局は別にやりたくてやっている話でもないですし。

約4年半後に、本当にアナログが停波したら、ただでさえ人々の視聴行動が変化しているさなかに、少なくとも2割のテレビが見られなくなる、という状況をネタに、広告料を叩かれる格好の口実になるのは間違いないですしね。



何だか無理矢理さのみが伝わる1行。


せめてこの場で突っ込んでおいて差し上げましょう。


「そないに必死こくなよ。」



[幼児焼死]ほんまになんにも考えてへんのか?

ようやく冬らしい天候の年末です。ただそうなると、火災がよく起こるのが心配ですね。しかし、この場合は「事件」と言った方が良さそうです。


2人暮らしの母スノボ、アパート火事で2歳男児死亡(讀賣新聞)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
30日午後10時20分ごろ、埼玉県和光市白子、アパート「ホープハイツB」2階の藤原このみさん(24)方から出火、藤原さんの部屋約30平方メートルを全焼し、焼け跡から藤原さんの長男猛成(たけあき)ちゃん(2)の遺体が見つかった。

 朝霞署によると、藤原さんは猛成ちゃんと2人暮らし。藤原さんは30日午前5時半ごろから、友人とスノーボードをするため出かけており、出火当時、部屋には猛成ちゃんだけが残されていたという。

(引用終わり)


火事がどうこう言うよりも、未明から夜まで2歳の子をほったらかしでスノボ、と言う時点で、保護責任者遺棄ではないでしょうか...泣こうが死のうがどーでもいいということなんでしょ、これって。

寝てる間に母親に捨てて行かれて、独りぼっちでまる一日、どうやって過ごしていたもんだか。



昼過ぎにこのニュースを見かけたんですが、考えれば考えるほど、理解不能である、という結論になってしまいます。最近の馬鹿親ニュースにはだいぶ慣れてきたはずの私でも、さすがに目が点です。


[サダム・フセイン]死刑執行に残る闇

ノロウィルスのせいで、ニュースに乗り遅れています。しかしこれにはさすがに触れないわけには。


フセイン元大統領の死刑執行・「人道への罪」(NIKKEI NET)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
イラク政府は30日、イスラム教シーア派住民を虐殺した「人道への罪」で死刑が確定していたフセイン元大統領(69)の絞首刑を執行した。判決確定からわずか4日だった。20年以上にわたりイラクを恐怖で支配してきた独裁者は、自国民から犯罪者として裁かれて生涯を終えた。

 イラクのマリキ首相は求心力を回復するために、旧政権を支えたイスラム教スンニ派への元大統領の影響力を排除しようと死刑執行を急いだとみられる。ただ、スンニ派武装勢力の反発で治安がさらに悪化する恐れもある。裁判の公正さに対して、欧州各国や国際人権団体からの批判も広がりそうだ。(以下略)

(引用終わり)

執行時の様子も、次のように伝えられています。

「元大統領、死刑執行に抵抗せず」イラク国家安全保障担当顧問(NIKKEI NET)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
(略)「元大統領は、イラク時間午前5時半(日本時間午前11時半)ごろ米軍からイラク側に引き渡された。米軍関係者は引き上げ、処刑には立ち会わなかった。元大統領は手錠をかけられた状態で処刑用の部屋に入れられた。手にはコーランを持っていた」

 「判事、医師、司法次官、内務次官、首相顧問らが同席、判事が罪状を読み上げた後、元大統領との間で二言、三言のやり取りがあった。元大統領は抵抗しなかったが完全に壊れていた」

 「絞首されるため上の階に上がるとき、頭に黒布をかぶることを拒否した。私(ルバイエ氏)に向かって、『こわがることはない』と言ったが、自分に言い聞かせるようだった」

 「元大統領は死刑執行後、まもなく死亡した。午前6時ごろだった。遺体の周囲を一部の立会人が踊ったのは事実。親族らを殺された人たちにとっては自然な反応だった」

(引用終わり)


処刑そのものは、粛々と行われたようです。本人もさして抵抗しなかった、ということか、既に観念したということなのか、それとも長い拘留により気力を失ってしまったのか。

死刑確定から速やかに身柄引き渡し、執行と進んだのは、もちろん米国側とイラク現政権との段取りがあったわけですが、シーア派主導の現政権としては、一刻も早く過去の抑圧の象徴を自分たちの手で滅ぼしたかったという思いもあったはずです。


この件を受けて、一口に「テロが」と言い出すマスコミ的手法には感心しません。イラク−米国の関係だけでこの件を考えるととんでもない誤りとなりますし、我々日本人にはちょっと考えが及ばないところまでこの地域の歴史は様々な綾を織りなしていますのでね。

宗派対立、民族対立が絡み合ったイラクという国には、少なくとも一定の時期は、強力な指導体制も必要だったのかも知れませんが、それも今の時代になってはちょっと期待できないでしょうね。

様々な闇の部分を残して、数々の火種を残して、時代は進んでいきます。彼らが自ら解決できる日は来るのでしょうか。


http://blog.livedoor.jp/luckymentai/archives/50824072.html

[湖と花と]Rocky Mountain Nat'l Park (その3)

このコーナーも忘れたわけじゃないんだよ、ということで、年内にもう1回。できれば来年の夏までにはDALLASに帰ってきたいところであります。

Ysk42vzh Rocky Mountainを行くのであれば、少なくとも1日はどこかを歩かなければ意味がないと思います。私が歩いたのは、公園東側のトレイルとして非常にポピュラーな道、Bear Lakeとその周辺です。駐車場がそれほど大きくなく、夏場には奥の方まで車で入っていくことができませんが、トレイルヘッドへはシャトルバス(向こうでよくあるスクールバスだ)が結構頻繁に出ていますので、気軽に利用できます。
Kkpp170v 正直言って、このあたりの写真はどれがどこを撮ったものが、正確なところを記憶していないので、他の旅行者の方のサイトを参考にしながら思い出しているというのが実態なんですが...

トレイルヘッドが既に2888mという地点ですから、結構歩くのも空気が薄い気がします。Nymph Lake、Dream Lakeと、いかにも天上のトレイル、という感じの小さな湖を通り抜けていきます。
6br3jt9k 時間が余りなくても、少なくともDream Lakeまでは歩きましょう。8月でも、残雪と輝く雪解け水、そしてそこここに鮮やかな花を見ることができます。私が歩いたときは、ちょうど好天に恵まれたこともあり、美しさは際立っていました。

それほど上り坂を行っているようには思わないのですが、結構息が切れます。しかし、立ち止まって見る素晴らしい山の姿に、疲れを忘れます。
N2udts2y 多分←の写真がEmerald Lakeだと思うのですが、もう一つ自信がありません。しかし、だんだんと歩を進めていくほどに、俗界を少しずつ離れた光景が広がります。

水面には、次の写真のような花(ネムロコウホネに近いよう)が麗しく咲き、トレイル沿いには、細いラン科の花(ムカゴソウみたいなもの)もそれなりに存在感を持って見えるのが不思議なところです。
Gvzzdxdj 一番下の写真は、3000mあたりのかなりしんどい場所の岩陰に咲いていた、Colorado Columbine。コロラド州の花にも指定されているこの花は、写真が下手でわかりにくいですが、実際にはもっと鮮やかな青紫色で、美しい乙女の立ち姿、という雰囲気が大変に印象的です。
Mc8seftp キンポウゲ科の、いわゆる「おだまき」なのですが、たとえばミヤマオダマキのような同系色の花と比べて、花弁が大きく開き、ぱあっとした美しさが特徴です。どっちが良いとは別に言うつもりはありませんが。

この花には、もう少し後、ユタ州でまた出会うことになりますが、それはそれでまたとても印象に残るものでした。またそこまで行き着いたときにご紹介したいと思います。


まだここを歩いたときの印象的な写真がいくつかあります。年明けに、またこの続きをまったりと。

半分復活

あー、しんどかった。


ようやく、半分ほど復活しました。

まだどうも、体に力があんまり入らない状態ではありますが、多分、普通に新年を迎えることはできそうです。

カレンダーを貼り替えました。

私の部屋には、せっかくもらったのでプジョーのカレンダーを。

Qvwfxl5e


表紙は、908RCというどえらいやつです。700馬力ですぜ。


2006年12月30日 (土)

ノロに、やられたぁ...

昨日、一つエントリを打ってから、さあ年賀状を一気に仕上げて、と思ったところでなんだか体に違和感が。


それで無理せずに、と床について1時間後から、いかにもノロウィルスという感じの、例の症状が一気に噴出。



こんなにしんどいとは思わんかっただ...



今日も、もう寝ます。
年賀状は多分年明け発送になることでしょう。


もう罹った方もおいでかと思いますが、皆さま、くれぐれもご自愛下さい。


2006年12月29日 (金)

[S.ソーサ]5千万でもいらん

最初5千万ドルって吹っかけてきたのかと思いました。本人も相当切羽詰まっている状態なのでしょうか。


横浜がソーサを門前払いしていた(スポーツ報知)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
横浜が、米大リーグ通算588本塁打の強打者、サミー・ソーサ外野手(38)の関係者から、獲得するよう打診されていたことが分かった。27日、横浜市内の球団事務所で亀井国際編成部長は「(年俸)5000万円でどうかと(今シーズン中に)言ってきた」と格安な売り込みがあったことを認めた。

 カブス時代の98、99、01年といずれもシーズン60本塁打以上を達成し、母国・ドミニカ共和国では国民的英雄だったソーサだが、かつての輝きはない。05年、オリオールズへ移籍した際には年俸20億円で契約したが、打率2割2分1厘で、わずか14本塁打。FAだった今季は、ナショナルズからの年俸6000万円を拒否して“浪人”していた。

 かつてのスーパースターに対し、横浜は「アメリカでやれない選手が日本でやれるはずがない。2か月で帰るよ」と球団幹部。門前払いしていた。村田や吉村ら若手長距離砲が成長してきたこともあり、「横浜・ソーサ」は幻に終わった。

(引用終わり)


ソーサとマグワイアのちょと怪しげなホームラン合戦、っていうのをご記憶の方はどれほどいらっしゃるでしょうか。あの頃から5、6年しか経っていないのですが、この衰え具合にはやはり何かある、という気がしますね。

かつては元MLBのスター選手ということであれば、数億円の年俸でも「とにかく呼ぶ」という時代があったものですが、名前だけで働かない選手(特に守れない選手)は来ても営業上の貢献度もほとんどなく、「呼ぶだけムダ」だということに、日本の球団もようやく目覚めたようです。見る側も、1軍で働ける見込みの薄い「元ビッグネーム」は不要、という気持ちになるでしょうしね。


それにしても、MLBの選手の給与は上がり下がりが極端ですね。一時は20億円の年俸を受けていた人ですがら。40分の1でも、ということで日本の球団にオファーをかけていたわけです。横浜だけではなく、阪神などにも売り込みをかけていたようですから、結構本気なんでしょう。


かなりお得はお得ですから、ちょっと来てもらう、という営業判断もないこともないような気はしますがね。



[山口母子殺害事件]差し戻し審と弁護人の動き

今日、急にこの事件関連のアクセスが200件近くついたので何かあったと思っていたら、こういうことだったんですね。


[山口母子殺害]来年5月24日に差し戻し審初公判(毎日新聞)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
山口県光市であった母子殺害事件で、殺人罪などに問われた元少年(25)=当時18歳=の差し戻し審初公判が、広島高裁で来年5月24日に開かれることが分かった。第2〜4回公判は、6月26日から3日間の集中審理となる。1審・山口地裁、2審・広島高裁の判決は、死刑求刑に対し、更生の可能性などを考慮して無期懲役だった。しかし、最高裁は今年6月、高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。(以下略)
(引用終わり)

事件が事件ですし、記録も膨大なものがあるでしょうし、差し戻し審のスタートにそれ相当の時間がかかるというのは理解できますが、それにしても、随分先になりましたね。


さて、差し戻し審も、安田弁護士が弁護人として対応されているのではないかと思いますが、既にいろいろと手を打ち出しているようです。


山口・光市の母子殺害、弁護団が元会社員を独自鑑定へ(YOMIURI ONLINE)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、最高裁が今年6月に2審の無期懲役判決を破棄し、審理を差し戻した元会社員(25)(犯行時18歳)の弁護団が、元会社員の精神鑑定と情状鑑定を独自に実施することが、わかった。

 被害者の死因についても専門家に鑑定を依頼する予定で、三つの鑑定書を公判で証拠請求する。(以下略)

(引用終わり)


ここへきて精神鑑定ですか。しかし公判で請求するわけではなくて独自に実施して証拠請求ですか。

勝算のない引き延ばし対策としか見えませんが。

戦術としてあり得ることはやる、というのは確かにそうでしょうが、ちょっと露骨に過ぎないでしょうかね。

また公判が始まれば、追いかけたいと思います。



2006年12月28日 (木)

[前途多難?]今里筋線に乗ってみた

Mvm0hzwp 少々遅ればせながら、先日開業したばかりの地下鉄今里筋線にちょっと乗ってみることにしました。まあそのように思い立たないと近場なのに乗る機会がなさそうな路線だということもあり、また市内中心部を通らないこの路線が、開業直後の状況でどの程度「乗られている」のかも、ちょっと見てみたかったということもあります。

ひと駅だけ、というのもなんなので、太子橋今市から蒲生四丁目までを行くことにしました。内環状線と1号線の交点にある駅も今里筋線開業に合わせて地下部分の拡張が行われました。もともと谷町線の駅は交差点からやや西にありましたが、こちらの駅はちょうど交差点の下へ降りていく格好の場所にあります。

Gvfvvptj 真新しいディスプレイ表示は他の路線にはなかったもので大変見やすいです。オレンジ色も目に入りやすくていい感じですね。

しかし気になるのは通路を行く人のまばらさ。夕方の一応ラッシュ時、長堀鶴見緑地線なら平日の同じ時間帯、座席を確保するのはまず無理な程度の混み具合になっているはずなのですが...

それにどうも通路関係がかなり狭く作られているような気がして仕方がなかったのですが、これももともと乗客数がそれほどではなく、また極端に多数の乗降客が出るような周辺環境でもないということでしょうか。蒲生四丁目の通路、階段もかなり小型版だったように思います。

Nfztigxv プラットフォームには、列車の到着に合わせて開閉する安全ゲートが、これも大阪の地下鉄では初めて設置されました。これ自体は確かに乗客の安全のために好ましいことだと思いますし、他の路線でも設置の検討をお願いしたいところでもありますが、逆にこれも、「設置できるスペース的余裕がたっぷりある」などといった穿った味方をされたりしないかな、と老婆心ながら思ってしまう次第です。夕方5分毎という運転間隔もちょっと多すぎないかな、という気もします(なんかネガティブな書き方ばかりのような気がしてきた。しかし乗ってみて素直にそう思ってしまう状況なのだ)。
Zgbmb4si 列車は長堀鶴見緑地線と同様、小型のリニアモータ型、パッと見は7000系の色違いのように感じますが、中はやはりそれ相当の年数分の改良がなされている様子です。乗り心地のスムーズさは素晴らしく、走行ノイズや振動のストレスが極めて少ないのは魅力です。

しかし、乗客は1両当たり10名そこそこ。余裕で座れるのは客としてはありがたいのですが、早朝、深夜でも休日の昼間でもない、これは平日の夕方ラッシュの終わりかけぐらいの時間帯。開業当初とはいえこの程度の乗客数では、先が思いやられるのもまた事実です。

予想以上に多難なスタートを感じさせる今里筋線。これは近いうちに、本当に交通局のお荷物になりかねません。心配です。