« [親知らずPartII]何年ぶりやこの体重 | メイン | [ドンキ]グッチのおとり »

2006年3月 4日 (土)

[リクエストお願い]もう一度「新々英文解釈研究」

タイトルを見て、「知ってる!」とおっしゃる方は結構年長の方か、かなりの英語好きの方でしょう。

「新々英文解釈研究」山崎 貞著 研究社出版

高校時代、英作文のW先生からお薦めいただいていた本で、買って頭から攻めていきました。

非常に格調高い名文揃い、なのはわかったのですが、

とても難しうございました。

結局、半分も消化できなかったように思います。


何しろ、オリジナルの「英文解釈研究」は大正元年初版!! 旧制高校受験生向けの英文解釈参考書として出版された本で、戦前から昭和の終わりまで、数多くの受験生に読み継がれた本なわけです。

しかし、この本、どうやら絶版になって久しいようです。

確かに、今となっては文例に古めかしさがあるという指摘もあるでしょうし、現在の大学入試のレヴェルからみて難しすぎるので売れない、ということもあるのでしょう。

しかし、この本の記憶をたどると、W先生が何度もおっしゃっていた、

「英語は、知識人のマナーです

という言葉が甦ってきます。
どうも脊髄反射的な英会話表現、経済行為における実用性が妙に偏重されている感のある今日この頃です。でも、言葉は思想を映していることを認識し、そしてじっくりと文章を咀嚼し、解釈することが、今もとても重要なのではないでしょうか。

「知識人」なんて文句がもはや死語なのかも知れませんが、ちょっとは英語に触れる仕事をして、この本に戻ってくると、読み応えが出てくるのではないか、と思いつつ...

うちをひっくり返して探したんですが、出てこないんです。
ユーズドの世界では、相当な高値がついているようですし。


そこでお願いです。
この、英語界の古の名著に、わずかなりとも興味がおありの方、

復刊ドットコムのこのページに、リクエストのご協力をお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349247/15190406

[リクエストお願い]もう一度「新々英文解釈研究」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。