« [廃業名店の思い出]久保(高松市番町) | メイン | [おじゃる丸]原案作者が飛び降り自殺 »

2006年9月10日 (日)

[松本智津夫被告人]最高裁決定が近い

あの控訴棄却決定から、もうそろそろ半年になるんですね。多少なりとも関心のある人は、いつ棄却決定が出るかと思っているはずですが。


<オウム事件>松本被告の特別抗告 最高裁、近く決定か(毎日新聞)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
東京高裁の控訴棄却決定を不服としたオウム真理教(アーレフに改称)の松本智津夫(麻原彰晃)被告(51)=1審死刑=の特別抗告に対する審理を続ける最高裁第3小法廷(堀篭(ほりごめ)幸男裁判長)が、近く決定を出すとの見方が強まっている。8年近い年月を費やして死刑とした東京地裁判決の是非自体は特別抗告審の対象外になるため、長期の審理は必要ないとされるからだ。特別抗告の棄却が決定すれば、死刑が確定。しかし、抗告が認められれば、控訴審での審理再開の可能性のほかに、訴訟能力がないとして公判停止なども考えられる。同小法廷の判断が注目される。
 東京高裁は今年3月、弁護側が控訴趣意書を提出しないことを理由に控訴棄却を決定。これに対する異議申し立ても5月に棄却され、弁護側は特別抗告した。既に3カ月以上経過したことから、一般の裁判官の間では「裁判を打ち切る最高裁の決定が出る時期が近いのでは」との見方が強い。
 弁護側は特別抗告審で(1)控訴趣意書の提出遅れが容認される「やむを得ない事情」があった(2)被告に訴訟能力はない(3)(趣意書の提出の遅れという)弁護活動の不備による不利益を被告に負わせることは許されない――と主張し、審理の対象も基本的にこの3点に限られる。
 (1)と(3)は「認められる余地はない」との声が強いが(2)の訴訟能力については法曹関係者や専門家の間でも議論が分かれる。判例は訴訟能力を「被告としての重要な利害を識別し、それに従って相当な防御をすることが出来る能力」と定義するが、判断基準は明確ではない。
 弁護団の依頼で被告に接見した6人の精神科医は「意思疎通は不可能」などと診断し、全員が被告の訴訟能力を否定した。一方、東京高裁の依頼で精神鑑定を行った医師は「被告はものを言う能力がないのではなく、言わないだけ」と診断し、訴訟能力を認定した。
 精神科医の意見が割れる中、裁判官はどう考えるのか。あるベテラン裁判官は「1審の経緯を見ると、松本被告は自分に不利な裁判から逃避するために自らコミュニケーションを拒んだ。訴訟無能力を認めようと考える裁判官は少ないのではないか」と指摘する。

(引用終わり)

ちょっと略しにくい文章だったので全文引用になってしまいましたが、まあ実質的には、松本被告人に訴訟能力が引き続きあるのかどうか、と言う問題に尽きるわけで、外野の多くの人間は、現場は見ていないけれど、きっと被告人は詐病を延々と続けているはずだ、と思ったりしているわけで、また事件が事件だけに、そう簡単に訴訟能力なしという判断はできないのではないか、という推測が働いていることでしょう。

世間的には法的判断とはちょっと離れたバイアスのかかるのは
やむを得ない気はしますが、被告人の実態は接見した人を含めてごくわずかな人にしかわからないわけでして、

そうかと思うと、上の記事とほぼ同じタイミングでこんな記事が配信されていたりします。



松本被告「おれは無実だ」、訴訟能力裏付けか(Yomiuri Online)

(元ニュースはこちら)

(記事引用)
1審で死刑判決を受けたオウム真理教の松本智津夫被告(51)が今年3月、東京高裁の控訴棄却決定を伝えられた時の状況が明らかになった。

 松本被告は姿勢を正して決定を聞き、数日後に「おれは無実だ」などと発言していた。弁護側は、松本被告には裁判で自分が置かれた状況を理解する「訴訟能力」がないと主張し、最高裁に特別抗告している。最高裁の審理は大詰めを迎えているが、今回判明した松本被告の言動は、被告が決定の意味を理解していることを示すとともに、訴訟能力を認めた高裁決定を裏付けるものといえそうだ。

 複数の関係者によると、今年3月27日、東京高裁が控訴を棄却した決定文が、松本被告が収監されている東京拘置所に届けられた。

 刑務官から、高裁の決定文が送達されて来たことを告げられた時、松本被告は独房に寝転がっていたが、起きあがって座り直し、背筋を伸ばしたという。

 刑務官が、「控訴を棄却する」という主文を読み上げると、松本被告はブツブツと独り言をつぶやいた。そして、数日後、松本被告は、「おれは無実だ。おれははめられた」などの言葉を口にしたという。松本被告が示した反応について、複数の関係者は、「決定文の意味を理解していることを裏付けるもの」と指摘する。(中略)

 松本被告は1審公判の途中から沈黙を続けているが、死刑判決を受けた2004年2月27日、拘置所に戻ってから「なぜなんだ、ちくしょう」と大声で叫んだとされる。控訴棄却決定では、こうした言動が、松本被告の訴訟能力を認める判断の有力な材料となった。

(引用終わり)

「複数の関係者」とボカされていますが、どのスジからリークされている記事かはそりゃわかりますね。まあこんな事があってもおかしくないよなあ、というイメージを与えるのには適切な内容だとは思われます。

これも、最終的な判断が近いことと当然関係があるわけでしょう。しかし、何だか中途半端なマスコミ向けサービスであるようにも思えてなりません。

死刑判決の確定と言っても、公判でナニがあるというイベントにはならないですから、マスコミ的にはあんまり面白いニュースにしにくいわけです。これだけのどでかい事件の首謀者の死刑が確定するかどうか、というのが、「へ?こんなんで終わり?」という拍子抜けムードになるのを(当事者にとっては全然関係ないことですが)何とかしたいということで、予告記事とか、なんでここで、というリーク記事とかが徒花を咲かせることになるのでしょう。

私も、死刑判決の確定は時間の問題だとは思っていますが、なんだかあざといよなあ、と思うのも一方の気持ちであります。


(9/15夜追記)
棄却決定が出ましたので、こちらにエントリを別立てしました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/15194390

[松本智津夫被告人]最高裁決定が近いを参照しているブログ:

» ≪オウム真理教・松本智津夫≫「おれは無実だ」、訴訟能力裏付けか (局の独り言。)
松本被告「おれは無実だ」、訴訟能力裏付けか
 1審で死刑判決を受けたオウム真理教の松本智津夫被告(51)が今年3月、東京高裁の控訴棄却決定を伝えられた時の状況が明らかになった。


 松本被告は姿勢を正して決定を聞き、数日後に「おれは無実だ」などと発言していた [続きを読む]

» 松本智津夫被告 訴訟能力維持か? (つらつら日暮らし)
松本被告「おれは無実だ」、訴訟能力裏付けか (読売新聞) - goo ニュース

どうにも、「訴訟能力がない」というのは、一種のポーズである可能性が出てきましたね。

1審で死刑判決を受けたオウム真理教(現:アーレフ)の松本智津夫被告(51)が今年3月、東京高裁の控訴棄却決定を伝えられた時の状況が明らかになりました。

松本被告は姿勢を正して決定を聞き、その数日後に「おれは無実だ」などと発言していたそうであります。これまでの弁護側は、松本被告には裁判で自分が置かれた状況を理解する「訴訟能力」がないと主張し、最高裁に特別抗告していますが、であれば何故このような発言を出来たのか?

現在、最高裁の審理は大詰めを迎えていますが、今回判明した松本被告の言動は、被告が決定の意味を理解していることを示すとともに、訴訟能力を認めた高裁決定を裏付けるものと言えそうです。

まぁ、松本被告の成長期に取っていた言動を見る限り、ここまで自分に不利な現実は、受け入れられない可能性が高く、結局現実否定の幻想に安住して、それに固執した発言を繰り返すのでしょう。

このまま、混乱したまま死刑確定ということになりそうです。松本被告の狂気に付き合う形になった弟子達はともかくも、被害者にとってみれば、どれだけ自分勝手なものでも、詳細な説明が欲しかったところでしょう。もし、彼が宗教者を自任したのであれば、そのような「心の遍歴」については、誰よりも詳しく述べられなくてはならないはずなのです。それは、期待できなさそうですけれども・・・

この記事を評価して下さった方は、を1日1回以上押していただければ幸いです。 [続きを読む]

» 麻原被告 死刑確定か審理再開か (星空を眺めて)
麻原の裁判はどうなることやら・・・なんて思ってしまうことが起きている。  オウム [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。