« [MIYOCO]騒音おばさん事件の判決にちょっと思うこと | メイン | [世界卓球2006]照英くん... »

2006年4月23日 (日)

[野球女子の部]やっぱりまだちょっと無理なんじゃないの?

昨日今日と、開設以来最多のPVアクセス数を記録しております。
今日は7年ぶりぐらいのゴルフ帰りで、かなりバテバテですので、GW前の1週間に備えて、軽めに参りたいと思います。

中京女大戦また人数不足 愛知大学野球連盟が中止(共同通信)

(記事引用)
 愛知大学野球連盟は23日、今季から5部リーグにオープン参加している中京女大が29、30日に予定されていた愛知淑徳大戦を人数不足により辞退すると発表した。
 中京女大はデビュー戦となった8、9日の愛知淑徳大戦に0−30、0−18で敗戦後、15、16日の試合を人数不足で辞退。今季は5月6、7日の名古屋市大戦が残っている。

(引用終わり)

そもそもが最下部リーグへのオープン参加ということですので、話題づくりなのか、本気で戦えると踏んでいたのかはよくわかりませんが、この状況を見ますと、やはり現時点で参入するのは無理だった、というべきでしょう。

いまやかなり立場が低くなっているとは言え、学生野球の歴史とそのすそ野の状況を考えてみて下さい。
何だかんだ言っても、現状に至るまでにはそれだけの「男子の」野球の素地があるわけです。

確かに、今のところ女子の硬式野球部がほとんどないことから、試合をそれなりの数こなすには、男子リーグに顔を出すしかないと言う事情もあるのでしょうが、そのスタートラインに立つためにはどの程度のものが必要なのか、それなりには認識して準備しておかないと、他のチームや競技団体にも迷惑がかかります。こういう言い方をすると反撃してくる人もいるかも知れませんが、それができないからには、いったん仕切り直しすることもやむを得ないでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/15191362

[野球女子の部]やっぱりまだちょっと無理なんじゃないの?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。