« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

[ソフトバンクモバイル]公取委も放ってはおけませんよね

こちらの続きですが、ちょっと真面目な話になってきました(今までは不真面目やったんか)。

私の直感的見解。

「これが不問で通るんやったら有利誤認て何やねん。」


公取委がソフトバンク調査 景表法違反か(東京新聞)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
公正取引委員会が、ソフトバンクモバイルの携帯電話の広告内容が景品表示法などに違反している疑いがあるとして、調査を始めたことが31日、分かった。公取委は30日、ソフトバンクモバイルの担当者を呼んで説明を受けた。

 ソフトバンクモバイルが顧客同士の通信料金を「通話0円、メール0円」と強調しているのが景品表示法の「有利誤認」に当たる可能性があると、KDDI(au)とNTTドコモが指摘。KDDIが公取委に相談を持ち掛けていた。ドコモとKDDIは、午後9時から翌日午前零時台までの無料通話時間に制限があることなど条件の表示が小さく、顧客に誤解を与える恐れがあると主張している。

 また「通話0円、メール0円」を利用する際に新たに契約が必要となり、この契約に基づく基本使用料について「定価9600円」を2880円へと大幅に割り引くとしている点に対し「そもそも定価の意味が不明」などと指摘、「不当表示」に当たるとしていた。(以下略)

(引用終わり)


公取委は8月に、みずほ銀行の住宅ローン金利に関する有利誤認の警告事件(pdf)で、大きな金利表示から離れたところにごく小さな文字で、その金利が適用されない事がある旨表示されている場合に、一般消費者に対する誤認の恐れを指摘しています。

本件では、全面広告上の「0円」の巨大な表示の枠外に、よほどの物好きでなければ目に入らないような小さい字で例外に関する記述等がチョロチョロと書かれています。テレビCMでは、少なくともうちの21型では判読不能の文字での表示でした。

このような表示方法は、明らかに一般消費者に誤認を招く可能性が高いということで、公取委としても当然調査に入る内容でしょう。「0円」の場合の基本料金を「9600円」という常識外れの定価から7割引する、などというのも、露骨な二重価格表示としか考えられません(キャンペーンが終わったら元の値段に戻すんか?ということですね)。

内容が内容ですから、公取委も審査部が事件としてきちんとした調査に着手しているものと思われます。公表されないような結論にはならないと考えられます。このあたりは、「予想外」はナシでしょう。


[速報:六カ国協議]これでバカ騒ぎするマスコミは底が知れてますよ

さすがに金が尽きてきたんでしょうね。


6カ国協議近く再開、米中朝が合意・中国外務省発表(NIKKEI NET)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
中国外務省は31日、米国、中国、北朝鮮の3カ国が北朝鮮の核問題に関する6カ国協議を近く開くことで合意したと発表した。日程は「6カ国の都合の良い時期」としている。同協議は米国の北朝鮮への金融制裁に北朝鮮が反発して昨年11月以来、途絶えており、実現すれば、北朝鮮による核実験をはさんでほぼ1年ぶりとなる。

 外務省の発表は「中国の提案に基づいて、米中朝の6カ国協議首席代表が北京で非公式会合を開いた。3カ国は6カ国協議のプロセスを推進することに関して率直で突っ込んだ意見交換をし、近く6カ国が都合の良い時期に同協議を開催することで一致した」との内容。 (以下略)

(引用終わり)


やるつもりですよ、ということで終わってるわけですから、このことで何かが進展したと言うことでは断じてありません。所詮、苦しいときのいつもの手口ですから、なま暖かく注目しておくぐらいでちょうどよろしい。大騒ぎするのは誰かさんの思う壺。

さすがに古館氏でも疑問に思うことでしょう。

まず、いつ、どこで、どんな形で、ということすら決まっていないわけですから、具体的な駆け引きはこれからです。何らかの制裁の後退を決めさせて協議の直前にボイコット、という手も彼らのやり方では極めて可能性の高い話です。

その中で、「金の切れ目」をどうやってつなぐか、ということしか、あの国のあの人たちは考えていないはずです。恐らく現時点で、中国様からは何らかの施しが出ていると見るのが自然でしょう。中国は、まだ将軍様の首に鈴をつけるだけの見通しができていないのだと思われます。押したり引いたりで何とかなだめていくしかない。

ヒル次官補の憔悴した表情は、話の中身のうっとうしさを推測させるに十分なものとみられます。米国にとっては今すぐ何をしなければならないということではないでしょう。中間選挙に六カ国協議が影響すると言う向きもありますが、選挙民がそれを重要な投票行動の要素と考えているとは到底思えません。


日本は、ゆっくり北朝鮮崩壊後シミュレーションでもしておけばいいのでは。「何かできる」と思っている人もいないでしょうけどね、一部のご陽気な方を除いては。

2006年10月30日 (月)

[ソフトバンクモバイル]またも安物買いの予想外

制度開始前日に、社長が従業員にも系列販売店にも説明していないなんてほざいているんですから、まともなサービスができるわけないでしょうに。


ソフトバンク、番号ポータビリティー受付再開(Sankei Web)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
携帯電話の「番号ポータビリティー」(番号継続制度)に伴う契約変更の申し込みが殺到し、29日まで2日連続で受け付け業務を停止したソフトバンクモバイルは30日午前、NTTドコモ、KDDI(au)との間で今後の契約業務の運営方法を協議し、同日午前から通常通り再開することで合意した。ソフトバンク側から「システムの負荷軽減の措置をした」との報告があり、再開を決定した。(中略)

 ドコモなどは「週末の3連休で再びシステム障害が起きることを懸念している」と指摘。ソフトバンクのシステム処理状況などを注視している。

 ソフトバンクの相次ぐシステム障害に対し、ドコモなどは29日に原因究明と抜本的な対策に関する説明などを求める抗議文を連名でソフトバンク側に送付したが、新たに正式回答を求める考えも示している。総務省も29日、ソフトバンクモバイルが2日連続で受け付け業務を停止したことについて原因究明を指示した。(以下略)

(引用終わり)

ナンバーポータビリティも、「番号継続制度」とか「番号持ち運び制度」とか、わざわざ言い換えなくてもと思うような話になっていますが、

ホントにこの会社(グループ)、懲りてないですね。それを一時でも持ち上げようとしていたマスコミもですが。

いつぞやのYAHOO!BBのときの無茶苦茶な事態(私は別に関わりはありませんでしたが)、皆さんご記憶ではないのでしょうか。それとも今度は違うとでも思ってたんでしょうか。

トップがあのままですから、やることが劇的に変わるなんてことはあり得ないんです。勝手な言い方をさせてもらえば、お金の動きと同じスピードで人も物もシステムも動いてくれると思いこんでるんでしょう。これで「競争が高まった」などと言い立てるなど改めて開いた口が塞がりません。

客が殺到して、というよりも、現場の接客が全然ついていけていないのが合わさってこういう事態になっているのではないでしょうか。システムを増強しても窓口が何十人待ちなんていうザマでは、もはやサービスとは言えません。こんな所で仕事している人達にはお気の毒様ですが、事業者として参加する資格がそもそもないとしか言いようがありません。


こんなところにわざわざ殺到しに行く方々も、過去に学んでいないのでは?と思うんですけどね。せめて、契約するまでに、細かい字で書いてある部分を隅から隅まで説明してもらった方がよろしいのでは、と思われます。

ちなみに私、アステル終了に伴うauユーザーですが、キャリアをわざわざ変えるほどのことはないな、と静観しております。


(追記)
結局、ソフトバンクからの契約流出の量が最大の「予想外」で、システムがその手続きを捌き切れていない、というのがドコモ、auの両方から文書で公表されています。ソフトバンク顧客内部での契約切り替え希望もかなりあるとか。

それなら、ユーザーもそれなりに真っ当な行動をしているんだな、とは思います。

[日本ブログ協会]会員宛に何か来たぞ

もはやこの団体をねちねちといじっているのは私ぐらいではないかと思ったりもする日本ブログ協会でありますが、


ついに、日本ブログ協会事務局からメールが!!

(って、メール一つで何を太字にまでしとんねん)


つ、ついに眠れる協会が動き出すのか???


(メール本文引用)
各位

 日本ブログ協会事務局でございます。 
 皆様には、ご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 
 日本ブログ協会の事務局をしております財団法人マルチメディア振興センターで、
 研究発表会が開催されます。
 日本ブログ協会の会員の皆様もご参加頂けます。
 是非ご参加をいただきますよう、ご案内申し上げます。(以下略)

(引用終わり)

イベント告知やった。しかもブログ協会主催ではなくて...
まだ日本ブログ協会独自の何物も見られないままであります。

ちなみに、この研究発表会については、登録会員限定で送られており転送、転載はご遠慮下さいということですので、ここに載せるのは差し控えますが、

ご丁寧にも、docファイルを添付です。

うちのPC、MS-WORDはかなり昔に削除しているので、ワードパッドで表示されてきましたよ。

まあ、いいですけどね。


[クラッカー]修学旅行でも機内持ち込みは禁止です

ただでさえこういう団体と一緒に乗り合わせるのはあんまり気分のいいもんじゃないことが結構あるんですが、ここまで行くと、本格的に怒っておく必要ありでしょうね。

修学旅行生が機内にクラッカー、ゲートに2度引き返す(YOMIURI ONLINE)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
修学旅行中の札幌市の公立高校生6人が、関西空港発札幌行き全日空機に、航空法で「火薬類」として持ち込みを禁止されている「クラッカー」計6個をバッグに入れて搭乗し、うち2人が時間をおいて「持っている」と申告したため、同機が2度にわたり誘導路に向かう途中で出発を取りやめ、搭乗ゲートに引き返したことが分かった。乗客502人全員を降ろし、生徒の手荷物を再検査して2時間10分遅れで出発した。(中略)

全日空や同校によると、乗客の内訳は修学旅行の2年生360人、引率教諭と一般客ら計142人。機が出発のため、搭乗ゲートから誘導路に向け動き出して5分後、数十メートル進んだところで、クラッカーなどの持ち込み禁止物を知らせる機内放送を聞いた女子生徒が「持っている」と乗務員に告げた。このため搭乗ゲートに引き返し、クラッカーを回収。乗務員がほかに持ち込んだ生徒がいないかどうか確認したが申告はなく、約20分後に再出発した。

 ところがその直後、男子生徒が「実は僕も」と申告し、機は再びゲートまで数十メートル戻った。乗客全員を降ろし、空港内で生徒全員の手荷物を一つ一つ開けて再検査。さらに別の4人のバッグなどからクラッカーが計4個見つかり、回収して同5時10分に出発した。

 生徒たちは17日から岡山や京阪神などを旅行し、札幌に戻る途中だった。6人は「旅行中、先生の誕生日を祝おうと買ったが、使わないまま忘れてしまった」と説明。出発後、引率教諭が機長の許可を得て、機内放送で「迷惑をかけ、申し訳ありません」と一般客や乗員に謝罪した。

 この影響で全日空は、大阪(伊丹)空港着の予定だった折り返し便の行き先を関空に変更せざるを得なくなり、乗客515人に対し、伊丹までの交通費や宿泊費として計約180万円を支払った。「変更には当社のダイヤ事情もあった」として高校に請求する考えはないという。(以下略)



もう、いろんな所がアホかバカかと...

だいたいが、何も言われなかったら火薬系のものを機内持ち込みしても構わないと思っている(?)時点でしょうがないですが、空港のセキュリティでそのへんのは意外にスルーしてしまうんですね。
そんでゲートを出てからクラッカー申告とか(もうちょっと早く言うとけよ、か、わからんように置いとけよ、かは微妙ですが)、一旦ゲートに戻ったときにせめてちゃんと言うとかんかい、とか、再出発してからわざわざ言い出すとは何とお間抜けな、とか。ツッコミ所はたっぷりあります。

貸切の観光バスならまだこいつらだけの問題でどうにでもなりますが、こんな所に一般客として乗ってしまっていたら最悪もいいところでしょう。訳のわからん事情で2時間遅れにさせられた客にも、航空会社にも空港にも大迷惑です。

全日空も、原因者にきっちり請求すればいいのに。何があかんことなのか、この種の連中に少しでも認識させるいい機会だと思うんですが。

周辺情報では、札幌東高校の修学旅行生では?という説が出ているようですが(未確認)、多分次回から飛行機での修学旅行はしばらく御法度になるでしょうね。

[収穫あり?]ハーベストの丘

Bl2rspiw 今日はちょっと天気が心配だったのですが、朝には雲の間からお日さまものぞいてきました。というわけで、久しぶりに堺のハーベストの丘まで行ってきました。

今日は野外ステージで「よさこい」のイベントがあり、その他の団体客も入っていて、人も車もかなり多めでした。東西エリアをつなぐ吊り橋も揺れまくりです。

現在、園内の「村のエリア」ではコスモスがほぼ満開です。約50万本あるそうですが、もう少し見頃は続きそうです。
Wzuumj8u さてさて、ハーベストの丘は、子ども連れで来てまったり楽しむにはちょうど良いぬるさの設備、イベント、体験コーナーとかが散りばめられていて、今や「普通の遊園地」のほとんどが消滅している中、それらのニーズに向けて結構お客さんを吸収しているように見えます。

←こんな「シマリス園」もその典型で、エサのヒマワリの種を手のひらに置いて待っていると、シマリスが手乗り肩乗りしてくれるというのは結構楽しいもんです。ただ、シマリスはすぐに人の足下に寄ってくるので、うっかり踏んでしまわないように注意が必要です(実際、踏みつぶし事故によってここのシマリスは当初の半分ぐらいの数になってしまったらしい)。
30z47pf8 本日のメインの目的は、「イモ掘り」。「村のエリア」の奥の方にサツマイモ畑の区域があり、ウェブサイトには載っていませんがこの時期にイモ掘り体験のコーナーが設けられています(ポスターとかには載っている)。1人1株300円、先着50名という設定ですが、一応、整理券を配る時点までに並んだ人には全員当たるようです。イモ掘り道具は貸してくれますが、軍手は持参した方がいいでしょう。
7xrqcbss 当然ながら株には当たりはずれはありますので、中にはなんぼ掘ってもちゃんとした形のイモが出てこない、などというのもありますが、例えば今回のうちの場合でも4株中3株にはかなり大きいイモが埋まっていました。ちょっと写真では縮尺がわかりにくいのではないかと思いますが、←の右上のはうちの下の娘の顔よりもかなり大きかったですよ。
Mo3qkws8 イモ掘りが終われば、石窯パンの整理券を取って、芝そり滑りとかの結構人の並んでいる時間のかかるアトラクションに行って、それからいつも行っている「牛の乳搾り体験」というのに並びます。

こちらも限定50名で、牛の乳の搾り方を簡単に教えてもらう、というもの。搾られる牛はジャージー種の「マライヤ」であります(ここにはちゃんと「キャリー」もいますよ)。
Rizrds9u 乳搾りは、つかみ方さえわかれば意外と小さい子でもできるので、結構あのなま暖かいむにゅっとした感覚は誰でも楽しめます。

というわけで、朝から夕方まで、人が多くても家族で結構のんびり遊べるという、結構貴重な場所なのであります。近くの方には年間パスを持っている方も結構いらっしゃるようですね。


なお、ここのイモ掘りは11月5日までの土日祝日実施です。もう残りの株もわずかになっています。

現地へは泉北高速泉ヶ丘からバスも出ていますが、車で行く人の方が多いでしょう。駐車場が無料なのはありがたいところ。なお、JAF割引もありますが、会員証と割引優待券の両方が必要ですので、お忘れなきよう。

2006年10月29日 (日)

[ウオツカ]アナウンス的には

これもテレビを見ていて何とはなしに思ったことですが、

NHKのニュースで、ロシアでの密造酒造りが広がっていて摘発してもなかなか追いついていない、と言う話。この手の商品にお決まりの工業用アルコールが混ぜられていて、被害者も多数出ている、という、でもそれ以前にお前らみんな呑みすぎやないのか、という話でありますが、

NHK的には、「ウォッカ」ではなく、「ウオツカ」なんですね。

アナウンサーもちゃんとそう言っています。

まあ本来の発音に近いというのは間違いないでしょう。そういや英語でもvodkaの'd'はちゃんと発音します。

あんまりそういうニュースを読むのを見たことがなかったので、気づかなかっただけなんでしょうね。



(今日聴いていたCD)
BRAZILIAN RHAPSODY
バレンボイム(Pf)、パユ(Fl)、スナイダー(Vn)、クレイン(Ob)、コウムズ(Cl)、キャシンジャー(Bs)、バプティスタ(Perc)、ナシメント(Vo)
TELDEC:3984−21482−2 (1999年録音)

これもWaltyの特価コーナーで以前から確か1280円ぐらいで売っていたものですが、気になるものの4ケタではなあ、と思っていたら、いつの間にかワゴンに落ちて735円になっていました。いくつかあるバレンボイムのクロスオーヴァー系録音の一つで、ブラジルの名ヴォーカリスト、ミルトン・ナシメントがTravessia, Eu sei que vou te amar の2曲に登場するほか、エマニュエル・パユを含むクラシック系の名手がフィーチャーされています。
ディスク中には、ミヨーのピアノ曲やヴィラ・ロボスの編曲ものも含まれていますが、基本的にはボサノヴァ系大人のライトミュージック、といった風情。エレクトーン関係でよく聴く名曲、Tico Tico no huba に始まり、音楽的には崩れがなくとてもきれいに整えられており、その辺を物足りないと感じる人もいるかも知れません。しかし、逆に言うと演奏の質自体は非常に高いので、場所を選ばす聴ける良盤ということでは十分にお薦めできます。
ちなみに今日は車の中で聴いていましたが、邪魔にならずにそれ相当の爽快感と存在感を感じさせてくれるあたりは、この種のディスクの王道と言ってもいいのではないでしょうか。
O7glzfp5

[ポカリ]前から思っていたのですが

少し前から放映されている、綾瀬はるかのポカリスエット胸強調シリーズの「露天風呂編」

当初から気になっていたのですが、エントリするタイミングを逸していてうーん...と思っていたのが、


温泉の湯船にバスタオル巻いて入ったらあかんてなんぼ言うたらわかるんじゃーっ!!!


ってところだったんですが、

ふと「綾瀬はるか ポカリスエット バスタオル」でググってみたら、結構放映初期から同様のツッコミをかましている人が多いことを確認しました。

まだ世の中捨てたもんじゃないなあ、とほんの少し思った次第であります。以上。


[洞窟と草原]Wind Cave National Park

ほぼ週1ペースのつもりがいろいろあってなかなか進まないこのシリーズ、それでもいよいよRapid City泊も終わり、さらに南へと向かいます。しかし、サウスダコタを出る前にもう一つの国立公園、Wind Caveを攻めておかなければなりません。

Cyiw9cj1 ここは、場所的にはBlack Hillsの南のはずれに当たります。Rapid CityからはUS-16、Keystone方面でCuster State Parkに入り、ND-87をくねくねと南下していきます(この途中にも眺望のいいところが随所にある)。このエリアのメインはその名の通り洞窟なのですが、それ以外はずっと草原と森林が入り交じった環境で、←この看板がなければ、どこから国立公園かよくわからないような感じです。
O_edjjuk 舗装道路はエリアの西側を南北に通っているのみですが、そのエリアの所々にプレイリードッグの穴があり(以前にまとめて載せましたからもういいですよね)、その他いろいろな動物にも出会うことができます。私が通ったときには、プロングホーンが近くに遠くに何頭も行き来していました。
Wjxbx09q ↑の写真の、広い草原の丘の上でゆったり座っているプロングホーンの姿は、ちょっと小さくしていますが、時々眺めては、「ホント、いいなあ」と思うものであります。

洞窟は、公園エリアの南西部分にあります。人が通れると確認されているだけで8つの方向に、延長約120kmある、というのが1995年当時のガイドの表示だったのですが、今はさらに調査が進み、総延長200km近くが確認されているようです。
Visitor Centerからは、通常の観光客が入れるツアーが3コース、事前予約制のツアーが2コース出ています。時間があって普通に歩ける人なら、約1時間半コースの、Natural Entrance TourかFairgrounds Tourを歩くことになります。見どころが多いのは後者なので、タイミングさえ合えばこちらを行きたいところですね。
Nuexnrap ここは鍾乳洞という感じの洞窟ではありません(それならカールスバッドというもっと立派な場所があります。これもまたいずれ載せたいと思いますが)。それは洞窟が石灰石でできているのではなく、方解石が浸食されてできたものだからでして、そのかわり、世界でも珍しいボックスワークと呼ばれる構造が随所に見られます(オフィシャルガイドの写真が典型的なもの)。
89o2uolz 実際に歩いてみると、全体的な風景というのはあまり写真向きではないので、他人には結構説明しにくいものがあります。左のような
鱗状の構造や、ポップコーンと呼ばれる粒状の固まりなど、この種のものがお好きな方にはたまらないでしょうが、そうでもない方にはもう一つ感動が薄いかも知れません。そう言う向きには、地上のトレイルとセットされることをお勧めします。


ダコタの国立公園群を巡る数日がこれでようやく終わり、Hot SpringsからUS-385を南に取り、30分ほどでネブラスカ州に入ります。と言ってもすぐにUS-20を西に入り、1時間足らずでネブラスカは終わり。ワイオミングに再度入り、約1時間でDouglas、ここで1泊したあと、翌日はI-25を南下して130マイル、州都シャイアン(州都とは言え人口5万人台のこじんまりとした町だ)を抜けてものの15分も行けば、いよいよコロラドです。


(次回からはRocky Mountain Nat'l Parkをまったりと)


2006年10月28日 (土)

[World Series第5戦]カーディナルス勝利!

セントルイスが王手をかけての第5戦。こっちも今日で決まってしまうのでしょうか。

先発は予定どおりのウィーヴァーとヴァーランダー、田口は8番レフトで先発、ここで決められれば最高ですね。

試合は今日も、デトロイトがミスがらみで失点するパターン。2回の先取点もインジの悪送球、4回もヴァーランダーの悪送球で1点を失い、もう1点もショートゴロで与えなければならない結果になってしまいました(それにしても、田口は美味しいところで確実に仕事をしますね)。

一方、ウィーヴァーはケイシーの一発でいったんは逆転されたものの、再度リードしてからは自らもオルドニェスのラインドライブを好捕したり、プホールズの一二塁間のダイビングキャッチをきっちりアウトにしたりと、これは乗らざるを得ないような状況になってきます。1点差とは思えないほどの雰囲気の違い、逆に言うとここで突き放しておかないとヒョイと足下をすくわれかねない気もする展開。

流れを決定的にしたい7回にチャンスをもらいながらも、ロドニーの見事な荒れ球とチェンジアップに3番、4番がやられてどうだかなあ、と思ったところで、ローレンが何とかライト前に落としました。

この1点がとても大きかった。

2点差、ホームの大歓声、気合いの入っていく守備、これに対抗してデトロイトが逆転するのは極めて困難だったと言えるでしょう。

9回はウェインライトが、緊張感もあったでしょうが何とか締めて、カーディナルスがリングを勝ち取りました。

その時々に必要なプレイをきっちりできたカーディナルスと、ここに至るまでのあれほどの勢いを失い、ミスで自滅したタイガース、その違いが結果にははっきり出てしまいましたね。そこら辺は、日本でもMLBでも同じことなのでしょう。


さて、これからはNFLモードに入りましょうか。